自家製ずんだ白玉

2014.09.06


「ずんだ白玉が食べたい!」
甥っ子のリクエストです。



ずんだ白玉

ずんだ白玉。
言いだしっぺの甥っ子と長男が作りました。

枝豆の薄皮を剥くのは大変だったそうですが、擂り潰しは、文明の利器フードプロフェッサーを使ったので、楽々。
割と簡単に出来たようです。



丁度、未熟気味の枝豆が手に入ったので薫り高く出来上がりました。
素材そのもの、混じりっけ無しの美味しさ。
保存性や運搬性を考えなくても良いと言う事は、いかに味わいにとって大きいか、改めて認識です。

超、美味しい!



甥っ子、来年の夏休みの自由研究は、枝豆の種類による、ずんだの味の違いを調べる、にするのだそうです。
その心は、
「そうすれば、毎日、ずんだを作って食べられるから。」
だそうです。





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1979

コメントする

         

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年9月 6日 20:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「甥っ子の自由研究」です。

次のブログ記事は「昇り始めた13夜月」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。