チョウゲンボウの飛翔

2012.06.25


母の退院に向けての介護の講習の帰り道。
信濃川河畔でチョウゲンボウが飛んでいました。



チョウゲンボウの飛翔

200mmのレンズの手に負える距離ではありませんが、もしかしたら間違ってこちらに飛んで来るかもしれません。
それを期待して撮影です。



チョウゲンボウは、ハヤブサの仲間。
大きさは鳩程で、割りと人里近くで生活しています。
この時期、おそらく子育ての真っ最中。
この辺りだと巣は、近くの橋の橋脚あたりかな。



チョウゲンボウとセキレイ

セキレイがけん制していました。
セキレイも子育ての最中なのでしょう。
必死の抗議でした。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1165

コメント(8)

こんばんは。
>200mmのレンズの手に負える距離ではありません
私も“右に同じ”の状況ですので、期待感もたぶん一緒なんでしょうね。きっと。

こんばんは。
大空を気持ち良さそうに飛んでいますね~。
遥か大空遠くの被写体、
私なら上をむきすぎてひっくり返りそうです(笑)

昆布巻きのうおぬま屋店長さん、こんばんは!
素敵な空中戦ですね^^
これは自分の縄張りに入ってくることへのけん制なんでしょうか?@-@;
私もマックス200mm(笑)
望遠より広角のほうが興味あるんですよね^^;

こんばんは〜

私もロングは200ミリを持ってますが、
小さい被写体だと全然足りないですよね!(^^;

コメントする

         

2012年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2012年6月25日 21:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「米沢のサクランボ」です。

次のブログ記事は「月が一日中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。