少し早めの誕生

2014.05.11


車庫にお住まいのツバメのご夫婦に、どうやらお子様が誕生されたようです。



ツバメの卵の殻

今朝、卵の殻が巣の下に落ちていました。

雛は、おそらく小指の先にも満たない大きさ。
一度、生まれたての雛を見てみたいな~。
しかし、それは出来ぬ事。
約10日後、雛が顔を見せ手くれるまで、辛抱しなければなりません。



例年だと5月中旬から下旬に雛が孵る事が多い我が家の燕さん。
今年は、少し早めの誕生です。
去年は25日に産卵と、極端に遅く、寒い春だったのが思い出されます。



生き物達の動きがどんどん加速しています。
暖かな春。
穏やかな春なのだと実感。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1861

コメント(2)

こんにちは。
ツバメの雛さん、順調に育ってくれると良いですね。
(^^ )

コメントする

         

2014年5月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2014年5月11日 17:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山本山の菜の花畑再訪」です。

次のブログ記事は「裏の空き地の面白さ(ウスバシロチョウとマムシグサ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。