春の兆しのテントウ

2017.02.24


居間の窓際でテントウムシを見付けました。



ナミテントウ

捕まえた途端、テントウムシの最終兵器、黄色い汁攻撃を食らいました。
なんでもこの黄色い汁、舐めると苦いのだとか。
気になっていますが、でも、まだ実際に確かめた事はありません。



毎年、居間の窓サッシで冬眠しているナミテントウ。
数十頭が集まって冬眠しているはずです。
陽射しの暖かさに誘われて、一匹だけ目覚めたようです。



春の兆し。



今年初の虫との出会いが、テントウムシなのは一寸嬉しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2890

コメントする

         

2017年2月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2017年2月24日 12:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2歳」です。

次のブログ記事は「風船一揆、競技フライト奇跡的に開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。