2017年7月アーカイブ

2017.07.31


久しぶりに回転寿司を食べた。



回転寿司

滅多に外食をしないので、比較検討をした訳では無いが、このお店が一番良さそうだと思っている。



鯛の握り

鯛の寿司。
以前回転寿司では、テラピアを泉鯛と称し、鯛として販売していたが、最近はちゃんと本物を使っているようだ。
それで一皿100円!
ビックリ・・・。



ただ、酢飯にアミノ酸を効かせるのは、どうかと思う。
普通のお寿司屋さんでも昆布を入れて炊いたりするが、回転寿司の酢飯はその比ではない。
どうもお醤油にも細工がしてあるようだ。
嫌味を感じる程ではないにせよ(いや、そうでもないか)、この味の濃さ、何とかならないものだろうか。



パクチーを乗せた海老のお寿司

パクチーを乗せた海老のお寿司。
エスニックなタレが掛けられていて、結構美味しかった。
が、これは既にお寿司では無いかも。



その他に、焼肉や角煮が乗ったお寿司もあった。

まあ、楽しめるから良いのかな・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.30


地物の新じゃがをいただいたので、朝食にそれでベイクドポテトを作った。



キタアカリのベイクドポテト

ベーコンと玉ねぎ入りのベイクドポテト。
朝食には少々ヘビーだが、美味しいので全然大丈夫。



ジャガイモの品種はキタアカリ。
キタアカリがベイクドポテトに向いている事を知る。
軟らかく、甘みが有り、風味が良い。
キタアカリは、ベイクドポテトに限るかもしれない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.29


今日は、地元川口地区のお祭り。



祝川口祭り

祝川口祭り。



屋台

人口4500人の小さな町。
なのでお祭りもこじんまり。



なんちゃって金魚すくいに興じる孫娘

なんちゃって金魚すくいに興じる孫娘。
まだ本物の金魚すくいは難しいのでおもちゃのお魚をすくっております。
結構お気に入りのご様子。



花火大会〆のワイドスターマインを撮影。



ワイドスターマイン序盤

ワイドスターマイン中盤



ワイドスターマイン終盤

最後はいつものように光の洪水。
一時間強の花火ですが、結構楽しめます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.28


お取り寄せしたアイスブレーカーを夕飯の時に飲んでみた。



冷やして飲むアイスブレーカー

アイスブレーカーは、冷やして飲む日本酒。



やはり思った通りしっかりとした味わいがある日本酒だった。
甘味が強く、旨みも濃い。
日本酒では嫌われる酸味も有る。
味わい=所謂ワインで言うボディ。
ボディが力強い日本酒。
美味しい。



吟醸香と言われるフルーツの様な香りが良い感じ。
お米から作られたお酒だという事を知らない人は、フルーツから作られたお酒だと思う事でしょう。
爽やかな良い香り。



良い香りと良い味が有ってからこそ良いお酒だと思う。
そう思うのだが・・・。



何故か良いと言われる日本酒は、力強い味わいを嫌う傾向にある。
上善如水と言うように、水の様に飲み飽きしないお酒が良いお酒とされている。
うおぬま屋は、それが理解出来ない。
辛口の日本酒を飲むと、ガリガリに痩せて骨と皮しかない馬を連想してしまう。
香りは良いが、味わいは繊細。
蒸留酒の様な日本酒を目指しているのだろうか?
それならば蒸留酒を飲めば良いだろうに。

どうも良く分からず、長年その事で悩んでいた。



やはりイギリス人杜氏のフィリップハーパー氏も同じ思いを持たれていたようだ。
それを骨太ボディのアイスブレーカーの味わいが教えてくれる。



ただ、ワインなどと比べると、味わいが取り澄ましているというか、人の意図が感じられ、奥深さが足りない気もする。

それは吟醸の造りだからだろうか。



そうなると吟醸の造りとは全く逆の発想から作られたタイムマシーンの味わいが、増々気になって来る。
どうなんだろう?



ただ、下戸のうおぬま屋は、アイスブレーカーを飲み終わるのに時間がかかる。
これ一本あると、下手をすると一ヶ月位楽しめる。
それまでタイムマシーンはお預け。

まあ、楽しみは先延ばし。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.27


バルサミコ酢でマヨネーズを作ってみた。



バルサミコマヨネーズ

見た目はチョコクリーム。



バルサミコと言っても本物ではないのだが、これが中々美味しかった。
サッパリあっさりのマヨネーズも良いけれど、バルサミコマヨネーズのコクがあり香りが良いマヨネーズも良い感じ。



市販のマヨネーズにバルサミコを混ぜ込む手もあるが、市販のマヨネーズは何故かクセがあって、混ぜ込む材料の個性が半減してしまう。
原材料を見てみても、何か特別に添加してある訳でもなさそうなのだが・・・。
以前から不思議だとおもっている。



やっぱりマヨネーズは手作りに限るようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.26


予定通り前線は南下した。



魚沼は久しぶりに晴れ。
北の高気圧の支配下なので、暑い事は暑いが意外と爽やかな感もある。



梅雨明けはまだのようだ。
大気の不安定さは続くらしい。



南の太平洋上には台風が2個。
熱低も入れると3個も4個もあるようだ。
かなり異常な感じ。



ノウゼンカズラ

長期予報は、気温が高い傾向と言っていたが、この夏、魚沼は冷夏のような気がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.25


どうやらこの雨、魚沼は大雨にならずに済みそうだ。
明日、梅雨前線は太平洋側まで南下するらしい。



カナカナが鳴き始めた。
ヒグラシの鳴き声が大好きなので、とても嬉しい。
一年中で一番好きな時期が始まった。



先日、ラジオのパーソナリティーを務める作家さんが「恋は夏から始まる事が多い」と、さも新発見をしたかのように語っていて、ビックリした。
夏が恋の始まりの季節なのは、常識だろうに。
作家さんは、人間観察のプロだと思っていたので意外だった。



その作家さんに拠ると、
春、年度初めの4月に出会いが多く有り、それから3~4ヶ月経ったちょうど夏頃に恋に発展するから、夏に恋が始まる事が多い、
という趣旨だった。
が、いやいや、それも多少はあるだろうけれど、それは違うだろう。
「夏は開放的な気分になる」ともその作家さんは言っていたが、そっちの方がカギだと思う。



夏に開放的な気分になるのは、周知の事だと思うが、では、何故夏に開放的な気分になるのか?



それは人間の妊娠期間が約10ヶ月だからだと思う。
夏に妊娠すれば、赤ちゃんが生まれるのは、季節の良い春。
要するに、夏は人間の繁殖期なのだと思う。
だから恋が夏に始まるのは、当たり前なのだ。



宵待ち草

宵待ち草。



うおぬま屋は、夏が一番好き。
それは繁殖期だから?
だとするとちょっと・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.24


また雨。



梅雨前線に因る線状降水帯がまた新潟県に停滞している。
今日はちょっとだけ北にズレて佐渡から下越に掛けて大雨が降った。
昨日は秋田だった。
段々南下してきている。



魚沼も日が暮れてから、時折だが強く降って来た。
どうやら明日は中越・上越中心に線状降水帯がかかるらしい。



おいおい、この前の大雨は先週だぞ・・・。

葉っぱの上の雨雫



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.23


買い置きのトマトが完熟したので、それで冷製パスタを作ってみた。



トマトの冷製パスタ

トマトの冷製パスタ。



トマトとニンニク、大葉の取り合わは鉄板。
毎年、この時期になると無性に食べたくなります。



今日は、比較的気温は高くなかったですが、それでも少しムシムシ。
こういう時に冷製パスタはぴったりです。

美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.22


日本酒をネットのお取り寄せで購入した。



アイスブレーカーとタイムマシーン

青が「アイスブレーカー」
金色が「タイムマシーン」
どちらも冷やして飲むお酒。



アイスブレーカーは、純米吟醸無濾過生原酒。
タイムマシーンは、いわゆる古酒。
京都の蔵元でイギリス人杜氏フィリップ・ハーパーさんによって醸された日本酒だ。



去年から探していた。
しかし、やはり新潟では扱っているお店は無いようで、先日、話題の獺祭が、テレビで取り上げられていたのを機に、ネットで購入する事にしたのでした。
そう、アイスブレーカーやタイムマシーンは、米の磨き=吟醸に拘った獺祭とは全く逆の発想で醸された日本酒らしいのだ。



イギリス人杜氏のフィリップ・ハーパーさんは、NHKラジオに出演された時、うおぬま屋の日本酒に対する迷いに重大なヒントくれた方。
どうやら彼も日本酒に対して、うおぬま屋と同じ疑問を持っていたと思われる。



その日本酒に対する積年の疑問の答えが、この「アイスブレーカー」と「タイムマシーン」に書かれているはず。



どうなんだろう?

楽しみ、楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.21


夕顔の時期。



夕顔

採れ立ての夕顔。



夏、魚沼では、夕顔とクジラの脂を使った味噌仕立のクジラ汁を食べて、暑気払いをするのが昔からの習わし。



しかし、我が家は昔からクジラの脂の代わりに豚肉を使っていた。
動物性の脂と相性の良い夕顔。
豚肉の方がクジラの脂よりクセが無く食べやすいし、栄養価も高い。



夕顔トン汁饂飩

翌日、残った夕顔トン汁にきし麺を入れて七味を効かせ、お昼ご飯。
美味しい。
これも楽しみの一つ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.20


クラインガルテンで借りている日帰り農園のトウモロコシ。
食害されて、ほぼ全滅状態になっていました。



食害されたトウモロコシ

どうやら犯人はカラス。
指導員さんからカラスに注意するように前もって言われていたのですが、まだ大丈夫だろうと高をくくっていたのが失敗でした。
このところの雨で、見回りを怠ったのも良くなかった。



齧られていないのは2~3本。
やられた~。



カラスの食べ残しのトウモロコシを食べてみた

半分齧られていたトウモロコシを持ち帰って食べてみました。

あら~、美味しい。

まだ未熟なのに甘味が強い。
こりゃ狙われる訳だわ。
カラスの食べ残しが初収穫というのが少々情けない。



粒も歯抜けにならず、ビッシリ付いている。
それだけにちゃんと収穫出来なかったのが残念。

まあ、良い勉強になりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.19


昨日の大雨、どうやら自分のところは、ほとんど被害無しで済んだ。



被害と言えば、道路が通行止めで7時過ぎまで会社で足止めされた位だろうか。
会社の近所でも小さな土砂崩れが多数発生していた。
関東では、大きな雹が降ったらしい。
ニュースの映像は衝撃的だった。

本当に運が良かったと思う。



ヤマユリ

ヤマユリが咲き始めた。



ところが予報を見たら、今週末、また雨マークが並んでいた。
流石にこんな事は度重なるとは思えないが、最近は信じられない事が頻発する。



う~ん・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.18


線状降水帯が来た。
九州に大きな被害をもたらした線状降水帯が、魚沼にも来た。



会社裏の道路は河状態

会社裏の道路は河状態に。



昨晩、結構強く降ったものの朝は小降りだった。
加えて予報は、雨はお昼過ぎまでだと言っていたので油断していた。



ところがお昼前、突然豪雨に変わった雨は、ほんの2~3時間で辺りを水浸しにしてしまった。
時間100mm以上降ったらしい。



濁流の魚野川と信濃川

会社前を流れる魚野川と信濃川。
増水して荒れ狂ってはいるものの、まだ少し余裕がある。
それなのに、魚野川と信濃川に注ぐ町中を流れる小河川が溢れてしまった。
ゲリラ豪雨の威力。
凄い。



大雨後の晴れ

雨が降り止まったら晴れ。
なんとも極端。



いや~、危なかった。
もう後数十分降り込められたら浸水していた。

なんとも運が良い・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.17


近くのコンビニが新装オープンした。



なんでもコンビニは、脱皮を試みているらしい。
まだ実験的な試みなのだとか。
全国的に、どれ位の数が新装したのか分かりませんが、それが我が家の近くに出来たのでビックリです。



新装開店したコンビニ

外観の特徴は、出入り口が建物の真ん中に変更された所。
今までのコンビニは、必ず左右何方かに入口が寄っていた。
確かに印象は違うと思う。
しかし、それにどんな意味があるのだろう?



中は、入って正面にレジカウンターが在るのが大きな変更点。
今までのが倍以上の長さがありそうだった。
レジカウンターでの業務が、売り上げに占める割合が高い為、レジカウンターを拡張したのだそうだ。



品揃えは、コンビニの商品と、そう変わっていない感じがした。
以前からそうだったように、プライベートブランド商品の割合が、以前にも増して増えたようだ。



全体的には、田舎の小さいスーパーって感じ。
野菜なんかも売られていた。
なんだか一週回って元にに戻っちゃったんじゃないのかという気がする。
まあ、コンビニの事だから、少子化とか、買い物の弱者の増加とか、データにに基づいた理由はきっとあるのだろうけれど、やっぱり一週回って元に戻った感が強い。



上手くいくのかな?
興味津々。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.16


予報通り、お昼前から雨が降って来た。



梅雨が明ける雨

結構大粒の雨。
しかし、長降りはしない。



涼しい。
雨が降り始めた途端、涼しくなった。
昨日までの猛暑が嘘のよう。



明日も雨の予報。
しかし、その後は晴れマークが続いている。
この雨で魚沼も梅雨が明けそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.15


安い冷凍イチゴでイチゴソースを作ってみた。



冷凍イチゴに砂糖を塗し、解凍されるのを暫く待つ。
すると砂糖の浸透圧で水分が染み出す。
それをさっと煮て、冷めたらイチゴソースの出来上がり。
簡単。



イチゴソースを掛けたヨーグルト

イチゴソースを掛けたヨーグルト。



原産国が中国なのが気になるが、味に問題は無いようだ。



冷凍イチゴの価格は500gで250円。
圧倒的に安い。
市販の真っ当なジャムだと小瓶が一個買えるかどうかの価格。
手間もそれ程面倒では無いし、四分の一から八分の一の原価で出来るとなると、既製品を買う気がしなくなるというもの。



美味しいイチゴソース、良い感じ。
でも、やはり中国産なのは気にかかるが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.14


人は、他人より優秀である
とか、
自分は賢い
とか、
私は成功者である
とか、
第一人者である
とか、
思った時、
どんな賢者であっても、愚か者に成り下がる。



賢者の陥穽。
成功者の落し穴。



一言で言えば、増上慢。
他人より自分が上だと思った時、人は間違いを犯す。



古来より、優秀な人々、成功者達が繰り返し陥って来た失敗だ。
また優秀な人程陥りやすいので困り物。
何度も、何度も、多くの人が繰り返して。
それが未だ改まらないのは何故なのだろう?



トランプ大統領の、温暖化に対する態度は、その典型だと思う。
おそらく、彼は自分を成功者、及び優秀であると思ってしまっているのだろう。



しかし、また、大統領や首相などと言う職業は、自分が優秀であるとでも勘違いでもしなければ、とても出来ない仕事だとも言える。
本当の賢者か大嘘つきにしか出来ない仕事。
本当の賢者など居る訳がないので、と言う事は・・・。
あらら・・・。



ネジバナ2

ネジバナ。



経済的に優位な立場に立つ人々も、これは、「自分が優秀だから経済的に恵まれても当然」と考えがち。

やっぱり落し穴に落ちている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.13


どうやら猛暑日だったようだ。



かと思えば、場所によっては時間100mmを超える様な豪雨が降っている。
気象の極端化が増々進んでいる。



それなのにアメリカのトランプ大統領は、温暖化は、でっち上げだと言ってはばからない。



おい、おい、と思うが、かと言ってトランプ大統領が完全に間違っているとは言えないので、話しが少しややこしい。



そう、二酸化炭素と地球全体の気温の上昇傾向との因果関係は、誰かが証明した訳では無い。

①、平均気温が上昇している。
②、大気中の二酸化炭素濃度も上昇中。
③、二酸化炭素には、温室効果が有る。
故に、地球上の平均気温の上昇は、二酸化炭素が原因ではないだろうか?
程度の推論でしかない。



気温の上昇は、二酸化炭素以外にも原因があるのかもしれない。
それは誰にも分からない事。
今現在、氷期に向かっていて、気温の低下傾向を、温室効果ガスが防いでくれているというやや無理っぽい仮説だって考えられなくもない。
しかし、それをして温暖化に根拠が無いなどと言うのは、やはり傲慢でしかないだろう。



ネジバナ

ネジバナ。



気温が上昇傾向にあるのだから、原因と思われる二酸化炭素を削減する。

やっぱりそれは間違っていない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.12


我が家の木苺達。
赤、黄色、黒の3種類。



赤いナワシロイチゴ

赤のナワシロイチゴ。
甘味は殆ど無い実なのですが、香りが強く、その甘い香りの所為で甘いと錯覚してしまう木苺。
我が家では、土質の悪い場所に生えているので、ちゃんとした丸い実は数個だけです。
しかし、そこは野生種。
悪い条件でも、それなりにしっかり実を付けます。



黄色いイエローラズベリー

黄色のイエロウラズベリー。
こちらは甘味の強い品種。
もうほとんど終わり掛け。
今年も20~30個の実を付けてくれました。



まだ青いブラックラズベリー

黒のブラックラズベリーは、まだ青いまま。
熟すにはもう少し時間が必要のようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.11


グラスドビアンを使ったオニグラ

グラスドビアンを使ってオニオングラタンスープを作った。



あめ色タマネギを沢山使ったとしても、スープがちゃんとしていないと、やっぱりイマイチのオニオングラタンスープ。
しかし、グラスドビアンをスープに入れるという超反則技を使えば、あら不思議、レストランのオニオングラタンスープに変身します。



なんちゃってオニオングラタンスープ。
家庭では、美味しければ良しです。



グラスドビアン、中々重宝。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.10


猛暑日だったようだ。



相変わらず九州付近に梅雨前線が停滞し続けていて、魚沼は北の高気圧の圏内。
まだ梅雨が明けた訳ではなさそうだ。
なのに気温は、昨日あたりから急上昇。
今日は、軒並み今年の最高気温を記録したようだ。



ガクアジサイ

ガクアジサイ。
暑さで少し元気が無い。



暑い割に湿度が思ったほど高く無い。
これは、北の高気圧の故かもしれない。



明後日、雨の予報。
それをもって梅雨明けするのではないだろうか。
そして8月は、意外と涼しかったりするのではないだろうか?
そんな気がする。
どうかな?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.09


女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか」を、なんとか読み終わった。
なにせ因る年波で文字を読むと眠くなってしまう。
なので、ちょびちょびしか読めず、短い文章が主のこの手の本でも、読み切るまでに結構時間が掛かってしまった。



内容は思った通りであった。
この本の副題は、「グルグル思考が世界を変える!」だ。
この本で言う「グルグル思考」とは、知力=自分で考える力の事なのだと思う。
アメリカのNASAの研究で、「ケアレスミスの多い研究者程、画期的な発見をする」という報告を聞いた事がある。
要は、グルグル思考とは、そう言う事なのだろう。



花菖蒲、斜めに撮影

花菖蒲。
いずれアヤメかカキツバタ、と言うように、この仲間は、皆とても似ている。
似ているのに、何故別の名前が付いているのか?
とか、
形は似ているけれど、本当は全く別の植物なのではないか?
とか、
自分であれこれ考えてみるのが、グルグル思考。



「自分で考える力」が、今の教育では、ほとんど育まれていない事を、憂えている人が居る事を嬉しく思った。
おそらく日本においては、それは、かなりの少数派なのだと思う。
ただ、これが単にバラエティ番組的にしか扱かわれていないのが残念。
もっともっと大事な問題なのだと思うのだが。



ゆとり教育は、これを憂えたからこそ始まった。
しかし、それは、可笑しな方向にねじ曲がったまま、何の検証も無く終わってしまった。
いかに日本の教育に、グルグル思考=自分で考える力が不足し、それを否定する勢力が頑迷であるか知れると言うものだ。



もう一つ、この本を読んで残念だったのが、知力を養う目的が、経済的優位性を維持する為と、そこはかとなく書かれている事。
おそらく読者に分かりやすく説明する為だと思われるが、そこを誤解させてしまっては、折角のグルグル思考が意味の無いモノになってしまうし、本当の知力は身に付かないと思う。

まあ、もっとも、もしかしたら、グルグル思考を身に付けて、この間違いを自分で見付けてみろと言う、著者の謎掛けなのかもしれないけれど。



グルグル思考を支える七つの力を
「疑う力」
「ずらす力」
「つなげる力」
「寄り道する力」
「あさっての方を向く力」
「広げる力」
「笑う力」
と著者は言う。
この七つの力を育むべく、元々は日本の教育制度も出来ていると、制度の骨格や教育の基本理念から推察出来る。
大学教授に、国家資格が無い事などが、それだろう。
その大事な理念を可笑しな方向に向かわせてしまっているニッポン。



一刻も早く軌道修正される、その一助に、この本と番組がなってくれることを願う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.08


クラインガルテンで借りている日帰り農園の畑の草取りに行って来ました。



このところ雨続き。
草取りを怠けていたので畑は草ぼうぼう。
畑だか荒れ地だか分からない状態になっていました。



トウモロコシに花が咲いていた

トウモロコシに花が咲いていました。
草取りをサボっていても作物は育ってくれています。
なんとも有り難いことです。



トウモロコシの雄花にミツバチが来ていました

トウモロコシの雄花に盛んにミツバチが来ていました。

あれ!?
トウモロコシって風媒花でなかったっけ?
それでもミツバチって花粉集めに来るんだ!!
へ~~~、知らなかった~~~。
風媒花なんだから、ミツバチなんか来る訳がないと思っていました。
ビックリ。
いや、何事も実物を見て、実際に体験しないと駄目なものだと、改めて思う。



泥にはまって動けない孫娘。

孫娘は、またまた泥遊び。
泥に足を取られ、動けなくなって焦っているところです。
孫娘も貴重な体験中。



泥に足が埋まって動けなくなる体験を日常敵に出来る子供って、今、どの位居るのだろう?
ぬかるみで動けなくなった経験をしても、もちろんテストの成績が良くなる訳では無い。
しかし、その経験は、大きな糧になる。
その事が忘れられている。
それでは駄目だと思うのだが・・・。



2時間ほどで草取り終了。
荒れ地から畑に復帰しました。

トウモロコシ、生るかな?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.07


今日は七夕。
晴れている。
七夕に星空が拝めるのは何年ぶりだろう。



イチゴのムースグラッセ

イチゴのムースグラッセを作った。



材料は、イチゴ、生クリーム、卵白、砂糖。
暑くなって来たのでアッサリ目を目指す。
卵白のメレンゲで泡々のムースの様なアイスクリーム・・・。



の予定でしたが、メレンゲの泡立ちが足りず、やや硬い出来になってしまいました。
味わいも、あっさりはしていますが、いま一つボケた感じ。
どうもイチゴの個性が弱かったようです。
レモンかなんか補った方が良かったかな。
失敗、失敗。
まあ、不味い訳では無いので良しとしましょう。



ムースグラッセを食べる孫娘

アイス好きの孫娘は、御満足いただけたようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.06


ニイニイゼミが鳴き始めた。



タチアオイ

てっぺんまで咲くと梅雨が明けるというタチアオイ。
もうすぐ一番上の花が咲きそう。



夏が始まる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.05


魚沼の大雨の危機は去った。

アジサイ



しかし、今度は北九州が酷い事になっている。
6時間で500mm以上の雨が降ったらしい。
時間100mm近い雨が降り続くなど、聞いた時、耳を疑った。
恐ろしい。
しかも、まだ降っているらしい。
雨雲レーダーで確認したら、真っ赤だった。

どうなってしまうんだろう・・・。



北九州に大雨の特別警報発令。
朝は、島根に特別警報が出されていた。



魚沼でこんな雨が降ったら、壊滅するだろうと思う。
台風通過後のこの雨を恐れていた。
この雨をくらうんではないかと心配していた。
しかし、魚沼が被害を被らなかったその分を北九州が被ってしまった。
なんてことだ・・・。



気候の極端化、年々酷さを増している気がする。
明日は我が身。

今回は、前日まで大雨だっただけに身につまされる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.04


週末から続く大雨。
昨晩も結構強く降った。



日中は、小降り。
夕方には警報が解除された。
どうやら大雨の峠を越えたようだ。
虎口を脱したかな。



しかし、まだ油断は出来ない。
台風3号が太平洋側を東進中。
大丈夫とは思うが。



野苺の花

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2017.07.03


週末から続く梅雨の大雨。
上越では、一部冠水があったらしい。
小千谷市も、真人地区で土砂崩れがあったとの事。

自宅周辺は、今のところ大丈夫のようだ。



大雨、小康状態の晴れ

今日、昼間は小康状態。
予報は曇りだったが、雲が多いながら晴れ。
予報より良い方に外れた。



増水した魚野川と信濃川合流地点

会社前の信濃川と魚野川の合流地点。
両河川とも茶色の龍に変わっていた。
それでも日中降らなかったので夕方に少し水位が下がった。



しかし、これで終わった訳では無い。
相変わらず梅雨前線は、新潟付近に停滞。
おまけに明後日には台風も来るらしい。

大雨被害必至か・・・。



あ、止んでいた雨が、また降り出した。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.02


地物のジャガイモが採れ始めたので、そのジャガイモでヴィシソワーズを作った。



地物ジャガイモで作ったヴィシソワーズ

ヴィシソワーズ。



ポロ葱は無いので、玉ねぎと長ネギの混合で代用。
玉ねぎも長ネギも地元産。
ほぼ地物のスープ。



蒸し暑さを予想していた今朝。
ところが妙に涼しい。
どうやら梅雨前線の北と南では、気温が大きく違うようで、魚沼は微妙な位置にあるようだ。



蒸し暑い時こそ美味しい冷たいビシソワーズ。
あては外れて、あらら。
まあ、でも寒い訳では無いし、美味しかったので良い事にしましょう。



地物のジャガイモが採れ始め、去年の北海道のジャガイモの大雨被害で、価格が高かった影響が、ようやく落ち着いてきた。
良かった、良かった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.07.01


幼稚園の運動会を見学してきた。



幼稚園の運動会

この幼稚園の園児の人数は、ざっと50~60名。
結構大勢の園児が居ると思った。
ところが、これでも小規模の園だと聞いてちょっとビックリ。
自分が幼い頃、通っていた幼稚園は今も続いていて、この3倍の人数を抱えているのだそうだ。
へ~~~~!!



そう言えば、我が町、割と小さい子を良く見掛ける。
もしかして出生率が高いのでは・・・。



と思って調べてみたら、我が町の出生率は1.5。
なんとも酷い数字だった。
まあ、高齢化の進む田舎では、当然と言えば当然の数字なのかな。
地味な町だからな~・・・。



少子化対策、昔から不思議に思っている事がある。



目下、取沙汰されている少子化対策は、待機児童の解消と、育児休業の取得促進が主。
確かに育児環境の充実は、大事な事ではあるが、少子化対策にはなっていないだろうと思う。
それがあたかも少子化のメイン政策のように語られている事に違和感ありあり。
全く、的外れも良い所だ。



そもそも政府の少子化対策は、経済的な事ばかり。
経済的にゆとりが無いので、子供を作らないのだと考えているらしい。
しかし、はたして本当にそうだろうか?



日本の出生率第一位を数十年連続で記録しているのは沖縄県だ。
沖縄県は、決して経済的に恵まれている県では無い。
いや、むしろ経済的に苦しい立場の地域である。
失業率も確か沖縄は最下位だったと思う。
それが連続で出生率は1位。
経済的豊かさと出生率の矛盾は一目瞭然だろう。
その事をどう考えているのだろう?
世界的に見ても、人口増加に拍車がかかり、人口爆発が懸念されるのは、経済的に苦しい地域ばかりだ。
そうなのに、経済的に潤うと、出生率が上がるなどと、どうして考えられるのだろう?
なぜそう思うのだろう?。
全く不思議だ。



出生率、経済と無関係では無いにせよ、本当の原因は別のところにある、と思う。
それなのに、的外れな靴の上から足を掻くような対策ばかり。

なんとも歯がゆい。



孫娘

孫娘、来年あたりから幼稚園に行くのかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2017年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年6月です。

次のアーカイブは2017年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。