手作りバーガー

2017.05.13


休日の朝食。
ちょっと贅沢して手作りバーガー。



手作りハンバーガー

レタスをタップリ乗せて、自家製のハンバーグを挟み、モッツアレラチーズ、さらにトマトとアボガドをプラス。
結構なボリュームとなりました。
朝から贅沢、高カロリー。
でもやっぱり自家製のハンバーグで作ると美味しかった。



けれど、しっかし、ハンバーガーと言う食べ物。
実に不親切な食べ物だと思う。
以前からの不満に思っていました。
具を沢山挟んでしまって背の高くなってしまったハンバーガー、いったいどうやって食べれば良いのでしょう?
絶対にお上品には食べられないと思う。
また、頑張って大口を開けたとしても限界ってものがある。
おまけに上手に持たないと中身の具が崩れて、はみ出してきたりする。
勢い上下に圧縮して安定させ、口に入る大きさに縮めて食べるのが一般的なようだが、それでは何の為にフカフカのバンズパンなのか、さっぱり意味が無い。
それに潰してしまっては、やっぱり美味しくない。



大きな口を開けて、ややお行儀悪く食べるのもハンバーガーの味の内?
なのだろうか?
どうにも納得がいかない。



ハンバーガーを考案した人って、どうやって食べさせる心算だったのだろう?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2936

コメント(1)

こんにちは。
うわあ、すごい。
美味しそうなハンバーガーになりましたね。
欲張りすぎて、とっても大きくなってしまいましたね。
でも大きな口を開けて食べられたことでしょう。(^^ )

コメントする

         

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年5月13日 11:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「サシバ来訪」です。

次のブログ記事は「鵜の浜温泉観光地引網」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。