トマトのゼリーのはかりごと

2017.06.29


孫娘、一人目の子供だけに結構神経質なところがある。
食べ物も、ちょっと硬かったり、口触りが悪かったりすると、お口から出してしまいます。

まあ、小さい子あるある。



トマトもそんな野菜の一つ。
トマトは、硬いわけではないですし、火を通したモノは喜んで食べるので、おそらく生のトマトの青臭さが原因なのではないかと思われます。



そこで孫娘の生トマト嫌いを修正すべく、一計を案じ、トマトのゼリーを作ってみました。



トマトのゼリー

トマトのゼリー。



正確には、トマトとオレンジジュースのゼリー。
トマトは、何故かオレンジジュースを混ぜると青臭さが気にならなくなる。
砂糖で甘さを補うと美味しいデザート。
大人用なら、これにウォッカかなんか入れて風味を補いたいところだが、これは孫娘用。
なので、そこは我慢、我慢。



ゼリーやプリンが大好きな孫娘。
目論み通り喜んで食べてくれました。

ふふふ、シメシメ。



今回のトマトとオレンジの割合は、3:1。
これから徐々にオレンジジュースの割合を減らしていき、最終的にトマトのサラダをオレンジドレッシングで食べられれば大成功。
とりあえず第一段階は成功かな。

さてさてこの作戦上手くいくか?

祖父の陰謀は続くのであった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3015

コメントする

         

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年6月29日 14:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アリとアリマキ」です。

次のブログ記事は「大雨の予感」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。