セイタカアワダチ草と鼻水

2013.10.04


セイタカアワダチ草が咲き始めました。



咲き始めたセイタカアワダチ草

あれ?セイタカアワダチ草って、もう一寸遅い時期だったような気がします。
どうだったかな~?



毎年、セイタカアワダチ草が咲くと、アレルギー性鼻炎が悪化します。
セイタカアワダチ草は、風媒花ではないので、彼等には何の罪も無いのですが、目立つので、鼻炎=セイタカアワダチ草となってしまいます。
実際、ほんの最近まで、セイタカアワダチ草が原因と言われていました。
しかし、真犯人は他に居て、全くの濡れ衣らしいです。



申し訳ないと思いながら、この黄色い花を、どうも好きになれません。
どうしても最初の印象に引きずられてしまいます。

修行が足りないな~。



汲めども尽きぬ泉の如く、さして大きくも無い鼻の穴から、びっくりするくらいの量の鼻水が垂れてきます。
鼻から水分が抜けて、ミイラになったりして。

まいった。




お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1642

コメントする

         

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2013年10月 5日 15:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八珍柿豊作、美濃柿無し」です。

次のブログ記事は「大桃商店の開高めし弁当再び」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。