2017年5月アーカイブ

2017.05.31


ベーカーナップのパン

久しぶりにBakerNapでパンを購入。



久しぶりに訪れてみるとパンの他にシフォンケーキがありました。



ベーカーナップのシフォンケーキ

このシフォンケーキが、パンにも増して美味しかった。
卵の味わいが率直で、軽く優しい感じ。
甘さも好み。
生憎、生クリームを切らしていたので添えられなかったが、クリームと一緒に食べるとさらに味に深みが出ると思う。



再訪が楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.30


赤ワイン、下戸の所為か美味しいと思う物に滅多に出会えない。
高級なワイン等、飲む機会が無いからなのだろうけれど。



限定醸造の岩の原ワイン赤

岩の原ワインの赤。



これは美味しかった。
エグミ味が無く、渋味が程よく、赤ワイン独特の舌を刺すような違和感も無い。
酸化防止剤無添加だからだろうか?
味わいの基本となるボディもある。
国産のジュースの様な赤ワインとは明らかに違う。
嫌な感じが無く、とっても飲みやすい。
去年製の若いワインで熟成されていないのに、角が無く滑らかなのはどうしてだろう?

何か秘密がありそうな。



あれ?
そう言えばこのワイン、名前が無い。
それも珍しいかも。
岩の原ワインが名前なのかな?



折角気に入ったのに、限定醸造と書いてあります。
あら~、どうやら、いつも手に入る品物ではなさそうです。



原料のブドウは、マスカット・ベリーA。
覚えておきましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.29


収穫したサクランボでジャムを作りました。



ヨーグルトにかけたサクランボジャム

ヨーグルトに掛けていただきます。
雨の合間に収穫したので、実にいつもより多く水分が含まれていたようで、水を加えていないのに、ジャムと言うよりシロップ漬けの様な感じになりました。



小粒で甘味が少なく酸味の強いサクランボ。
でもこうやってジャムにすると、食感と言い香りと言い、大粒のサクランボには無い美味しさが味わえます。
クニュっとした食感が堪りません。



種取りは大変ですけど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.28


車庫にお住いのツバメのご家族。
ヒナ達の顔を拝めました。



まだ目の開かないこの時期、カメラのストロボに反応して顔を出すので、割と簡単に見る事が出来ます。
どうやら5羽。
定番の数が居るようです。



父ツバメがヒナにエサを与えているところ

父親と思われる親鳥が、羽虫を捕えて持ってきました。
ヒナは大口を開けておねだり。
この時ばかりは、全身口になったような口お化け。
でも、またそこがかわゆい。



どうやらこの父親、相当体力的に強そうな感じ。
ツバメは、尻尾の長さがモテ度の基準。
尻尾が長いと、強く逞しい男という事らしいです。
この雄、尻尾が長く、綺麗なので、かなりモテモテなのでしょう。
これならば、他の雄の乗っ取りは大丈夫そうです。



後10日か2週間位で巣立ちかな。
6月の中旬位。
楽しみ、楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.27


サクランボが実りました。



赤く実った雨に濡れたサクランボの実

実の小さい品種。
甘味が少なく生食には向きませんが、自家受粉で沢山実を付けます。



今年のサクランボレストランの主客のスズメさん

サクランボレストランの今年の主客(サクランボ泥)は、スズメさん。



サクランボをついばむスズメ

巣立ったばかりのヒナ達を連れてご家族でやって来ています。



サクランボをついばむスズメ2

スズメなど体が小さいので食べる量は知れているだろうと思っていましたが、左に非ず。
ちょっと突いてみて、美味しくないと次々に隣を突くという、とってもお行儀の悪い食べ方をするので、どうやら被害が馬鹿にならない感じです。
悪い子達。



御常連のヒヨドリ

もちろん御常連のヒヨドリ達もやって来ます。



しかし、今年は何故か一番の大食いのムクドリ達が、トンと姿を見せません。
そう言えば、家の周りでもあまり姿を見かけません。
あれ?どうしたんだろう?



それにしてもこのままだとジャムにする分が無くなりそう。
雨の合間に収穫しましょ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.26


柏崎、インド料理ガネーシャ

インド料理ガネーシャでランチ。
場所はお隣の柏崎市。



ガネーシャのランチ

カレーを3種、十数種類の中から選べます。
それに大きなナンとスモールサラダが付いて750円は、とってもリーズナブル。



ガネーシャ、店内

店内は、お洒落なバーといった感じ。
バーカウンターがあったので、夜はカレーの食べられるバーになるのでしょうか。



日曜日にもランチサービスが有るのが嬉しい。
お財布にやさしいお店。




2017.05.25


クレープシュゼットを食べたら、普通のクレープも食べたくなった。
クレープ連鎖。



で、再びクレープ焼く。



アングレーズソース付のクレープ

中に生クリームとイチゴ。
回りにアングレーズソースを敷いてみた。



美味しかった。
自家製だと自分好みの甘さに出来るのが良いところ。



孫娘もパクパク喜んで食べてくれた。
しかし、喜んで食べてくれたのは良かったのだが、夕飯の後だったのもあり、お腹いっぱい食べ過ぎで食べた物を全部戻してしまいました。
某クレープ屋さんの前を通る度に指さしていた孫娘。
クレープ好きだとは思っていましたが、限界を超えて食べちゃうとはビックリです。
いや~失敗、失敗。
食後のデザートは、まだ無理だったようです。



クレープ連鎖。
お手軽なのでしばらく続きそう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.24


クレープシュゼットを作ってみた。
うおぬま屋は、クレープ料理の中でクレープシュゼットが一番好きだ。



クレープシュゼット

クレープをオレンジジュースで煮た、オレンジの香りと苦みが特徴の大人のデザート。
デザートの女王と呼ばれているらしい。



本格的には贅沢にオレンジの果汁を絞って作るのだが、家庭では濃縮還元のオレンジジュースを使うと、お手軽に作れる。
欠かせないのはグランマニエ。
盛大にフランベしなければ、この料理の意味が無い。
高級なお酒をタップリ使うのでかなり贅沢。
ここは手を抜きたくないところ。



バニラアイスを添えるのが定番。
だが今回は省略。
でも、やっぱりあった方が良かった。
クレープにオレンジの果皮を練り込んだバター塗ったりもする。
これも省略した。
でも、やっぱりこれもやった方が美味しかったようだ。



まずまず美味しかった。
美味しかったのだが、プロの作った完品を食べたい気がしてきて、ちょっと困る。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.23


小千谷信濃川水力発電館「おじゃーる」に行って来ました。



小千谷信濃川水力発電館おじゃーる

おじゃーるは、以前ここに在った小千谷市の簡易宿泊施設「市民の家」を新築改装した際、JR東日本のPR施設「小千谷信濃川水力発電館」を併設した施設。



中はこんな感じ。

水力発電体験模型

これは、水力発電を体験できる模型。
スイッチを押すと、模型上部から水が流れ、タービンを回し発電、模型の町に灯りが灯る仕掛けになっている。
孫娘が回しているのは、手回し発電機。
これを回すと模型の町の観覧車が回ります。



電車の運転シュミレーター

JRの施設なので電車の運転シュミレーターが置いてありました。



導水管を模した滑り台とボールプール

発電所の導水管を模したボールプール。
導水管が滑り台になっています。



おそらくこの施設は、JRが資金を出し、建物を建設、市に寄付したのだろうと思われる。



去年7月にオープンしたおじゃーる。
今まで訪れなかったのは、不正取水で信濃川に瀕死のダメージを与えていたJR東日本を許せない気持ちを持っているから。
この施設で謝罪の気持ちを表している心算なのだとは思うが、結局、発電所所在自治体へのご機嫌取りに過ぎない感をより強く持った。
もし本当に申し訳ないという気持ちが有るのなら(ある訳は無いが)信濃川の環境整備に力を尽くすのが筋だろうに。
方向が、まるで違う。
と言うか、反省などしていないのだろう。
十日町の雪祭りの漁協のブースに感じた違和感、ここでも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.22


今年から借りる事にしたクラインガルテンの日帰り農園。
植え付けをしました。



植え付けたトウモロコシ

マルチを掛けてトウモロコシを植え付け。
上手く育つかな?



その他に、サツマイモと枝豆、里芋を植えてみた。
植える予定だったジャガイモは、種イモが手に入らず、植えられませんでした。
種イモなど何時でも手に入るのだろうと思っていたので、ビックリ。
何事もやってみなければ分からない事だらけ。



泥遊びに夢中の孫娘

孫娘は、泥遊び。
泥遊び初体験。
もう夢中。
小さい子供は、泥遊びが大好きなのを実感です。



小さい頃の泥遊び、意外と大事。
雑菌を取り入れて丈夫な体を作るという。
真っ当な畑には、危険な細菌は少ない。
泥遊びをさせたいが為の畑仕事でもある。



トウモロコシの苗を買いに行った時、エシャロットの種が売っているのを見付けた。
ラッキョウなどでは無い本物のエシャロット。
ぜひ植えてみたい。
出来るかな?
育て方、調べてみましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




017.05.21


自宅裏の空地に今年もウスバシロチョウが飛び始めました。



ウスバシロチョウ飛ぶ

去年一昨年と5月の上旬が飛び始めだったので、今年はだいぶ遅い。



ウスバシロチョウ、ハルジオンで食事中

ハルジオンでお食事中。



ハルジオンでお食事中のハナムグリ

ハナムグリもお食事中。



翅が折れて飛べないウスバシロチョウ

翅が折れて飛べないウスバシロチョウを見付けました。
どうやら羽化に失敗したらしい。
懸命に歩いて花にたどり着こうとしています。
頑張れ。



満開のタニウツギ

不思議な事に、満開のタニウツギには、ウスバシロチョウ、全く見向きもしていませんでした。
タニウツギは美味しくないのかな?



飛んでいるウスバシロチョウ

急に暑くなったので、飛び始めが遅かったのに沢山のウスバシロチョウが飛んでいます。
毎年、10日程しか飛ばないウスバシロチョウ。
今年は、一斉に羽化して、飛ぶ期間が短くなりそうです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.20


車庫にお住いのツバメのご夫婦
どうやらヒナが誕生したようです。



巣の下に落ちていた卵の殻

巣の下に落ちていた卵の殻。
毎年、巣の下に卵の殻が落ちている事でヒナの誕生を知ります。



日中、巣にこもっているのを見ていたので、卵を温めているのだろうとは思っていました。
が、もう先に卵を産んでいたようです。
なにせ今年のツバメのご夫婦、中々神経質で、ちょっと注視すると、落ち着きがなくなり、ともすると飛び立ってしまうので、ゆっくり観察が出来ず、卵をいつ生んだのか、はっきりしませんでした。



今回は、子育ての無事を気を揉みながら横目でみているしか仕方がないようです。



まあ、10日もすればヒナの顔を拝めるでしょう。
楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.19


今年から借りる事にしたクラインガルテンの日帰り農園。
畝立てをしました。



畝立て

畝作り、てっきり手作業かと思っていたのですが、耕運機にその機能が有る事を知りました。
簡単なアタッチメントを装着するだけで、あっという間に畝が出来上がります。
凄い!
どうやら耕運機を侮っていたようです。



孫娘は車遊び

その間、孫娘は自動車遊び。



イワカガミ

まだイワカガミが咲いていました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.18


サクランボの花の時期。
頻繁にやって来ていたヒヨドリ君。
てっきり蜜吸いや花を食べに来ているのかと思いきや・・・、



虫を食べていました。



蜂を食べているヒヨドリ

証拠写真。
しかも蜂を食べてます。



卵を産まなければならない時期なので、花や花の蜜ではタンパク質が足らないのかな。
なるほど、なるほど、と言う事は、このヒヨはメス?



小鳥達は、子育ての時、元々植物食の鳥でも、ヒナのエサに昆虫が必要とは聞いていましたが、卵を産む前にも昆虫が必要のようです。
知らなかった~。
ちょっとビックリ。
勉強になりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.17


野尻湖から斑尾高原に向かい、レストラン「ルドルフ」でお昼ご飯を食べました。
妙高から斑尾、意外と近い。



レストラン「ルドルフ」

レストラン「ルドルフ」。
斑尾高原、シーズンオフの所為か、意外と開いているお店が少なかった。



生ハムのピザとマルゲリータ

生ハムのピザとマルゲリータを注文。
本格的なピザで美味しかった。



それにしても斑尾高原、行ってみてビックリ。
5月の半ばなのに尋常で無い量の雪が残っていました。



多量に残る斑尾高原の雪

斑尾高原の在る飯山地域は、今年、大雪だったとは聞いていましたが、これ程までの大雪だったとは思いませんでした。
レストラン「ルドルフ」の人に聞いみたら、連日の雪かきの日々だったとの事。
魚沼が小雪だったので、お隣と言って良い飯山の大雪が信じられない感じです。
雪は、分からない。
そしてこの雪の量は、ぞっとする。



咲き始めた水芭蕉

水芭蕉が咲いていました。
斑尾高原、ようやく春が始まったばかり。



大潟の地引網参加後、思わぬ遠出になりましたが、斑尾高原から一路帰宅です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.16


大潟水と森公園を朝散歩した後、このまま帰るのも何なので、長野回りで帰る事にしました。



野尻湖

途中、野尻湖に寄り道。



ナウマンゾウの化石が見つかった事が有名な野尻湖。
そう言えば、ここに立ち寄ったのも20年ぶり位かもしれません。
確か長男が小学生だったような。



スワンボートに乗りました

スワンボートに乗船。
何故か野尻湖、スワンボートが人気。
20年前訪れた際も乗りました。
孫娘、上機嫌。
そう言えば孫娘、ボート初体験でした。



餌付けされた野鯉

ボート乗り場桟橋付近に大きな鯉が群れていました。
どれも1mクラス。
デカい。
どうやら野生の鯉を餌付けしているらしい。
もしかしたら、野尻湖で念願の一間鯉が見られるかもしれない。
柳津で悲しい思いをしたので、期待が膨らみます。



野尻湖で記念写真

湖畔で記念写真。



そろそろお昼。
お腹が空いてきました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.15


地引網に参加後、同じ大潟地区に在る「新潟県立 大潟水と森公園」に行きました。



新潟県立 大潟水と森公園

新潟県立 大潟水と森公園は、潟に隣接した公園。
7年前に訪れて以来の二度目の訪問です。



新潟県立 大潟水と森公園を朝散歩

朝散歩。



水上回廊に咲いていたミツガシワ

水上回廊にミツガシワが咲いていました。



満開のウワミズザクラ

ウワミズザクラが満開。
良い香りを漂わせています。
例によって杏仁豆腐が食べたくなりました。



新潟県立 大潟水と森公園を散歩中の孫娘とムー

日曜の8時頃。
まだ殆ど人が居ず、のんびりお散歩出来ました。



寝落ちした孫娘

早起きした孫娘は、途中寝落ち。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.14


上越市大潟地区で行われる地引網に参加してきました。



鵜の浜温泉観光地引網は、日曜日毎に開催され、鵜の浜温泉の宿泊客用の御持て成しイベント。
しかし、温泉に宿泊しなくても、ひとり500円で誰でも参加可能です。
獲れた魚は、参加者で山分けだとか。
今晩のおかずは、お魚かな!?



6時半頃に集合との事だったので、5時半に自宅を出発。
早朝なので一時間掛からずに到着できました。
場所は、鵜の浜温泉の海岸。
夏場は、海水浴場になる場所です。



地引網の設置

この日は、晴れていたにもかかわらず波が高く、網を掛ける場所が変更になりました。
いつもはテトラポットの無い場所に網を掛けるらしいのですが、テトラポットの内側に。
それでも船が流され、猟師さん達、網の設置に四苦八苦。
悪天候だと中止になるそうなのですが、結構この日は、ギリギリの開催条件だったのかもしれません。



地引網

それでもなんとか網を掛け、皆で地引。
総勢70~80人。
左右に分かれて網を引きます。



残念ながら漁は不漁、イナダが4匹とボラ1匹

しかし、漁は不漁。
イナダが4匹とボラ1匹でした。
残念。



夕飯のおかずの当ては外れ。
まあ、天候不良だったので致し方無しです。
この後、振る舞いの海鮮汁を頂いて撤退。

まあ、ちょっと残念でしたが、地引網、結構楽しめました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.13


休日の朝食。
ちょっと贅沢して手作りバーガー。



手作りハンバーガー

レタスをタップリ乗せて、自家製のハンバーグを挟み、モッツアレラチーズ、さらにトマトとアボガドをプラス。
結構なボリュームとなりました。
朝から贅沢、高カロリー。
でもやっぱり自家製のハンバーグで作ると美味しかった。



けれど、しっかし、ハンバーガーと言う食べ物。
実に不親切な食べ物だと思う。
以前からの不満に思っていました。
具を沢山挟んでしまって背の高くなってしまったハンバーガー、いったいどうやって食べれば良いのでしょう?
絶対にお上品には食べられないと思う。
また、頑張って大口を開けたとしても限界ってものがある。
おまけに上手に持たないと中身の具が崩れて、はみ出してきたりする。
勢い上下に圧縮して安定させ、口に入る大きさに縮めて食べるのが一般的なようだが、それでは何の為にフカフカのバンズパンなのか、さっぱり意味が無い。
それに潰してしまっては、やっぱり美味しくない。



大きな口を開けて、ややお行儀悪く食べるのもハンバーガーの味の内?
なのだろうか?
どうにも納得がいかない。



ハンバーガーを考案した人って、どうやって食べさせる心算だったのだろう?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.12


会社横の沢に、今年もサシバがやって来た。



トビを警戒してスクランブル中のサシバ

トビを警戒してスクランブル中。



去年気が付いたのは4月14日だった。
今年気が付いたのは30日。
遅いようだが、トビをけん制しているところをみると、既に巣作りを初めていたのだろう。
多分、気が付いていなかっただけで、もう先に来ていたようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.11


お隣の梅の木が満開の頃、その梅の木にメジロが来ていました。



花とメジロ

花とメジロ、良く似合うと思う。



梅とウグイスと言われているのは、実はウグイスでは無く、メジロをウグイスと混同したのだろうと言われている。



梅にウグイス、ならぬ梅にメジロの図

梅にウグイス、ならぬ梅にメジロの図。
ややピンボケではあるが、どこかで見た事がある構図を狙ってみた。

梅にウグイス、ならぬ梅にメジロの図もう一枚

もう一枚、それらしき感じのものがあったが、やはりピンボケ。
メジロ、動きが早いのでピント合わせは大変。



梅の花の中からメジロ

花の中から顔を出すメジロを撮りたいと思っているのだが、今回も駄目でした。



メジロのお腹

メジロのお腹。
メジロの可愛らしさが感じられる一枚だと思う。



梅の花とメジロ二羽

今回、一番きれいに撮れたと思う一枚。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.10


糸魚川からの帰路。



上越市大潟区に在る「ごっつお屋 とくっと」 大潟店

上越市大潟区に在る「ごっつお屋 とくっと」 大潟店で夕食を食べました。



ステーキ丼

うおぬま屋が頼んだステーキ丼。
このステーキ丼、ネットでお世話になっているあいさんのブログで以前見て、食べてみたいと思っていたのでした。
どうやら「ごっつお屋 とくっと」 さんの看板メニューのようだ。



思った通り美味しかった。
肉の質が非常に良く、一日遊んで疲れた体に牛肉の旨みと脂が沁みわたります。
これで980円は、確かに安い。



このステーキ丼の記事を見たのは、確か2年前
食べ物に対する執念深さ、我ながら呆れる。



〆の夕食も美味しくいただき、たっぷり楽しんだ糸魚川行でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.09


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



ヒスイ峡フィシングパークでニジマスを釣った後、ヒスイ峡に向かいました。



ヒスイ峡

ヒスイ峡。



ヒスイ峡、もっとこうヒスイの原石がゴロゴロしているのだと思っていたのですが、いや、多分、その通りにゴロゴロ在るらしいのですが、ヒスイの表面が風化しているらしく、全部普通の石に見え、全くどれがヒスイか分かりません。



澄んだ川の流れにご執心の孫娘

孫娘、澄んだ川の流れにご執心。



ヒスイの原石前で記念写真

ヒスイ峡入口に飾ってあったヒスイの原石前で記念写真。
後ろの巨石はヒスイ。
これは表面が磨いてあり、ヒスイらしい緑色の帯が見られました。
でも、確実にこれがヒスイと分かったのは、この石だけでした。



もうちょっと仔細に観察すれば、どれがヒスイか分かったのかな~?
ちょっと残念。
勉強してから、もう一度訪ねてみようかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.08


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



高浪の池でお昼ご飯を食べ、高浪の池と明星山の間を流れるヒスイ峡に向かいました。



娘(長男嫁)ニジマス釣りに奮闘中

ヒスイ峡入口にフィッシングパークがあったので、魚釣り。
魚が摩れている程でなく、かといって入れ食いでもなく、適度に中々釣れず、結構楽しめました。
ひと竿2500円で4匹まで釣って良いと言う事なので、一人ニジマスを一匹づつつり上げ、めでたしめでたし。



このフィッシングパーク、市営なのだそうだ。
市営のフィッシングパークは珍しいのではないだろうか。



ゴールデンウィーク中にもかかわらず、そんなに込んでもいず、良い感じ。
去年、やはりゴールデンウィーク中、湯沢のフィッシングパークを覗いた時、立錐の余地も無い程の人、人、人でビックリした事を思い出す。
あれでは楽しめないだろうと思ったのに比べ、ヒスイ峡のフィッシングパークは余裕。
ヒスイ峡のフィッシングパーク、穴場だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.06


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



新潟スイーツ・ナカシマ」さんでおやつタイムの後、一路高浪の池に向かいました。



明星山と高浪の池

巨大魚が住むという高浪の池。
魚好きのうおぬま屋は、以前から訪れたかった湖沼です。



高浪の池の水面

高浪の池は、周囲1km強で、湖とは言えない大きさ。
深さも13m程だとか。
水質は悪くなさそうですし、小魚も確認出来ましたが、とても巨大魚を包み込む実力はありそうに思えませんでした。
標高の高い湖の神秘性故かな。
確かに明星山を控えた、水面のたたずまいは、人知を超えた力を感じぜずにはいられないと思う。
高浪の池は、山上湖には珍しく、カルデラ湖では無く、地滑りに因るせき止湖。
流れ込む土砂で短命な湖沼が伝説を持てる事は稀。
日本海側の豊かな水環境=冬の大量の積雪が一因なのは間違いないと思うが、それだけでは無い何か秘密がありそうだ。



高浪の池の畔、桜の木の下でお弁当

池の畔、まだ咲いていた桜の木の下でお昼ご飯。



雪の消え残った山々と神秘の湖沼に囲まれたお弁当、美味しかった事は言うまでもありません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.06


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来ました。



ヒスイ海岸で遊んだ後、ヒスイ海岸からほど近い「新潟スイーツ・ナカシマ」さんでおやつタイム。



「新潟スイーツ・ナカシマ」さんは、お菓子屋さん。
店内にカフェが併設されていて、そこでお店のケーキを食べながらお茶を楽しめます。



新潟スイーツ・ナカシマさんのチーズケーキ

うおぬま屋が頼んだチーズケーキ。
カフェスペースで紅茶と一緒にいただきます。
長男夫婦は、チョコレートのケーキ。
孫娘と妻はイチゴのショートケーキを食べました。

例によって回し食べ。
どれも美味しかった。 



特に、うおぬま屋の頼んだチーズケーキは、甘さの加減がうおぬま屋好み。
甘さ控えめで、合間に紅茶を飲む必要がありません。
間に挟まれているベリージャムの甘さがケーキ生地の甘さに揃えられていて、一体となって溶け込み、一つのケーキにもう一つの味わいを加えています。
一個で二度美味しい。
さすがチーズ部門で何度も受賞されている訳です。



お土産に購入した新潟チーズ・ルレクチェとディープキューブ

と言う事で、お土産もチーズケーキ。
食べたいと思っていたチーズケーキ「大糸チーズ」が無かったのは残念でしたが、同系統の洋梨風味のチーズケーキ「新潟チーズ・ルレクチェ」と、こちらも以前から食べたかった「ディープキューブ」を購入。
帰るまで食べるのを我慢できるか?やや不安。



「新潟スイーツ・ナカシマ」さんはネット仲間。
以前から訪れたいと思っていましたが、やっと念願が叶いました。
中島さんは、御不在で7年ぶりの再会は果たせませんでしたが、突然の訪問だったので致し方無し。
その楽しみは後日にとって置く事にします。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.05


ゴールデンウィークのお出掛けで、糸魚川へ行って来た。



まず訪れたのは、ヒスイ海岸。
糸魚川と言えばヒスイ。
ちょうど魚沼から向かうと、糸魚川の入口がヒスイ海岸になる。



ヒスイ海岸は美しい小砂利の海岸

ヒスイ海岸は美しい小砂利の海岸。
この小砂利の中に稀にヒスイが有るという。
しかも海岸に流れ着いたヒスイは拾っても良いのだそうだ。 



ヒスイ海岸でヒスイ探し

で、いっときヒスイ探し。



ヒスイ海岸の小石、肌理が細かく、重い

このヒスイ海岸の小砂利、ヒスイかどうかは別として、とても肌理が細かく、どっしりとした重さを持った石が多い。
とても綺麗で魅力的。
一日一人10個までフォッサマグナミュージアムで、ヒスイかどうかの鑑定をしてもらえるサービスがあると聞いた。



小石遊びに夢中の孫娘

孫娘、小砂利遊びが大好き。
ヒスイなど何の興味も無いが、小石遊びに夢中



人間の石や宝石、鉱物に対する熱狂的な興味の元は何なんだろう?
昔から不思議だった。
硬くキラキラする物質を美しいと思う気持ちは、どこから生まれて来たのだろう?
孫娘に限らず、小さい子供が石に興味を持つ事は、良く有る事。
ご婦人達の宝石へのご執心もこの延長なのだろう。
まるで石に興味を持つ事が、遺伝子に書きこまれているかのようだ。
食べられる訳もない鉱物に、どうしてこれほどまでに拘るのか?
不思議。



考えられるのは、石器時代、長きに渡り石器を加工し使っている内に、硬く希少性の高い石が大事なモノだと認識され、それが遺伝子に書きこまれたのではないだろうか、と言う事。

その名残が今も続いているのだろうか?
どうなんだろう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.04


今年から借りる事にしたクラインガルテンの日帰り農園で石灰撒き。



日帰り農園で石灰撒き

孫娘もお手伝い。



ところが、作ろうと思っていたジャガイモは、石灰が苦手な事が、後から判明。
が~ん・・・。



まあ、出来ない訳では無いらしいので、どの程度障害になるのか、試してみましょう。



耕運機を初めて操作。
簡単そうで、やぱりそれなりにコツがあり勉強になった。
農業指導員が手取り足取り教えてくれるので有り難い。



数日後に肥料撒き。
植え付けは20日以降が良いのだそうだ。
それまでに何を植えるか決めなくては。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.03


キヨミオレンジを箱買い。



大小様々なキヨミオレンジを箱買い

廉価品なので大きさは大小様々。
しかし、味に遜色は無いので問題無し。
と言うか、大きさを揃える事に、こだわり過ぎる日本の流通の方が、問題有りと思っている。



キヨミオレンジのマーマレード煮込み中

沢山あるのでマーマレードを作ってみた。
キヨミオレンジは元々皮が薄いので、刻んで砂糖と水で煮込むだけの超簡単な作り方を試してみる。



瓶詰したキヨミオレンジのマーマレード

出来は、苦みを抑える技を使わなかったので少々苦みが強め。
しかし、その分香りが強く味が濃い。
とても美味しい。
大人の味わいに出来上がった。

市販のマーマレードは、もう食べられないかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.02


クラインガルテンに居る時、ギフチョウが何頭か通り過ぎて行きました。
そう言えば、今期、まだギフチョウの撮影をしていません。



と言う事で、家族を帰し、一人、山本山の遊歩道を散策。
ギフチョウ撮影を試みました。



遊歩道脇のカタクリの花

カタクリの花が在る内がギフチョウの時期。
暑い位にお天気が良かったので、遊歩道は生き物の気配が濃厚。



翅がボロボロのヒオドシチョウ

ヒオドシチョウが居ました。
タテハチョウの仲間は成虫で冬を越すので、翅がボロボロ。
厳しい冬を乗り越えた歴戦の雄です。



今回は、無暗に歩き回らず、待ち伏せ作戦を採りました。



待つ間、近くにウグイスが囀っていたので、かねてから考えていたウグイス撮影作戦を試してみました。
その作戦、ウグイスの囀りを口笛で真似して、ウグイスを藪の中から誘い出して撮影しようという作戦。
ウグイスは、藪の中で鳴く性質があるので、撮影どころか姿を見るのも結構難しかったりします。
ところが、この作戦やってみたら効果あり。
うおぬま屋の下手くそな口笛に、ウグイスが返事をします。
「お!これは!!しめしめ・・・。」

しばらく騙し鳴きを続けていると、焦れたウグイスがついに姿を現しました。
思った以上に効果てき面。
この作戦、使えそうです。
しかし、姿は見えたものの、ウグイスの動きが素早過ぎて撮影は不可でした。
どうやら人の鳴きまねと見破られたようです。
う~ん、撮影にはもう一工夫必要かも。



翅が傷ついていないヒオドシチョウ

カタクリの花でお食事中のヒオドシチョウ。
あれ?!こちらは、ほぼ完品。
冬越ししたはずなのに、こういうのって珍しいのではないだろうか。



様子を見に来たヤマガラ

待ち伏せ作戦中、ヤマガラが様子を見に来ました。



小一時間粘りましたが、ギフチョウは何頭か通り過ぎるものの全く止まってくれず、こちらも撮影は出来ませんでした。
そろそろ、うおぬま屋の辺りでのギフチョウの時期は終わりに近いので、今年の撮影は無しかもしれません。



ムシクイと思われる小鳥

帰り道、ムシクイと思われる鳥を撮影。
ムシクイは、みんな似ているので区別が難しい。
センダイムシクイかな?
ムシクイもウグイス同様、撮影が比較的難しい鳥。
でもタイミングさえ良ければこの通り。

生き物撮影は、運次第・・・、か。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017.05.01


おぢやクラインガルテンふれあいの里の日帰り農園を今年は借りる事にしました。



クラインガルテンの日帰り農園一区画

5m×10mを一区画。
超初心者には丁度良い広さです。



山の中腹にある施設なので、雪消えが遅く、やっと農作業が始まったばかり。



まずは石灰撒きから。
なんでも石灰撒きは、晴れの日が2~3日続いた後の乾いた土にした方が良いのだとか。
この連休中に撒けるかな。



クラインガルテン周辺のカタクリ

クラインガルテン周辺の林は、まだカタクリが花盛り。



ツグミ

冬鳥のツグミ君も居ました。



ルリタテハ

ルリタテハ。
綺麗な瑠璃色の翅が見たくて、開翅してくれるのを暫く待ちましたが不可でした。



クラインガルテン周辺、自然が豊か。
農作業のついでの散策も楽しみです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2017年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年4月です。

次のアーカイブは2017年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。