走れ!児童相談所

2016.12.04


今年から児童相談所で働いている東京の姪っ子から「読んでみて。」と言われ、図書館に取り寄せをお願いしていた本が届いた。



走れ!児童相談所

走れ!児童相談所。
新人児童相談所職員の成長物語。
典型的な児童相談所の仕事の紹介と虐待等の問題提起をした本。



まず驚いたのが、児童相談所のお寒い現状。
この本の主人公は、福祉関係の勉強をした訳でもなく、訳もわからず、いきなり児童相談所に人事異動させられている。
どんな仕事も、やる気さえ有ればなんとかなるものではあるが、極度に難しいのが児童相談所の仕事。
それをど素人が、先輩のサーポートと研修を受けながらとはいえ、直ぐに実践に投入されるとは・・・。
福祉の関係の勉強をしてきた者が、最初先輩の見習いとして数年修行してから実際に案件を受け持つものだとばかり思っていました。
人手不足とは聞いていましたが、かなり驚く現状。
新人の姪っ子が、早々に案件を抱えていたのも納得です。
先日、姪っ子が寝たきりの祖母をお見舞いに来てくれた時、100件を超えていた案件は、今では200件と倍増しているらしい。
事の軽重は有るにせよ、単純計算だと一日に一件位しか対処できない勘定になる。

何とも何とも・・・。
う~ん・・・。



児童相談所の仕事は、
1、発達相談。
2、非行
3、虐待
に大別されるらしい。
この三つとも問題の根本解決には、子供の周りの大人、主に親の指導が欠かせない。
子供の問題は、親の問題。
子供の問題行動の原因は、親に原因があるのだ。



しかし、名称が児童相談所と言うだけに、ピントは子供に充てられていて、もっとも大事な子供を取り巻く大人の指導は、個々の施設毎、担当者毎に対処している状況で、体系だった組織なり、指導継体なりが整備されている訳では無いようだ。
虐待・発達障害先進国のアメリカ等から最新の方法論も輸入されはいるらしい。
が、まだまだ浸透しているとは言い難い現状のようだ。



子供は保護するが、問題大人は放置。
これで良いのだろうか?



12月の雪の越後三山

雪の越後三山。



この本の最終章で、子供の命にかかわる、継父による激しい虐待事件を取り上げていた。
主人公とその在籍する児童相談所の迅速な行動のお蔭で、なんとか事無きを得るのだが、
継父に因る子殺しは、人間に近いチンパンジーやライオン等で、ままある事らしい。
先日、テレビの番組で、家猫にも子殺しが普通に存在し、母親となった雌猫は、極端に雄猫を警戒し、追い払おうとすると紹介していた。
どうやらほ乳類の多くに、子殺し行動が、普通にインプットされているらしい。
かなりショッキングな事実だが、人もその例外ではないと認識するべきなのだろう。
虐待は、然程に特殊な事例ではないのだと、この本の中でも再三、記述されている。



やはり、虐待を無くすのには、ひとえに教育しかないのだと思う。
児童相談所は、対症療法。
根本解決には、より良い人を構築する為の教育が必要。
それしかないと強く思う。
しかし、現状は、教育を順位付けに使い、教育がストレスを高め、いじめや虐待を助長している。

ここを何とかしなければ・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2807

コメント(2)

こんばんは。
本当にこれでいいんだろうかって考えさせられています。

こんにちは。
毎日のように虐待のニュースが飛び込んできますね。
なぜそのようなことになるのか?
人の命の大切さが分からないのでしょうね。
姪っ子さんは、大変な仕事につかれたのですね。
がんばってほしいですね。

コメントする

         

2016年12月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2016年12月 4日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「週末、晴れ」です。

次のブログ記事は「もう一日暖か」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。