新しいマリンピア日本海

2014.08.20


忙しい弟の名代で、甥っ子を新潟市の水族館「マリンピア日本海」に連れて行ってきました。
病院のついででしたが、診察が意外と早く終わり、時間が多めに取れたのでラッキーでした。



うおぬま屋は、生き物好き。
中でも水生生物が一番の大好物。
しかし、水族館に来たのは、かれこれ20年近く前。
随分、ご無沙汰です。
マリンピアは、去年リニューアルオープン。
どう変わったのか、甥っ子よりも楽しみだったりします。



イルカのジャンプ

豪快なイルカのジャンプ。
夏の水族館のメインイベント。



エイのシルエット

ドーム型の大水槽。
エイを下から撮ってみました。



キヌバリ

キヌバリ。
新潟の海水浴場等でも、お馴染みの魚。
この夏、彼らに出会った人も多いのではないだろうか。

新しい、マリンピアは、コンセプトの新潟の水景が、強化されていました。
今、流行りの行動展示も有り、生き物達の魅力をなんとか伝えたいという意識が感じられます。
しかし・・・、



どうも、それが、イマイチ中途半端な気が・・・。
彼らは、もっと魅力的。
その魅力を充分に引き出しているとは言えないような気もします。
うおぬま屋が、水生生物好き過ぎるからかもしれません。
けど、もっと違うやり方が有るのではないだろうか。



でも、もちろん、充分以上に楽しい。
一日中居たいと思ったりもします。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1962

コメントする

         

2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年8月20日 22:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エボラ、ハーメルンの笛」です。

次のブログ記事は「マリンピア日本海の魚達 珊瑚の色が」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。