石地海水浴場

2015.08.08


久しぶりに海水浴に行ってきました。
海水浴に行くのは、かれこれ十数年ぶりかもしれません。
行ったのは石地海水浴場。
自宅から車で小一時間程。
もっとも身近な海水浴場で、子供の頃から海で泳ぐのは、ほとんど此処でした。



海で泳ぐ甥っ子

海で泳ぐ甥っ子。
去年まで海を怖がっていたのに、今年は別人のように海を楽しんでいます。



久しぶりに行った石地。
なんだか以前と様子が違います。
夏の最盛期、それも週末なのに、人出が疎ら。
うおぬま屋の記憶では、以前は、ビーチパラソルを立てる場所さえ確保するのが大変だったのに。
レジャーの多様化。
それが原因?



それに拍車をかけていると思われるのが、水の事故防止の安全対策。



沖合のテトラポットは立ち入り禁止になっていました。
石地の特徴である岩場は、かろうじて上がっていいようでしたが、五月蠅い程、注意喚起の放送がされています。
サザエ等の海産物の捕獲禁止も徹底。
以前は、海水浴場内で獲ったものは物位は、大目に見られていたものです。



それよりも何よりも遊泳区域の狭さが致命的。
岸から50m程の所にオレンジ色のブイが在り、そこまでが泳いで良い区域。
岸から50mなんて、ほんの子供だましでしょう。
海の魅力と接っせられるのが石地の魅力だったのに、これではまるで体の良いプールか、池の水遊びのようです。



そして、そこからはみ出そうものなら、矢のような注意放送とライフセイバーのお小言が待っています。
頭の上に、大音響で注意の言葉が流れていては、遊びに行っているのに、なんだか全然楽しくありません。
そう感じるのは、うおぬま屋だけでは無いと思います。



なんだなんだ、どうしちゃったんでしょう石地海水浴場。
そう言えば、数年前、石地で人身事故があったという薄い記憶がよみがえってきました。
そうか!その所為か。



安全を腐心するのは良いのですが、これでは・・・。
日本中に蔓延する過度な安全にたいする考え方。
こんな所にもその影響が色濃く滲んでいました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





ayukake.g@gmail.com

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2318

コメントする

         

2015年8月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2015年8月 8日 21:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏、終わる?」です。

次のブログ記事は「ホテイアオイ増える」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。