屋根のペンキ塗り

2014.11.22


今日は、小春日和のお天気を利して、塗装が剥げチョロになった自然落下式の屋根のペンキ塗り。



自然落下式の屋根とは、屋根をやや急勾配にし、降り積もった雪が、重力で自然に滑り落ちる様になっている屋根の事。
雪が滑り落ちるだけに、屋根が新しい内は良いですが、年季が入ってくると屋根の塗装が要。
錆が浮いてきたら、数年に一度、ペンキを塗ってやらなければなりません。



何の拠り所も無い、急勾配の屋根の上での作業は、かなりの重労働でした。
平衡に体を保つだけでも、かなりの筋力を使います。
なにせ普段は運動不足。
基礎体力の無さが祟ります。
加えて、命綱を着けてはいても、落ちたら一巻の終わりという慄きに耐えるのも、中々です。



2時間弱の作業で、もう、おもいっきりヘロヘロ。
足が、俗に言う生まれたての小鹿状態。
地面に下りても、雲を踏むようになんだかフワフワしとります。

こりゃ明日は久しぶりに筋肉痛確定です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/2056

コメントする

         

2014年11月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年11月22日 18:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「メゾン・ド・シェフのスイーツ」です。

次のブログ記事は「メゾン・ド・シェフのスイーツ2」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。