2012.03.17


冬の間、高騰していた葉物野菜が、漸く少し落ち着いてきたようです。



地物の菜っ葉も手頃な値段になってきました。

大崎菜

大崎菜。
南魚沼市大崎地区で栽培された菜っ葉。
大崎地区は、昔から菜っ葉の栽培が盛んな地域。
雪深い魚沼ですが、豊富な湧き水を利用して、ハウス栽培されていると聞いています。



大崎菜のお浸し

お浸しに。
瑞々しく、甘く柔らか。
太い茎が、旬が始まった事を教えてくれます。
美味しいな~。



畑は、まだ2m近い雪の下。
露地物は、一ヶ月位先になりそうな気がします。
それでも地物の菜っ葉が食べられるのですから、有り難い事です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋



ちまき笹団子





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/1063

コメント(8)

こんにちは。
いいですね。私も菜っ葉のお浸しがとっても好きです。
あと、鯖缶入れて味噌汁なんかも良いです。(^^ )

昆布巻きのうおぬま屋店長さん、こんばんは!
最近おひたし食べてないです♪
大崎地区で作られているからその名前なんですね^0^
甘いおひたし美味しそうです*^-^*

綺麗な緑色!美味しいだろうな〜(^^)

こんばんは〜

修学旅行もあったりで、
ここ数日買い物に行ってません。
ちょっと安くなってきましたか、
嬉しいですね(^^)

コメントする

         

2012年3月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2012年3月17日 21:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「佐潟の帰り道」です。

次のブログ記事は「冬の精」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。