ついに、やっとかつぼ屋

2014.09.17


三条市に、美味しい苺大福が有るという情報を、かなり前に教えてもらっていました。
しかし、これが中々買いに行くタイミングが合わず、数年に渡って、おあずけを喰らっていました。



それがやっと・・・。

三条市、かつぼ屋さんのマスカット大福と若桃大福

三条市、かつぼ屋さんのマスカット大福と若桃大福。

白玉生地の大福の中に、マスカットと仕事をしてある若桃が入っています。



長男が、駄目元で行って買ってきました。
さすがにこの時期、苺の時期ではないので、苺大福は無かったようですが、その代わりのマスカットと若桃の大福をゲット。
夏は水羊羹が美味しいという情報を仕入れていた長男は、水羊羹が目的だったらしいのですが、それは売り切れだったそうです。
やっぱり噂通り、かなりの人気店のようです。



さて、その味は、というと、


メチャメチャ美味しかった~!!!!


実は、うおぬま屋は、苺大福等、フルーツの入った大福を、今まで美味しいと思ったことがありませんでした。
ところが、かつぼ屋さんのフルーツ大福は美味しかった。
目から鱗の美味しさ。
フルーツの甘さと餡の甘さのバランスが絶妙。
どちらが従でも、どちらが主でもなく、過不足なく、両方とも美味い。
白玉の生地も、フルーツの香りを優しく包んで鮮やかな香りの花を咲かせてくれます。

こりゃ凄い!、です。



ますます苺大福が食べたくなりました。
季節や種類によって違う苺の味を、大福とどう融合させるのだろう。
きっと作り手は、フルーツが大好きに違いありません。
まだお会いした事が無いですが、和のパテシエの技に、なんだかワクワク。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1990

コメントする

         

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年9月17日 17:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「夏の名残」です。

次のブログ記事は「弥彦、奥の宮から金と銀」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。