2014.09.02


身の回りに榎が無い事を、子供の頃から残念に思っていました。
「無いならば、自分で育てれば良い。」
と、そんな当たり前の事を、50を過ぎてから気が付きました。



大榎の実

で、行塚の大榎の周りに落ちていた実を拾ってきました。
もうちょっと乾燥させてから、果肉を取って撒いてみようと思います。



しかし、この種が芽を出し、一人前の木になるまで、何年かかるやら。
その後、この辺りでは見掛けないオオムラサキがやって来て、定着するまでに、どのくらいの時間がかかるのだろうか。

うおぬま屋が生きている内は、難しいかな。



まあ、でも木を植えるとは、そういう事なのでしょう。

(もうちょっと早く、子供の頃に気が付けば良かった・・・、と、ちょっと後悔)




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1975

コメント(2)

こんにちは。
木を種から育てるとは、すごいですね。
我が家は、苗から育てた野菜も上手く行きません。
順調に育つようお祈り申し上げます。(^^ )

コメントする

         

2014年9月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年9月 2日 21:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「1時過ぎの500円寿司ランチ」です。

次のブログ記事は「教育改革」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。