2015.10.01


帰省した娘と長野県の小布施までドライブ。



北斎館前の石畳

小布施の中心、北斎館前の石畳。
町全体で雰囲気作りに取り組む小布施。
雰囲気満点です。
十数年前に訪れた時より、またいっそう街並みが整備されていました。



小布施と言ったら、やっぱり栗。
でも、目的だった栗かの子は、まだ新栗が採れていないそうで、購入できませんでした。
ならば、という事で、朱雀なるお菓子がとても美味しいという情報を仕入れ、食べに行ってみるも、沢山の人が順番待ち。
なんでも数量限定で整理券が配られるのだそうです。
う~ん、待つのはな~。
小布施には他にも美味しい物があるので、諦めました。


マロンソフトとマロンプリン

小布施で食べたマロンソフトとマロンプリン。
小布施の町は、大概の店にイートインスペースが在るので、食べ歩きが楽しい。



信州そば

お昼に食べた信州そば。
地元民御用達の町のお蕎麦屋さん。
案内所で教えてもらいました。
ヘギ蕎麦ばかり食べているうおぬま屋、たまに十割そばも美味しかった。



散策の楽しい小布施。
一番、二番の目的は逃しましたが、小布施は懐が深いので全然大丈夫でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2372

コメント(1)

こんにちは。
私も朱雀を食べたいと思っているのですが、
平日なら午前7時頃、休日なら午前6時前に並ばないと食べられないと聞きました。

コメントする

         

2015年10月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2015年10月 1日 20:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「秋の海、ひねもすのたり」です。

次のブログ記事は「ワイナリーサンクゼール」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。