荒地で山菜採り

2015.05.03


会社裏の荒地で山菜採り。



木の芽=ミツバアケビの新芽

木の芽=ミツバアケビの新芽が本格的に伸びてきました。
これを食べるのが魚沼人の春のお楽しみ。
独特の食感とほろ苦さが堪りません。

ミツバアケビの花

ミツバアケビの花。
ワインレッドの花びらがとても綺麗な花。
今年は、ことの外沢山花を付けていますが、毎年、ついぞ実が生るのを見た事がありません。
今年は、どうか?



山独活

独活も出ていました。
一食分に丁度良い量が、毎年採れます。



薇

薇。
これは食べられないヤツかな。
もっとも食べられるモノでも薇は処理が難しいので採った事はありません。

姥百合の新芽

姥百合。
これは食べられますが、育ち過ぎ。
年々、株数が増えています。



タラの芽

タラの芽。
中越地震で充分に成長した大きなタラの木は倒れて枯れてしまいましたが、その子供達が育ち、結構沢山採れるようになりました。



今晩は、山菜三昧。
楽しみ、楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2221

コメント(1)

うおぬま屋店長さん

おはようございます!

春の恵み、自然の恵みですね(^^)

天ぷらにしていただいたのかな?

コメントする

         

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2015年5月 3日 17:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アサリのパスタ、アオサ入り」です。

次のブログ記事は「国営越後丘陵公園、チューリップ祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。