2014.09.08


栃の実を拾ってきました。



栃の実

栗に似た大きな実。
艶やかで、栗の実より綺麗です。
栗と違って渋みが強く、灰汁抜きをしなければ食べられませんが、そのお陰で栃の実には虫が入らないようです。
野生の栗の実は、略100%、虫が入っているので、栃の実の渋は効果てき面のようです。



それにしても、どうしてこんなに大きな胚乳が必要なんだろう?
野生の栗は、これほど大きくはならないので、この辺りでは、栃の実の大きさは、種としてはダントツです。
まあ、栄養が豊富なのは、生き残りに有利なのは有利でしょうけど・・・。
栃の木独特の事情でも有るのかな?





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1981

コメントする

         

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年9月 8日 19:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「昇り始めた13夜月」です。

次のブログ記事は「片貝花火の日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。