甥っ子の1/2成人式2 子供達の将来の夢について

2013.10.12

昨日からの続き

違うでしょう、違うと思います。

就きたい職業は、大人になったら叶うべき将来の展望であって、夢とは別のものだと思います。
夢とは、もっと膨らみのあるものでなければなりません。
小学生なんだから、抽象的な方が良いのではないでしょうか。
子供達は、全員が、それだけ大きな可能性を、大きな伸びしろを持っているのですから。



だいたい、そもそも、どの職業に就くか等と言う事は、あまり重要な事ではないでしょうに。

職業は絵筆。
その絵筆で、世の中というキャンパスに、どんな絵を書くかが、本当は大切。
就いた職業で、何を成したかが重要です。
まあ、自分の好きな仕事に就ければ、それに越した事はありませんが。
そんな事、大人は、当然、知っている事なのに、どうして子供達にその事を教えてあげないのでしょう?

どうも、いつもそれが不満。



おそらくこの「不可解な夢問題」が、今の日本の教育問題の根っこの一つなんだと思います。
どうにかならないかな~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1650

コメント(4)

先日はありがとうございました。
夢のお話。はっとさせられました。
涙がこぼれました。
息子のとき仕事で間に合わず、
可哀想な思いをさせてしまったこと。
子供たちの将来のこと。いろいろ
頭に浮かびました。
何を成したか!頑張らなくては!

こんにちは。
難しいですね。
夢。
まだ10才、遊んでいるときが一番幸せな年代ですね。
先は、まだまだ長いですね。

コメントする

         

2013年10月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2013年10月12日 13:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「甥っ子の1/2成人式」です。

次のブログ記事は「八珍、初採り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。