アイスブレーカーの味わいと日本酒の疑問

2017.07.28


お取り寄せしたアイスブレーカーを夕飯の時に飲んでみた。



冷やして飲むアイスブレーカー

アイスブレーカーは、冷やして飲む日本酒。



やはり思った通りしっかりとした味わいがある日本酒だった。
甘味が強く、旨みも濃い。
日本酒では嫌われる酸味も有る。
味わい=所謂ワインで言うボディ。
ボディが力強い日本酒。
美味しい。



吟醸香と言われるフルーツの様な香りが良い感じ。
お米から作られたお酒だという事を知らない人は、フルーツから作られたお酒だと思う事でしょう。
爽やかな良い香り。



良い香りと良い味が有ってからこそ良いお酒だと思う。
そう思うのだが・・・。



何故か良いと言われる日本酒は、力強い味わいを嫌う傾向にある。
上善如水と言うように、水の様に飲み飽きしないお酒が良いお酒とされている。
うおぬま屋は、それが理解出来ない。
辛口の日本酒を飲むと、ガリガリに痩せて骨と皮しかない馬を連想してしまう。
香りは良いが、味わいは繊細。
蒸留酒の様な日本酒を目指しているのだろうか?
それならば蒸留酒を飲めば良いだろうに。

どうも良く分からず、長年その事で悩んでいた。



やはりイギリス人杜氏のフィリップハーパー氏も同じ思いを持たれていたようだ。
それを骨太ボディのアイスブレーカーの味わいが教えてくれる。



ただ、ワインなどと比べると、味わいが取り澄ましているというか、人の意図が感じられ、奥深さが足りない気もする。

それは吟醸の造りだからだろうか。



そうなると吟醸の造りとは全く逆の発想から作られたタイムマシーンの味わいが、増々気になって来る。
どうなんだろう?



ただ、下戸のうおぬま屋は、アイスブレーカーを飲み終わるのに時間がかかる。
これ一本あると、下手をすると一ヶ月位楽しめる。
それまでタイムマシーンはお預け。

まあ、楽しみは先延ばし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3044

コメントする

         

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年7月28日 17:05に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バルサミコマヨネーズ」です。

次のブログ記事は「祝川口祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。