2014年7月アーカイブ

2014.07.31


今日の最高気温は34℃。
準猛暑日。
沖縄に在る台風12号の影響と思われます。



山百合です。

13輪も花を付けた山百合

この山百合、数えてみたら、蕾を入れると一株に13輪花が付いていました。
かなりビックリ。
野生の山百合は、大概一輪か二輪、多くて数輪、花を付けた物しか見た事がありませんでした。



ここは、地区の人が野生の百合を大事にしている地域。
山百合も、丹精すれば、こんなに沢山の花を付けるのだと知りました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.30


車庫にお住まいのツバメのご家族。
今朝、2度目のヒナ達が、無事巣立ちました。



巣立ち前のツバメのヒナ

昨日、巣立ち直前のヒナ。
なんて可愛い顔をしているんでしょう。
やんちゃそうな顔。
この時、もう直ぐ巣立ちだと分かりました。



巣立ちを促す親ツバメ

巣立ちを促す両親ツバメ。



もうこれでお別れ。
いや、例年だと、もう1~2度戻って来てくれるはずです。



そんな事を思っていたら、早くもお昼に戻ってきていました。

「おい、おい、いくらなんでも戻って来るの、早過ぎだろう。」

出戻りコツバメ

あら?
でも戻って来たのは四羽。
巣立った時は、5兄弟だったはず・・・。



夕方、戻ると、ヒナ達は、みんな居なくなっていました。
巣立った直後が、ヒナ達にとって最も危険な時。
無事を祈るしかありません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.29


今朝の最低気温は、16℃でした。
真夏に16℃!
肌寒いを通り越して、完全に寒かったです。
そして日中の最高気温は、31℃。
暑かった~。
凄い気温差です。



川口祭りの花火

先週、週末の花火。
会社の在る川口町の祭りの花火です。



出掛ける事、能わずなので、遠花火。
しかも三脚無しの手持ち撮影と言う無茶を実行しました。
それでも写ったので、ビックリ。



今週末は、長岡花火。
この時期は、週末毎に花火大会が有ります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.27


今日、漸く、北陸・東北が梅雨明け宣言されました。
例年より4日遅く、去年より10日早いのだそうです。



葛の葉を食べるクチブトゾウムシ

葛の葉に、ゾウムシ発見。
まるで装甲板を纏っているようです。
古代生物とか、SFに出てきそうな出で立ちです。
カッコイイ!!
でも、体型はゾウムシなんですが、鼻が無いゾ。



魚沼は、まだ梅雨が明けていなかった事を、すっかり忘れていました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.27


今日は、なんだか涼しいを通り越して、半袖では肌寒かった。
最高気温は25℃。
昨日は猛暑日で、35℃だったので、祐に10℃の気温差があります。



色付き始めたブラックベリー

ブラックベリーが色付いてきました。
もう一寸熟してから食べよう思います。



寒冷前線が涼しい空気を連れて来たのだと、天気予報が言っていました。
それにしても極端。
やっぱり、去年同様、涼しい夏になりそうな予感がします。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.26


ちょっと早起きして、日中の暑い時間を避け、涼しい内に外仕事。
除草剤を撒きました。



夏の朝日

今朝の日の出。
昨日の朝は、雨降りでしたが、今日は朝から快晴。
他の地方の猛暑が、いよいよ魚沼にもやって来そうです。
夏が始まりました。



しかし、日の出の時間は、5時。
夏至からひと月経ち、着実に日が短くなっています。



新潟の場合、暑さの始まりが夏終盤なのが、ちと寂しい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.25


帰省していた長男を伴って隣町まで、お気に入りのパン屋さんへ、パンの買出しです。



杣道

例によって、態と遠回りして、限界集落と限界集落をつなぐ杣道をドライブ。
我家の場合、自然鑑賞が持て成しだったりします。



夏草の中にひっそりと佇む道祖神

夏草の中にひっそりと佇む道祖神。
いつから、どうして、この杣道に立っているのか、一切不明の道祖神です。
どうやら来年あたり、名実共にジジイになるらしいので一寸お参り。



高橋パン

到着、高橋パン。
真っ直ぐ来れば、20分程ですが、山道廻りだと小一時間以上掛かります。



美味しそうなパン達

美味しそうなパンを購入。
しかし態々来ても、そんなに沢山購入する訳でもありません。



帰りも山道廻り。

峠道から見る棚田

峠道から見る棚田。



後2週間もすると、里山と言えど、この道周辺は、秋の七草が咲き始めます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.24


日中、じわじわと蒸し暑くなってきましたが、まだまだ朝晩涼しい魚沼。
去年同様、あまり暑くならない夏の予感がします。



今年も会社の街灯に夏のお客様がいらっしゃいました。



ノコギリクワガタ

ノコギリクワガタ。
なんだか少し元気が無かったので、バナナをご馳走して歓待です。



しばらく御逗留願おうと思います。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.23


車庫にお住まいのツバメのご家族。
ヒナ達が、順調に育っています。



巣から顔を見せている末っ子のツバメの雛

顔を見せているのは、おそらく末っ子。
他の兄弟達は、既に産毛が黒い羽毛に生え変わっていますが、この子は丁度生え変わりの最中です。



ヒナ達、元気元気。
通常、目がしっかり見えるようになると、音や光に反応しなくなるのですが、この子達は、未だにストロボの光に反応して、おねだりポーズを見せてくれます。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.22


NHKラジオの夏休み子供電話科学相談が始まりました。
夏の密かなお楽しみ。
仕事をしながら、出来るだけ聞くようにしています。



ハグロトンボのメスかな?

自宅裏の空き地にハグロトンボと思しきトンボが居ました。
彼女らが現れると、夏も本番です。
会社周辺には、綺麗な川が近いので、毎年飛んで来ますが、自宅周辺では、今まであまり見掛けませんでした。
今年は、どうしたんだろう?



夏休み子供電話科学相談初日から、尊敬する矢島先生のお声を聞けて、とても幸せ。
以前のように、毎日出演してくださる訳ではないので、お出でになられた時は貴重。
聞き逃さないようにしなければなりません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.21


地物の舌平目が売っていたので購入しました。



クロウシノシタ

標準和名は、クロウシノシタ。
でも、舌平目の方が通りが良いようですし、美味しそうでもあったりします。
場所によっては、高級魚らしいですが、この辺りでは、あまり需要が無いので、とっても廉価です。
なんともありがたい。



舌平目の顔

見れば見るほど変な顔。
でも、これが彼らの生活に、ピッタリな形状なのでしょう。
どんな秘密の能力が有るのか、想像するとワクワクします。



舌平目のムニエル

小麦粉を振ってムニエルに。
舌平目は、やっぱりムニエルが一番美味しいような気がします。
舌平目の香りに、バターや小麦の焦げた匂いが良く合います。
レモンの酸味も欠かせません。
欧米の方は、魚料理をあまり好まなくても、舌平目だけは好きだ、という話を聞いた事があります。
大いに納得。



もっとも、和風の調理法、煮付け等を、まだやった事が無いので、なんとも言えませんけど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.20


帰省した長男とお昼ご飯を食べに、久しぶりに「焼肉の小千谷」へ行って来ました。



焼肉の小千谷は、長男が大のお気に入りの焼肉店。
帰省する度に、何が食べたいか聞くと、「焼肉の小千谷!」と答えるのが常でした。



焼肉の小千谷秘伝の自家製タレ

焼肉の小千谷秘伝の自家製タレ。
このタレが、長男お気に入りの素。

しばらく来店しないうちに、先代が亡くなられたそうで、少しだけ味が変わっていましたが、美味しさに変わり無しです。



焼き網の上で焼肉を焼くの図

今日は、暑さが復活したので、スタミナ補充に焼肉がピッタリ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.19


今日も雨模様。
雨の日が続きます。
でもこの雨は、梅雨前線による雨ではなく、寒気の南下による雨なのだそうです。
お陰で今日の最高気温は、23℃。
涼しいを通り越して、半袖では寒いくらいです。



小さい、小さい野苺の双葉

我が家の野苺から種を採り、新たに種を撒いた鉢から芽が出ました。
芥子粒より小さな種から出た双葉だけに、まあ、なんと小さい芽なんでしょう。



もう一寸育てて苗にして、今年こそ庭に植えたいと思っています。
しかし、ある程度育つと、あんまり可愛いので、人にあげたくなるので困ります。
耐えられるか心配。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.18


今日も雨。
時折、強く降ってきます。
最高気温は、25℃。
涼しいです。
湿度が高く、多分100%に近かったのだろうと思います。



紫陽花

やっぱり雨には、紫陽花が良く似合。



こんな雨の日、珍しいお客様が・・・、



窓ガラスの上を這うコウガイビル

コウガイビル。



あんまり久しぶりに見たので、即座に名前が思い出だせませんでした。
以前見たのは、子供の頃だったかもしれません。
窓ガラスの上を這っていました。
コヤツが窓ガラスの上を這えると言うことは、湿度がかなり高い証拠。
今年は、やけにカタツムリが多いので、それを食べに出て来たのかな。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.17


昨日よりは気温が上がりましたが、このところ比較的涼しい日が続いています。
昨日の最高気温は26℃。
今日は28℃でした。



咲き始めた芙蓉

芙蓉が咲き始めました。
まだ一匹だけでしたが、アブラゼミの鳴き声も聞きました。



梅雨前線が消失したそうなので、そろそろ梅雨が明けるのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.16


車庫にお住まいのツバメのご家族。
先日、今期二度目の雛が孵ったようでしたが、今日、早くも雛達の顔を拝めました。



まだ目も見えず、音と光に反応して、大きく口を開けておねだりしているツバメの雛

なんとも元気な雛達。
4羽まで確認。
おそらく定員の5羽居そう。
まだ目も見えず、音と光に反応して、大きく口を開けておねだりしています。
今回の子供達は、ことの他元気が良いようです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.15


た~くさんキュウリをいただきました。



下っぷくれのキュウリ

この下っ膨れのキュウリが美味しい。
畑から直。
これ以上の新鮮さはありません。



生で丸かじりが基本で、一番美味しいと思いますが、沢山あると悪戯がしたくなります。



表と裏に細かく切れ目を入れて、蛇腹キュウリにしてみました。

蛇腹キュウリ

新鮮なキュウリがグンニャグニャ。



中華風に味付けした蛇腹キュウリ

さらに醤油とごま油で中華風に味付けしました。
味の含みが良いので、さっと味付けがいいようです。
キリッと冷やしていただきます。
蛇腹キュウリ独特の食感が良い感じです。



旬のキュウリに下手な味付けは、ちょっともったいないですが、良いんです、沢山ありますから。
色々出来て、キュウリ三昧。

なんて贅沢なんでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.14


ジャコウアゲハを撮影出来ました。



飛ぶジャコウアゲハ

この場所は、毎年、ジャコウアゲハが発生する場所。
しかし、ジャコウアゲハは、ある時、突然、姿を消す性質があるそうなので、毎年その発生具合が気になります。



ジャコウアゲハの雌

今日は、何故か、飛んでいるのは雌ばかり。
年、数回発生するそうなので、丁度雌ばかりが居る時期だったのでしょう。



妖艶なジャコウアゲハのメス

中々、妖艶なご婦人。



つめ草の花に止まるジャコウアゲハのメス

いつも通る道ですが、撮影する機会は案外少ない。
いつも横目で見ながら通り過ぎていました。
もう一度位発生があると思うので、次は雄を狙います。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.12


インスタントのフォーをスーパーで見付け、購入です。



インスタントのフォー

原産国はベトナム。
インスタント麺は、日本が元祖なのですから、逆輸入品?



インスタントのフォー、出来上がり

熱いお湯を注いで、4分で出来上がり。



驚く事に、ちゃんとコリアンダーの香りがします。
添えられたカヤクにもコリアンダーの葉が入っていますが、この強い香りの元は、同じく添えられていた香味油が元だと思います。
いい香り。
ツボを抑えているな~。



懸念された日本製のカップ麺の悪い所、「旨み成分の濃過ぎ」は、継承されていませんでした。
でも、日本向けに作られた製品なので、その芽は有るようです。
が、まあこの程度なら・・・。
是非、変なところは真似しないでもらいたいです。



部屋中が、パクチーの香りで一気にエスニック。
ただ、食べ慣れない甥っ子は、「臭い!」と言っておりましたけど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.12


先日訪れた郡殿の池
ビックリする位、沢山のトンボが居ました。



モノサシトンボ?

モノサシトンボ?

もう、それこそ、10cm間隔位で、トンボが草に止まっています。



キイトトンボ

キイトトンボ。
これは分かりやすいので分かります。



アキアカネ?

アキアカネ?
翅が陽光を反射して、綺麗でした。



サナエトンボ。何サナエなんだろう?

詳しくないので、「サナエトンボかな?」位しか分かりません。
何サナエかな?



余程トンボの成育に適した環境なのだと思います。
そのお陰で、この時期、野外撮影に漏れなく付いてくる、吸血昆虫の攻撃に、全く合いませんでした。
多分、トンボが食べてくれているのだと思います。
とっても清浄な環境。
おそらく、これは、人が手を入れている事と、無縁では無いような気がします。



時間が有れば、お弁当でも持って、じっくり一日、トンボ三昧してみたくなりました。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.11


苗代苺の実が熟しました。



緑の中の苗代イチゴの実

小ぬか雨に濡れ、緑に映えていました。



手のひらに乗せた苗代イチゴの実

苗代イチゴの実、本当に綺麗だと思います。
宝石の様。
これで、もうちょっと甘いと最高なのですが。



今日、夕方、カナカナゼミが鳴きました。
この夏、初カナカナ。
毎年、カナカナの初鳴きと、苗代苺の熟す時期、だいたい一緒。

夏が始まります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.10


車庫にお住まいのツバメのご夫婦。
台風情報に気を取られていたら、今期二度目の雛が、お誕生になっていたかもしれません。



巣から顔を覗かすツバメの親鳥

親鳥の様子が、どうも孵化した感じのような気がします。
前回のように、巣の下に卵の殻が落ちていれば間違い無しなのですが、今回は落ちていません。
まあ、産卵から数えると、そろそろのはずなので間違いないでしょう。



台風8号は、どうやら太平洋側を通るようです。
再接近は、明日、朝から午前中にかけて。



どの位近付くのかが気になります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.09


昨夜、断続的に降り続いた雨。
雷が鳴り続け、結構強い雨でした。



その雨も、朝には弱まり、お昼頃には晴れました。

お昼には晴れました

台風8号の前哨戦、まずまず。
これ位で済むのなら、良しでしょう。



そう思って安心していたら、雨雲は、無くなった訳ではなく、少しだけ北に移動しただけでした。
その所為で、下越や佐渡では、日中、相当の雨が降ったらしい。
佐渡は、50年に一度の雨だったとか
山を挟んで、隣の地区には、避難勧告も出たようです。
距離にして20km足らずなのに、あまりの違いにビックリです。



さすがに夕方には、避難勧告等は、徐々に解除の方向でした。
しかし、それを告げるラジオの音声に、間断無く雷の雑音が入ります。

不気味です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.08


強力で大型の台風8号が沖縄を通過中。



魚沼は、沖縄に台風が在る時いつも、フェーン現象で気温が上がります。
今日もその例に漏れず、最高気温は33℃まで上がりました。
日中は、強い日差しが照り付けていました。



台風の予想進路。
昨日は、日本海上を陸地に沿って進む感じでしたが、今さっき確かめてみたら、日本列島を縦断する可能性が高そうに変更されていました。



おまけに、台風本体が来る前に、前哨戦で梅雨前線による雨もかなり降るらしい・・・。
こちらでも、20時頃から、時折、大粒の雨が落ちてくるようになりました。



この分だと、今回は被害を免れないかもしれないか。
とりあえず、今、台風が通過中の沖縄が心配。
被害が出来るだけ小さい事を祈ります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.07


郡殿の池へ。



郡殿の池

郡殿の池は、市指定記念物・県指定自然環境保全地域。
周囲400m程の小さな山上の湖沼。
竜神伝説のある社が在り、それによって環境が大事に守られてきた場所です。



自宅からは、数キロ。
車を使えば、20分と掛かりません。
なのに、訪れたのは、小学校の遠足以来。
40年以上、来ていませんでした。
うおぬま屋は、もうとっくに池が姿を消し、草原にでもなっているのではないだろうかと思っていました。
いまだに水面が在ることに、驚きながら、ちょっと感動です。



普通、湖沼の寿命は、意外と短く、流れ込む土砂や植物の活動によって、早ければ数年で姿を消す場合も良くあります。
湖沼が長い間、その姿を留めているのは、かなり珍しい事。
だから、うおぬま屋は、とっくに郡殿の池は消滅していると思い込み、長く訪れずに居たのでした。



郡殿の池の浮島

郡殿の池の浮島。

画像の草の生えた場所は、地面ではなく、枯れた植物の堆積した浮島です。
郡殿の池は、高層湿原になるのかな?



山上に在り、当然、流れ込む川は無く、池を維持する水は、湧き水なのだと思います。
しかし、辺りに湧き水を作るような峰は無く、この水がどうやって維持されているのか、ちょっと不思議です。
まあ、だから竜神伝説が出来たのでしょう。



菱が生えていました

菱が密生してる場所もありました。
ここは、平地の湿地のようです。
標高の低い里山の山上湖沼だからでしょう。
湧き水の量も、豊富という程ではないのが、これからも分かります。



今回、池の周りを歩いてみると、神社周辺の草は刈られ、池底の泥を上げてある所が何箇所かありました。
郡殿の池が長くその姿を維持しているのは、竜神伝説により、人が手入れしてきた歴史によるところも大きいのかもしれません。。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.06


ビーフシチューの後は、ちょっと余計目に作ったソースを使って、例によってハッシュドビーフを作ります。



ハッシュドビーフ

玉ねぎと薄切りの牛肉を加え、軽く煮込んで、出来上がり。
市販のハヤシライスには無い、深いコクが自慢です。



ビーフシチューを食べた、翌日のお楽しみ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.05


ニィニィゼミが鳴き始めました。



入道雲

入道雲が立ち上がり、あの下は雨が降っているようです。



梅雨はこれからが本番ですが、既に夏が始まったような気がします。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2014.07.04


車の入れ替えの時期になってしまいました。



廃車にする営業車

走行距離約24万キロ。
まだまだエンジンには、何の問題もありませんが、いつもの様に足回り等、他の箇所の寿命が来てしまいました。
もったいないな~、と思いつつ、経済的には、修理するより買い替えの方が得になってしまうので、残念ですが致し方ありません。

使い方が荒い割りに、大きな故障もせず、良く頑張ってくれました。

今日でお役御免。

ご苦労様でした。

感謝。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.03


妙見神社の参道階段に、何やら長い者が。



ヘビの子、シマヘビの子供かな?

ヘビの子。
シマヘビの子供かな?



近付いても逃げないので、最初、死んでいるのかと思いました。
でも、ちゃんと呼吸していたので、どうやらお昼寝中のようです。



しばらく側にしゃがんで見ていましたが、全く気付く気配なし。
呆れたのんびり者です。
人間だから良かったものの、天敵だったら、彼の一生は、ここで終わっています。



そこで、彼の直ぐ脇で、ドーンと足踏み。
たたき起こして進ぜる事に。
すると、さすがにビックリしたらしく、文字通り飛び起き、一瞬、ひっくり返った上、直ぐに逃げず、パニクッて右往左往。
こりゃ完全に寝ぼけてます。
あらら・・・。



可愛そうですが、これでは、野性の世界で長生きは出来ないでしょう。
それとも、ヘビってこういうのんびりしたところがあるのかな?



さてさて、これに懲りてくれれば良いのですが。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.02


先日、見付けた、モミジイチゴ
その種を採取するべく、やっと再び訪れる事が出来ました。
場所は、妙見神社参道。



実が終わってしまったモミジイチゴ

あら~・・・、既に実が一つも生っていませんでした。
そうだよな~、もう七月だものな~。
忙しさに紛れ、適期の6月を、やり過ごしてしまいました。
モミジイチゴを庭に植える計画、来年まで頓挫か・・・。



しかし、なんとも諦めきれず、悪の囁きに負けたうおぬま屋は、ちょうど足元に生えていたモミジイチゴの一年目の幼木を、一本、引っこ抜いて持って来ちゃいました。



いけない事とは、知りつつも・・・。
妙見神社の神様、引っこ抜く時に、タップリ棘で手を刺し、もう既に罰を受けているので、許してたもれ。



移植ゴテを持って行ったのではなく、強引に引っこ抜いたので、ちゃんと育つかどうか、かなり疑問です。
が、そこは野生の植物、まぁ、大丈夫でしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014.07.01


既に閉店してしまった栗の花レストラン。

栗の花で吸蜜中のニホンミツバチ

営業中は、ミツバチが盛んに訪れていました。



多分、ニホンミツバチ。
養蜂のミツバチではないと思われます。
と、言う事は、近くに巣が在るはず。



小学生の頃、悪ガキ仲間と一緒に、花に来たミツバチを追跡、巣を発見した事があります。
その時巣は、生きた杉の木の洞の中に在り、子供に、どうにか出来るような代物ではありませんでした。
しかし、天然の蜂蜜の誘惑に諦めきれず、そこらへんに落ちていた枯れ枝を、巣の入り口に突っ込んで、怒ったミツバチに耳の中をしこたま刺された、文字通り痛い思い出があります。



また、巣を見付けてみたい。
捜索範囲は、せいぜい数百メートルでしょう。
それに、小学生の頃よりは、少しは利口になっているはず。
とは言え、既に、林の中を飛ぶ、小さなミツバチを追跡出来る視力は無い。
いやいや、信州のスズメバチ狩りに習って、目印を付ければ可能か?



等と、ミツバチの写真を見ながら、妄想。
悦に入っております。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2014年8月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年6月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。