2013.08.08


毎年、夏に楽しみにしているラジオ夏休み子供科電話相談。
仕事をしながらですから、じっくり聞けないのが不満ですが、大人なんですから、致し方ありません。



先日、
「どうして動物に白目が無いのですか?」
という質問がありました。

確かに、普段、白目が見えている動物は、人間だけです。



白目の役割は、何処を見ているのか、他人にに分かりやすくする為だそうです。
改めて考えてみると、普段、黒目の位置で敏感に相手の視線を察知しています。
かなり遠くに離れていても、なんとなく視線を感じる事は良くある事。

そして、敏感に視線を察知する事で、どうやらそれがコミュニケーションに、大変重要な役割を果たしているらしいです。



昨日観た科学番組では、視線のコントロールを使った自閉症の治療が、効果をあげていると紹介されていました。

ちょっとビックリです。



逆に他の動物達は、何処を見ているのか、相手に悟らせない方が、生き残りに有利であるそうで、その為、白目が見えない様になっているとの事でした。



視線の重要性故に、電話やメールでは無く、直接会ってお話しする事が大事なのかもしれません。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1582

コメントする

         

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2013年8月 8日 23:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「立秋に萩」です。

次のブログ記事は「来た、猛暑日」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。