女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか

2017.06.20


本を購入。



女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか?

「女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか」

NHKの番組「スイエンサー」のプロデューサーが、番組内容を考察して書いた本。
スイエンサーは、時々見ている。
女子高生アイドルが、難問を自分の力だけで解決する行程を見せる番組。
この本は、その特番の東大生と難問の解き比べをした時の事を書いているらしい。



「女子高生アイドルは、なぜ東大生に知力で勝てたのか」、などと言うが、自分に言わせれば、東大生の方が女子高生アイドルより優秀だと決めつけている発想の方が、全く不可思議。

そもそも、東大生は優秀で、なんでも万能だと思う方がどうかしている。
彼らは、主要5教科の試験で、優秀な成績を収める能力が高い事は間違いない。
が、それ以外の能力が高い保証など何処にもないだろうに。

現に逆上がりが出来ない東大生は大勢居る。
おそらく逆上がりが試験科目に入っていたら、彼らのほとんどが、今そこに居ないだろう。

逆上がり位できなくともとか、運動と学習は違うという向きもあるが、それは間違い。
運動も学習も同じ脳を使ってする作業に代わりはないのだ。
脳の使う場所は違うだろうが、脳を使うには代わりはないし、バランスの取れた脳を鍛えるには、色々な脳の機能を鍛えねばならないに決まっている。
運動によって鍛えられる知力もあるのだ。
音楽だって、美術だって同じこと。

なぜ主要5教科の試験の成績が優秀だと、色々な能力まで高い事になるのだろう?

全く不思議だと言わねばならない。

まあ、スポーツで言う基礎体力が高いので、多少ツブシが効くとは言えると思う。
が、ただそれだけだ。



主要5教科が優秀だと、全てが優秀だという錯覚が、今の教育が抱える最大の問題点のひとつ。
これを早く是正しなければ、全てが悪い方向に向かってしまう。
人の能力の違いなど、誰であっても団栗の背比べに過ぎない事を忘れてはならない。



おそらくこの本は、その錯覚を指摘している本なのだと思う。
それを確認する為に購入。

さてどうか。
それにしても世の中は、不思議な事が多い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/3002

コメントする

         

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年6月20日 09:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エッ!?スマホ18の約束」です。

次のブログ記事は「梅雨入りと花菖蒲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。