甥っ子の誕生日は、お寿司で

2014.08.24


甥っ子のお誕生日。
今年は、お祭りと重なりました。



甥っ子に、お誕生日に何が食べたい?と聞くと、
「お寿司!!」「おすし屋さんごっこがしたい」
との事。



「ジージとバーバのお世話が有るからな~、ちょっと難しいかも。」と言うと
「違うよ、僕がお寿司屋さんになって、みんなにお寿司を握って食べさせるんだよ。」



そうか~、そうだよね。
目から鱗です。
うおぬま屋には、お誕生日は、何かをしてもらう日、という固定観念がありました。
甥っ子の言う通り。
してもらうよりしてあげる方が、本来のお誕生日のあり方かもしれません。
反省、反省。
甥っ子に教えられました。



甥っ子の作ったお寿司。(初挑戦)

甥っ子作のお寿司。

最初こそ、やり方が分からず、手のひらをご飯粒だらけにしていましたが、コツが分かると、あっという間に上達です。
ちゃんとお寿司の形になっています。
初挑戦にしては上出来。



握り加減が弱いので、上手に摘まないと形が崩れてしまいます。
が、そこが素人寿司の良いところ。
空気をタップリ含んだ酢飯が、口の中でホロホロと広がり、上質な味わいになっています。

味も形も◎。

美味しいぞ、甥っ子!!





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1966

コメント(2)

こんにちは。
なんて美味しそうなお寿司でしょう。
お寿司屋さん、商売あがったりですね。(^^ )

コメントする

         

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年8月24日 14:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小千谷祭り 遠花火」です。

次のブログ記事は「そろそろジャコウアゲハも」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。