2014.09.15


覚せい剤に溺れ、愛人と暮らす歌手が歌う愛の歌を、どう聞けば良いのだろう?
彼は、嘘を美辞麗句で飾り立て、歌にしていたのだろうか?



以前から、芸術家と言われる人達の破天荒な私生活と作品のギャップについて、疑問に思っていました。



若い頃は、芸術作品とは、裸の作者がそこに立っていて、その作者の素晴らしさが感動を呼ぶのだと、無邪気に信じていました。
しかし、それはどうやら違うらしい・・・。



鬼灯、花言葉は嘘

ギャップを素直に考えれば、彼らは作品で嘘をついている、という事になりそうです。

前述したように、嘘を美辞麗句で飾り立て、それを作品と称している、という事に。

芸術家とは、嘘を上手につく人達。

著名な芸術家程、嘘が上手いという事になりそうです。

でも、そうは思いたくなかった。



しかし、今回の事件に限らず、どうやら間違いなさそう・・・。

残念ですが。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1988

コメントする

         

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年9月15日 21:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鷹の渡り観察会」です。

次のブログ記事は「夏の名残」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。