初物のユウゴウ(夕顔)でお持て成し

2014.06.29


東京から、妹家族が父母のお見舞いに来ました。



今年の初物のゆうごう(夕顔)

これは、今年初物のゆうごう(夕顔)。
魚沼では、夕顔をゆうごうと言います。



ゆうごう汁

そして、お昼ごはんは、初物のゆうごう(夕顔)でトン汁、ゆうごう汁でお持て成し。
魚沼の出身者は、夏にゆうごう(夕顔)を食べるのを楽しみにしていますから。



魚沼では普通、ゆうごう汁は、塩鯨で作った鯨汁が定番。
でも家は、以前から豚肉でトン汁でした。
塩鯨は、クセが有りますし、今となっては高級品。
豚肉の方が、食べ易いですし、お手頃です。



鯵のたたき

旬の鯵のタタキも。
これまた旬の大葉を、これでもかって位乗せました。
国産のレモン醤油でいただきます。



鯵も今が旬。
梅雨鯵です。
残念ながら県産が手に入らなかったので、千葉産を購入。
太平洋側産だと旬も終わり掛け。
でも、卵を持っていたものの、まだ未成熟。
ギリギリセーフでした。



鯵は、脂ノリノリ。
夕顔は、甘く柔らか。

初夏の鯵、いや味、旨し。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1910

コメント(2)

こんにちは。
夕顔のとん汁、美味しそうです。
夏の風物詩ですね(^^ )

コメントする

         

2014年7月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年6月29日 15:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ビーフシチュー、煮込み中」です。

次のブログ記事は「ビーフシチューでお持て成し」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。