2015.11.01


ゼイリブという映画を観た。
THEY LIVEは、エイリアンが、人に化けて社会に紛れ込み、政治家や富裕層に成りすまし、既に人間を支配している、というSF映画。



現在の格差や人間の幻想性を、とても分かりやすく風刺していると、映画評論家が言っていたのを聞き、興味を持っていた。



観たといってもYouTube。
ほぼ全編のモノが有ったので、著作権者には申し訳ないと思いつつ、良かったら購入するから・・・、と言い訳しつつ鑑賞。



確かに、今の社会の問題点である格差の拡大や、人が幻想の中に生きている等、とても分かりやすくお話しにしてくれている、と思う。
自分と同じ様に考えている人が居るのだと知り、やっぱりと妙に納得。
これが27年前に作られていた事に少なからず驚く。



いや、いや、
この映画は、フィクションと言うより、現実そのものなのではないだろうか。
誇張ではあるが、富裕層の心の妖怪化を考えれば、強ちあり得ない事ではないし、人が幻の中に生きている事など、現実そのもの。

そう考えると、なんだかちょっと寒くなる。



映画の中で描かれている世界が、2015年というのも偶然とはいえ暗示的。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2404

コメント(2)

うおぬま屋店長さん

こんにちは!

>この映画は、フィクションと言うより、現実そのものなのではないだろうか。

昨日もテレビの特番でUFOが映しだされていましたが、無限の宇宙ですから別な生命体があってもおかしくないように思います。

こんにちは。
ゼイリブですね。
私も探してみます。

>映画の中で描かれている世界が、2015年というのも偶然とはいえ暗示的。
  昔の映画では、2015年が近未来の社会を映しやすい設定だったのですね。
   バックトゥーザフュチャーでも2015年にタイムスリップしましたね。

コメントする

         

2015年11月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2015年11月 1日 18:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「越後三山に雪」です。

次のブログ記事は「はな禅 上越美味しい物行1/3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。