2016年7月アーカイブ

2016.07.31


ゴーヤを購入。



薄緑のゴーヤ

このゴーヤ、なんだかちょっと白っぽい。
薄緑色のゴーヤ。
若いのかな?
それにしては大きいし。
白いゴーヤが有るらしいので、それとの掛け合わせなのかな?



薄緑のゴーヤで作ったゴーヤチャンプル

定番のチャンプルに。

夏になると、妙にゴーヤチャンプルが食べたくなる。
あの苦みを体が欲する感じ。



この薄緑のゴーヤ、あまり苦みが強くない。
苦みが軽いので、水に晒すなど苦みの調整の必要が無いのが重宝。
食感もコリコリしていて少し固め。
熱に因る食感の変化も少ないようだ。



中々美味しかった。
薄緑のゴーヤ、良いかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.30


7月最終週末は、毎年、地元長岡市川口地区のお祭り。



川口花火

会社の目の前、対岸の河川敷が打ち上げ場所なので、尺玉でも迫力満点。
花火の星が頭の上に落ちてくるのを見られるのは、ここだけではないだろうか。



ワイドスターマイン出だし

一時、打ち上げ数が減少した川口花火。
ここ最近、少しづつ盛り上がりが戻ってきつつある気がする。
流行りのワイドスターマインが3回も上がった。



でも打ち上げ時間は1時間強。
以前の2時間近い打ち上げ時間には、まだ及ばない。



どうやら、5号、7号という小さめな花火が以前と比べると少ないようだ。
打ち上げ数は、増えていないが、一発一発が大型化している。
川口花火は、主に企業の寄付。
おそらく、小さな花火を上げるような小さな企業に、元気が無いのだろう。
いや、もう淘汰されてしまったのかも。



スターマイン

景気と格差を感じた花火。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.29


魚沼市湯之谷地区の真夏の雪まつりの帰り道、一寸足を伸ばして、アグリコア越後ワイナリーまでジェラートを食べに行って来ました。



越後ワイナリーは、6つある奥只見レクリェーション都市公園の一つ「八色の森公園」に隣接したワイナリー。
雪まつりの行われた奥只見レクリェーション都市公園「大湯公園」から十数キロの距離です。



アグリコア越後ワイナリーのジェラート

ワイナリーのジェラートなので、ワインジェラートが一押し。
でも、うおぬま屋は、孫娘と分けっちょする為にキウイのジェラートチョイス。
キウイそのものの様なジェラートは、スッキリサッパリ、真夏の暑さにピッタリのデザート。
美味しかった!



歩道脇にぶどう棚

道路脇にぶどう棚が在り、ブドウの房がたわわに実っていてビックリ。
道路は普通の公道。
その歩道の直ぐ脇にブドウの棚が設えられています。
誰か取って食べたりしないのか心配になります。

「俺が小学生だったら絶対取って食べてみる。」
長男談
だそうです。

でも、何だろう、良い感じ。



アグリコア越後ワイナリー

越後ワイナリーは、地元のワイナリー。



甘いもので〆て、一路帰路。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.28


今年、中一になった甥っ子の初めての通知表を見せてもらった。



見てビッ~クリ!!!!!
もちろん甥っ子の成績が、凄く良くってびっくりした訳では無い。



通知表の記載が、所謂主要5教科だけで、体育や音楽、美術等、他の教科の記載が無かったのだ。
記載だけでは無い。
それを書く欄さえ無かったのには衝撃を受けた。



何なんだこの通知表・・・。
教育の荒廃がここまで進んでいるとは・・・。



そう言えば、かれこれ十数年前になるが、長男の中学入学式の校長の挨拶が、初日からいきなり高校入試の話で、呆れた事があったのを思い出した。

いったい何時からこんな通知表になったのだろう?



どうして、この考え方が、今の教育の最大の問題点だと分からないのだろう。
どうして、こうもイケシャアシャアと教育の理念を無視出来るのだろう。
多かれ少なかれこの傾向は有るにせよ、おそらく世界でも、これ程教育を駄目にしている国は、そう無いのではないだろうか。



教育は、入試の為に在るものでは無い。
子供達に教育によるカースト制を押し付ける物でも無い。
ましてや経済的優位性を身に付ける為の物でも無い。



教育こそが、全ての基。
それがこれでは・・・。

暗澹たる気持ちになる。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.27


居間の窓の簾にアブラゼミが止まっていました。



簾に止まるアブラゼミ

簾ゼミ。



以前も書いた事がありますが、何故か簾や網戸にアブラゼミが良く止まります。
他の蝉、ニイニイゼミやミンミンゼミが止まったのを観た事がありません。
アブラゼミだけ。
どうしてなんだろう?と気になってから数年。
未だ疑問は継続中。



今期初の簾ゼミ。

今年こそ謎は解けるのだろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.26


車庫にお住いのツバメ達。



6組目のご家族のヒナが顔を出しました。



6組目のご家族のヒナ達

例によってカメラの補助光につられて、おねだりポーズ。



どうやら今のところ順調のようだ。
でも、この巣は、今期二回目の使用。
ダニ等の寄生虫が、なにせ心配だ。



5組目のヒナ達は、一羽欠けたとはいえ、無時巣立った。
この6組目が、今期最後のご家族。
無時巣立つ事を、切に願う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.25


魚沼市湯之谷地区の真夏の雪まつりに行って来た日の夕飯は、疲れたので、残り物で簡単に。



マヒマヒカレー

マヒマヒカレー。

昨日の残りのシーフードカレーに、そのままではつまらないのでシイラのクミン焼きを乗せてみました。



シイラは、どうやらあまり人気が無い魚のようで、割と廉価で手に入る。
見付けると、大体、即購入。
青魚なのに白身魚に似た感じもあり、美味しい魚。
ハワイでは、マヒマヒと言われ、人気が高いという。

和名が良くないのかな?



シイラは、流木に付いて泳ぐ性質があり、昔、海に流れている水死体に付き添うように泳ぐ姿が目撃され、土座衛門と言う有り難くないあだ名を付けられている。
体色は緑。
お顔も、モンスター顔。
うおぬま屋はカッコイイと思うのだが、考えてみると、好まれない要素盛り沢山のようだ。



まあ、そのおかげで、お安く購入できる。



淡泊でコクのあるシイラは、カレーにぴったり。

美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.24


魚沼市湯之谷地区の真夏の雪まつりに行って来ました。



湯之谷地区は、何かとご縁が有り、一度この祭りに行ってみたいと常々思っていたのですが、地元の川口地区のお祭りと毎年被ってしまい、今まで一度も訪れられずにいました。



目的は、雪遊びとマスのつかみ捕り。
湯之谷は、山地の豪雪地帯。
夏の冷涼さと豊富な渓流水を活かした催し物。
もっとも今日は、かなり暑かったですけど。



雪遊びは、孫娘が参加出来るものではなかったので、不可でした。



で、マスのつかみ捕り。

魚のつかみ捕りに挑戦中の長男

一人、3匹捕まえて良いそうなので、長男が代表して挑戦。



泳ぐニジマス

結構沢山泳いでいるのですが、泳ぐ魚を素手で捕まえるのは、中々の難行。
と言うか、捕まえられないのが普通です。



応援中の長男嫁と孫娘

応援中の長男嫁と孫娘。



苦戦していたので、一寸長男にコツを伝授。

魚は、追われてパニクルと上流に逃げる性質が有り、こういう川を模した場所でのつかみ捕りは、上流のせき止め網の前で待っているのが◎。
待っていれば、魚の方が自分からやって来てくれます。



ほんの1~2分で、3匹ゲット。
ただこのやり方は、少し反則気味ですし、つかみ捕りを全く楽しめないのが難点。



ニジマスの塩焼き

捕まえたニジマスは、その場で塩焼き。
さっさと捕まえたので、炭火を楽々使えます。
さっきまで泳いでいた新鮮なニジマス。
良い水で育てられているので、何の臭みもなく、とても美味しかった。



地元の美味しい物を商う露店

地元の美味しい物を商う露店。
おにぎり等を購入して塩焼きでお昼ご飯です。



奥会津産、天然の炭酸水

奥会津に産する天然の炭酸水が売っていました。
湯之谷地区のお隣は、奥会津。
もっとも険しい山越えの向こう側ではありますが、一応お隣なのでした。



我が家のアイドル孫娘

我が家のアイドル孫娘。
楽しんだようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.23


甥っ子に付き合って図書館に行った折、また本を借りてきてしまいました。



読書家と言う程ではないものの、本を読むのは好き。
お酒を飲まないのは、体質に合わない事も有りますが、寝る前の読書の楽しみを酔いが邪魔をするから、と言うのが理由だったのでした。



どうやら、いつの間にか封印していた読書熱、再燃かもしれません。



絵でわかるゲノム・遺伝子・DNA

絵でわかるゲノム・遺伝子・DNA。



もっとも、やっぱり三行読むと眠くなるのは相変わらずで、今回は通読不可でした。

それにどうも内容が・・・。



この本、統計を結論の様に言っているのが気にかかる。
いや、この本に限らず最近の科学は、略そんな感じが多々する。
統計の結果など、仮説を立てる為の手段に過ぎず、研究のスタートライン。
そこから考え、研究するのが科学なのに、統計結果で満足しているように見えるのはどういう事なのだろう。



何か変だ、最近の統計と科学の考え方。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.22


今日、新潟を含む北陸地方が梅雨明けしたらしい。



そう言えば、朝まで秋の様だった空と雲が、夕方には夏空に変わっていた。



入道雲。 丁度太陽が隠れ、火を吐くモンスターの様

夕方現れた入道雲。
丁度太陽が隠れ、火を吐くモンスターの様でした。



久しぶりに30℃超え。
でも、まだ北の高気圧の勢力が強く、夏の主役の太平洋高気圧に元気が無いらしい。
お蔭で太平洋側の関東には、まだ梅雨明け宣言が無い。
それは2007年以来だとか。
冷夏かな?
8月は猛暑の予報ではあるが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.21


今年もNHKラジオで、夏休み子供科学電話相談が始まった。
毎年、この放送を楽しみにしていて、これが始まると夏が来たのだと思う。



今年は、放送冒頭、一寸寂しいお知らせが有った。
尊敬する昆虫担当の矢島先生が、今日で引退されるのだそうだ。



先生は、放送開始当初から昆虫の相談を担当され、今年で30年。
ほとんど番組の顔と言って良い存在だと思う。
このラジオ番組を聴く楽しみの半分以上は、先生のお話を聞くためだったのだと、今更ながら気が付く。
寂しさは一寸どころではないようだ。



小さいメスのコクワガタ

今年我が家にやって来たクワガタ。
小さな小さなメス。
コクワガタのメスかな。



先生への最後の質問となったのは、昆虫の変態について、だった。
完全変態の昆虫は、蛹になった時、蛹の中で一端体を全て溶かしてから再整備する。
蛹の中はドロドロの液体状態。
なんとも不思議な作用だと思う。
蝶の鱗粉は、親の体を作る時に不要な、本当なら捨ててしまう幼虫の体の成分の再利用なのだそうだ。

へ~~~、そうなんだ~、知らなかった~。
今更ながら、生き物の命の巧妙さに感動する。



先生は、質問に答えられる時、いつも子供達の成長を意識されていて、最後の質問に答えられている時も、質問された子に蛹の研究者になる事を薦められていた。
昆虫を愛し、子供を愛する矢島先生。
人を含めた全ての生き物に魅力を感じている姿こそが、矢島先生の最大の魅力なのだと思う。



ご高齢でもあるので、覚悟はしていたが、ついにこの日が来てしまった。
今年こそは、先生が館長をされている「群馬昆虫の森」に行かなければならない、と強く思う。



今日、放送を聴けて良かった。




2016.07.20


今年のヒグラシ、割と早め鳴きだしたのですが、中々鳴く数が増えません。
羽化の時期が長くなって、分散してしまったからなのだろうか?



芙蓉

芙蓉の花が満開です。



毎年、楽しみにしているカナカナの輪唱。
今年は難しいかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.19


どうやら東海以西は梅雨が明けたらしい。
関東以北は、北の高気圧が頑張っているらしく、はっきりしないお天気。
でも、北の高気圧だけに湿度が低めで、それ程暑くはない。
去年までの冷夏傾向の余韻が、まだ残っているのかもしれない。



車庫にお住いのツバメ達。



5組目のヒナ達、巣立ち寸前。
明日辺り旅立ちかな。



5羽居たヒナが4羽に減ってしまった5組目のツバメ家族

5羽居たヒナが4羽。
長男の目撃談から察するに、どうやら大人達の喧嘩に巻き込まれ、一羽、早めに巣を出てしまったようだ。
いくらなんでも早過ぎだと思うが、どうしようも無い。
無時を願うが、おそらく駄目だろう。



6組目のツバメのご家族の巣の下に落ちていた卵の殻

6組目のツバメのご夫婦、ヒナが誕生したようです。
巣の下に卵の殻が落ちていました。
こちらが気が付くよりだいぶ前に卵を産んでいた模様。



親鳥の出入りが盛ん。
今期、最終組となるであろう6組目のツバメ家族。
巣立ちはお盆頃だろうか。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.18


いくとぴあ食花に行った後、ちょっと足を伸ばして紫雲寺のさえずりの里にも行って来ました。



さえずりの里は、傷ついた鳥獣を保護する県の施設。
以前から行ってみたいと思っていたのですが、例によって何時でも行けるという頭があり、気が付けば数十年が経ってしまっていました。
生き物好きなのに、なんたる怠慢・・・。



紫雲寺さえずりの里

初めて訪れたはずなのに、なんだろう?以前来た事がある気がする。
白日夢?不思議。



飼育施設に居たサシバ

飼育施設に居たサシバ。
どうやら翼が折れているらしい。
もう、野生への復帰は難しいのだろう。



猛禽や白鳥等、大型の鳥類が主に収容されていた。



クマタカ

クマタカが居た!
何てカッコイイでしょう!!
凛々しい。
こんなに間近で見たのは、初めて。
細かな金網が恨めしい。



海鷲に無い凛とした雰囲気が有ると思う。
何処を怪我しているかの記載は無かったが、阿賀で保護されたと書いてあった。
オレンジ色の目は、充分に成熟した個体。
なんとか野に帰って欲しいものだ。



憧れのクマタカに逢え、大満足。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.17


いくとぴあ食花に行って来ました。



いくとぴあ食花は、食育と花育の拠点を目指して作られた施設、らしい。
確か、2年前位にオープンした新しい施設だったと思う。



いくとぴあ食花のイングリッシュガーデン

キラキラガーデン。
花育を謳っているだけに、お花が一杯。
この他に、子供創造センター、動物ふれあいセンター等の施設がある。



新潟の物産の発信、観光拠点、市民の憩いの場所等を兼ねての物件だと思うのだが、何故食育と花育が一緒なのか、イマイチその目的が分かりずらい気がする。



マーケットの品揃えを見て、なんとなく本当の豊かさを考えようとする姿勢は窺えると思った。
でも、駄菓子のコーナーが在ったりして、やっぱりコンセプトに統一感が無く、バラバラな感じは否めない。



まあ、ほとんどの施設は無料だし、結構楽しめたのだが、なんだか釈然としないのはうおぬま屋だけだろうか・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.16


家族と海カフェDONAへ行って来ました。



前回、抜け駆けして一人で行って来た事に非難ゴウゴウ。
娘が帰省したのもあり、早めの家族を連れての再訪となったのでした。



ガパオライス

今回、うおぬま屋が頼んだのは、ガパオライス。
初めて食べました。
どうやら鶏ひき肉のバジル炒めを、ご飯の上に乗せた物のよう。
目玉焼きが乗っているところをみると、ハワイのロコモコ丼の亜流なのかな。
鶏肉の挽肉が、粗目に包丁で切ってあったので、炒めても味が逃げず、ジューシー。
美味しかった~。
今年はキッチン菜園にバジルが有るので、自宅でも作る事になりそうです。



ランチ付のサラダ

お食事メニューに付くサラダ。



トマトのチキンカレー

娘の頼んだトマトのチキンカレー。
水を加えず、トマトの水分だけで煮込んだのだそうだ。
味見させてもらったのだが、これも美味しい。



玄米プレート

妻は、玄米プレートを注文。
24節気毎にメニューが変わるので、前回来た時と内容が違います。
こちらも味見させてもらいました。
やっぱり美味しい。



デザート3種盛り。 マンゴープリン、ニンジンとクランベリーのケーキ、イチゴのジェラート

そしてデザート3種盛り。
マンゴープリン、ニンジンとクランベリーのケーキ、イチゴのジェラート。
お食事メニューを頼むと300円で頼めます。
ドナで食事したら、デザートを頼まない手はないと思います。



カフェ下の海岸で海遊び

カフェ下の海岸で海遊び。



家族大満足のランチでした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.15


各地でゲリラ雷雨が猛威を振るっている。



時間100mmという滝のような雨が降り、道路が川の様になっているニュースを幾度も見る。



積乱雲と青空の境

積乱雲と青空の境。



魚沼も御多分に漏れず、物凄い勢いで雨が降るが、ごく短時間、数分で降り止むので助かっている。
しかし、あの降り方がずーっと続くと思うと、ぞっとする。



今日、夕方、大粒の雨の降る中、長男を2km程離れた駅に送って行くと、駅の手前100m位で雨は降っておらず、道路が渇いているのには驚いた。
ごく狭い範囲に降るのも、この度のゲリラ豪雨の特徴だ。



明日あたりからもう一寸安定するらしい。
が、まだ油断は出来ない。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.14


車庫にお住いのツバメ達。



5組目のご夫婦のヒナ達、だいぶ大きくなりました。



五組目のツバメ夫婦のヒナ達

頭が黒くなり、ツバメらしくなってきました。
でも一羽だけ成長が遅れているヒナがいます。
口を開けているヒナがそれ。
カメラの補助光に反応して、おねだりポーズ。
他の兄弟達は、とっくにその段階はご卒業。
まだ補助光に反応するという事は、まだ目が良く見えないのかもしれません。

大丈夫かな・・・。



産卵したと思われる6組目のツバメの巣

6組目のご夫婦、どうやら卵を産んだようです。
でも、お使いの巣は、2組目のご夫婦がお使いになったお宅。
連続使用は、ダニ等の寄生虫が心配です。

大丈夫かな・・・。



これから子育てとなると、巣立つのは8月半ば過ぎでしょうか。
我が家での最終巣立ち記録は8月1日なので、大幅に記録更新となりそうです。

上手くいって欲しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.13


お昼に食べたトマトの冷製パスタ。



トマトの冷製パスタ

トマト、バジル、モッツアレラの取り合わせは完璧。
甘めのトマトが良く合います。
今年は、キッチン菜園にバジルを植えたので、バジルが新鮮。
香りが鮮烈。
それにオリーブオイルと大好きなニンニクチップが加われば、サッパリした味わいにコクがプラスされ、いくらでも食べられてしまいそうです。



美味しかった~。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.12


アブラゼミが鳴き始めました。



アブラゼミ

アブラゼミ。
去年の夏に撮影したもの。



アブラゼミの鳴き始め、例年より2週間位早いでしょうか。
しかも鳴き始めなのに、かなりの数が鳴いています。



やはり今年は、生き物達のカレンダーが、半月早く進行しています。
他所は兎も角、魚沼はそんなに暑くなく、今日の気温も平年並み。
いったい何が生き物達の時間を早めているのでしょう?
それも一種類の生き物だけでなく、判で押したように全ての動植物の時計が進んでいる。



今年は、台風がまだ一個しか発生していない。



特別な夏になりそう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.11


丸いズッキーニを購入。



丸いズッキーニ

こういう変わった野菜を見ると、何気に購入してしまうのが最近の傾向。
こうして見るとズッキーニがカボチャの仲間だと納得できる。



半分は、クミンで塩炒め。
半分は、ナスの味噌炒めよろしくズッキーニ味噌に。
種が大きく一寸邪魔になる以外、どうやら細いズッキーニと味は大差ないようです。



しっかりした果肉なので、くり抜いて使うと良さそう。
と思って調べてみたら、やはり、そうやって使っているレシピがほとんどでした。

なるほど、なるほど・・・。



次はくり抜いて使いましょ。
チーズを効かせたソースが良いかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.10


プリンを作りました。



グランマニエプリン

孫娘も食べられるように、甘さ控えめ。
砂糖の量をいつもの60%程に減らしました。



グランマニエを入れてオレンジ風味。
いつもの調子でグランマニエを多目に入れ過ぎ、一寸大人味になっちゃいました。
甘さ控えめのキュラソー味。
孫娘は、大人味デビューとなったのでした。



でも、孫娘、結構喜んでパクパク。
意外とイケるくちかも。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.09


サクランボを購入。



大粒サクランボ、紅秀峰?

とても大粒。
品種名を確認しなかったのだが、サクランボの時期としては晩生なので、多分紅秀峰だろうと思う。



大粒なのに味が濃く、糖度は十二分。
Aランクと思われる。
でも何も問題無さそうなのに、価格は廉価。



ちょっと心配になったりする。
でも、まあ、まさかね。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.08


久しぶりに図書館から本を借り、読書した。



池田晴彦著「生物学のウソとホント」

池田晴彦著「生物学のウソとホント」。



2ページ読み切りと優しい解説なので、なんとか通読。
なにせ就寝前の読書は、2行読むと眠くなるので、2ページ読み切りが丁度良いのかもしれない。



興味のある分野だけに、新しい知見がいくつかあった。
やはり本は読まなければ駄目だな~。



でも、生物学が開けようとしているパンドラの箱についての記述はなかった。
あんまり当たり前過ぎて、触れなかったのかな?
いや、それともやっぱりなんとなく避けたかったのか?
池田先生は、飄々としたお人柄の様。
先生にお会いして、直接お聞きしたい気もする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.07


今日の最高気温は、23℃。
湿度が高いが、かなり涼しい。
蒸し涼しい感じ。



関東以西は、猛暑らしい。
どうやら体温以上の気温になったとの事。
魚沼の気温からは、にわかに信じられない気がする。



梅雨なのに萩

梅雨なのに秋の七草の萩が咲いていました。
おいおい、いくら何でも早過ぎだろう。
例年の一ヶ月近く早いだろうか。
このところの気温の上下が原因かな?
そう言えば、ハグロトンボも飛んでいました。
その他にもコスモス等、秋の花が咲いていると聞きました。



う~ん、今年は、季節が2週間以上早く巡っています。
増々早まっているのかな?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




梅雨なのに萩

2016.07.06


キッチン菜園のゴーヤに花が咲いていました。



キッチン菜園、初めてのゴーヤの花

ゴーヤは、まず雄花から咲くと聞いたので、これは雄花だな、多分。



花は咲いたのですが、どうもゴーヤ、元気がありません。
ジワジワ伸びてはいるものの、イマイチ勢いに欠けるような。
葉っぱも少し黄色いし・・・。
病気かな?
ちと心配。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2016.07.05


仕事の帰り、溜池にウシガエル発見。



ウシガエル

ウシガエルは、夜行性。
その上、でかい図体の割に用心深く、その姿を見る事は稀。
どうやらこのウシガエル、暗い梅雨空に油断していたようです。
ラッキー。



ウシガエルを撮影していると、溜池の隣の畑から「キュウリ要らない?」と声を掛けられました。



いただいたキュウリ

もちろん、いただきました。
ざっと30本。
全く面識の無い方でしたが、有り難い事です。



早速、一本、丸かじり。
く~~~、美味い!!



キュウリをいただいた畑に居たトンボ

キュウリをいただいた方の畑が、良い畑なのは、一目瞭然でした。
花が咲き、カエルやトンボが、わんさか暮らしている畑。
そんな畑に生ったキュウリ、美味しいに決まっています。



豊かさを満喫した帰り道。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.04


寺泊地区の魚のアメ横に行った帰り、寄り道したのはこちら。



たまご畑刈羽店

たまご畑刈羽店

たまご畑さんは、養鶏業者が運営する卵の直売店。
卵のみならず、卵を使ったスイーツやお惣菜も販売されています。



狙いはコチラ。



黄色いガンジー牛ソフトクリーム

黄色いガンジー牛ソフトクリーム。
ガンジー牛ソフトに卵をプラスしたソフトクリーム。
以前から食べてみたいと思っていました。
卵と牛乳の相性は鉄板。
卵が加わって、よりアイスクリームに近くなって、コクがプラスされています。
それでいてソフトクリームの軽さは失われず、中々のバランス。
思った通り美味しかった~。



たまご畑のロールケーキ

こちらはお持ち帰りしたロールケーキ。
こちらも美味しかった~。
ふわふわの生地は、軽い軽い卵焼き。
とても柔らかです。
繊細な卵の香りが、香ばしい焦げた香りに邪魔されている気もしましたが、卵焼き感覚ならばコレはこれで正解なのかもしれません。
💮



この他にキッシュ等も有り、食べてみたい商品が多々。
お惣菜も気になる。
プリンも良いし。
そうそう、夏にピッタリのカタラーナも有りました。

これは、また訪れる事になりそうです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.03


寺泊地区の魚のアメ横までお買い物。
寺泊地区は、うおぬま屋の在る川口地区と同じ長岡市ながら海岸と山地で端と端。
車で小一時間以上離れています。
ドライブがてら、美味しそうで、お買い得なお魚を探しに行って来ました。



寺泊市場通り、魚のアメ横

寺泊市場通り、魚のアメ横は、市場形式の魚屋さんが軒を連ねる通り。
結構、名前が売れているらしく、シーズンともなると沢山の人が訪れています。



ヒラメとカマスを購入しました。



岩ガキ

そこで食べた岩ガキが美味しかった~。
購入すると店員さんがその場で剥いてくれます。
以前から食べてみたいと思っていた夏場の岩ガキ。
思わぬところで念願が叶いました。



帰りは、海沿いを南下。
日本海夕日ラインをドライブです。

出雲崎のフィシングブリッジ

出雲崎のフィシングブリッジに一寸寄り道。
フィシングブリッジ、海に突き出た桟橋から釣りの出来る施設。

風に向かう孫娘


風に向かう孫娘。
桟橋上は少し風が強かったですが、思った程の波の高さはありません。
でも、荒れ模様の予報だった所為か、釣り人は一人もいませんでした。



出雲崎からもうちょっと足を延ばし、以前から気になっていたお店にもう一軒寄り道する事にします。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.02


車庫にお住いのツバメ達。



車庫のツバメ、5組目のヒナと親鳥

どうやら5組目のご夫婦のヒナ達、順調に育っているようです。
巣の場所が低く、親鳥が落ち着かなようだったので、心配でした



車庫のツバメ、初顔見せの5組目のヒナ

こんなに小さなヒナの顔を拝めたのは初めて。
まるで口お化け。
か、可愛い。
4組目のヒナが、丁度これくらいの時に死んでしまったので、無時に育てと願わずにはいられません。



もしかしたら6組目が、産卵するかもしれない巣

もしかしたら6組目が、産卵するかもしれません。
でも、その巣は、二組目のご家族が使った所。
二組目も、ヒナが孵ったところで繁殖失敗でした。
連続使用は、ダニが心配。
大丈夫かな~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016.07.01


今日は、朝から晴れ。



二子山の棚田

川口地区最高峰二子山(433.5m)山頂下に在る棚田。



どうやら明日あたりから、新潟も本格的な梅雨の雨が降るらしい。
週間予報は、明日以降、曇りと雨マークが続いている。



貴重な今日の晴れ。
蒸し暑さが急速に増している。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2016年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2016年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年6月です。

次のアーカイブは2016年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。