怪魚イシナギを食す

2014.12.09


柏崎のフィシャーマンズケープで怪魚イシナギが売られていました。



怪魚イシナギ

体長150cm以上はありそう。
大迫力。
そして少し不気味。



イシナギを、ず~とハタの仲間だと思っていました。
しかし、今回、調べてみたら、スズキの仲間だと分かりました。
ちょっとビックリ。
そうか~、巨大スズキなのか~!
まあ、もっともハタもスズキ科なので、それ程の違いではないのかもしれませんけど。



イシナギの刺身

その身は、こんな感じ。
どうやら複数水揚げがあったようで、さく取りされた物を購入しました。
イシナギ初体験。



食感が鳥のささ身に近い感じでした。
ちょっと魚という感じではありません。
肌理細やかな肉質。
不思議な歯ごたえです。
こんな肉質の魚が居る事に、一寸カルチャーショック。
脂は殆ど無く、とてもあっさり。
しかし、複雑な旨みを持っています。
中々美味しい!!



イシナギは、深海魚。
産卵に浅場にやって来た物を捕えるので、普通、産卵期の夏に水揚げがあるのだそうです。
冬のこの時期に獲れるのは珍しい。
それも複数。
去年あたりから日本海でダイオウイカが沢山姿を見せていて、良くニュースになっていましたが、これもその一環かも。

やはり深海で何かが起こっているのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2075

コメント(1)

こんにちは。
イシナギ1匹5万円ですか。
すごい値段ですね。
切り身でも高かったでしょう。

コメントする

         

2014年12月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年12月 9日 21:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「低温早期警戒情報」です。

次のブログ記事は「お魚祭り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。