2016.08.04


内閣改造。
記者会見で首相は、同一労働、同一賃金を目指すと言っていた。
非正規社員と言う言葉をこの国から一掃するとも言っていた。
利益の再分配に努めるとも・・・。



本気だろうか・・・。



やると言いながら、真逆の法律を作るのが政治家。
特にこの政権は、その色が濃い気がする。



でも、この度ばかりは、やってくれねば困るし、少し本気度が表れている言葉だったような気がする。(希望的観測が強いかな?)



3本目の矢が、風呂の中の屁のようで、何の効果もない現在、上辺だけの誤魔化しでは無い、改革の本筋に手を付けねばならない事に、漸く思い至ったのだと思いたい。
結局、格差の是正をしなければ、何も良い方向に向かう事は無いのだ。
一本目、二本目の矢の副作用が出る前に。
既に手遅れのような気もするが・・・。
と言うか、禁じ手を使った後の後難が怖い。



出来るのだろうか・・・?

富裕層の減税も、労働者派遣法も間違いだったと認められるのだろうか?
野党に追及されれば、訳の分からない言い訳をしなければならない事になるだろう。
妖怪達の抵抗も必至だろう。



やれるのだろうか・・・?
考えれば考える程難しい気がする。
まず無理か・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2684

コメントする

         

2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2016年8月 4日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「50万人」です。

次のブログ記事は「夏への扉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。