キジハタをお刺身で

2011.09.04


昨日のキジハタ、予定通りお刺身でいただきます。
キジハタは、夏が旬。
関西では、夏の河豚と言われているのだそうです。
うおぬま屋は、トラフグを食べた事がないので比べられませんが、少なくとも今まで食べたお刺身の中で、キジハタが一番美味しい魚だと思っています。



キジハタのお刺身、お醤油を一寸付けて

お醤油を付けると、お醤油の表面に、脂がス~っと広がります。
キジハタはの身は、何処を食べても脂が乗っていて、しかもその脂は、サラッとしていてとても上品な味わい。
全身が、寒ビラメの縁側のような感じなんです。

堪らず、一口。
「美味しい・・・。」



美味しいのですが、「ん?」です。
脂の乗りは、申し分ありません。
その脂も、以前食べた時と同じく上品。
とろける様に口の中に広がります。
しかし、その脂の味わいを支える大元、たんぱく質の豊潤な旨味、アミノ酸の甘さが、少し足りない気がします。
「あれ?、おっかしいな~?」
以前食べてから、時間が経ち過ぎて、記憶が美化されてしまったのかな~?
それとも、魚一匹、一匹、味が違うので、前回食べたキジハタが、特別美味しい魚だったのでしょうか?



あれこれ考える内に、一つ思い付きました。
キジハタを購入したスーパ、活魚も扱っていました。
活魚水槽の中には、生きたキジハタも二匹泳いでいます。
おそらくこのキジハタも、水槽に入れられていたもの。
どんなに美味しい魚でも、水槽で飼われていては、味が落ちてしまいます。
そして、弱って、死んでしまったものを・・・。
300円の訳が分ったような気がします。


もっとも、キジハタと思うと、イマイチですが、普通の白身の魚と思えば、極上。
300円の味わいではありません。
まあ、仕方ないか。

でも、鮮度の良いキジハタ、ますます食べたくなってしまいました。
これは困ります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://uonumaya.com/mt/mt-tb.cgi/866

コメント(19)

こんばんは
>その脂の味わいを支える大元、たんぱく質の豊潤な旨味、アミノ酸の甘さが、少し足りない気がします。
「あれ?、おっかしいな~?」

すごいです。ちゃんと味が判る言い回し。見事な味覚と表現力。勉強になります。

昆布巻きのうおぬまや店長さん、こんばんは!
魚はとってすぐ締めるが一番ですね^^
それかすぐに食べちゃうか(笑)
子供の頃タコを捕まえては足をそのまま食べてみたり、カニを捕まえては焚き火で生きたまま焼いて食べてみたり…
今考えるかなりむごい事してました*-*

昆布巻きのうおぬまや店長さん

こんにちは!

>少なくとも今まで食べたお刺身の中で、キジハタが一番美味しい魚だと思っています。

そんなにおいしいんですか?

店長さんがそんなにお勧めのキジハタ・・食べてみたいです。

>300円の訳が分ったような気がします。

色んな分析もさすがですね(^_^)

おはようございます。
キジハタのお刺身のお味は、さすが味覚に“ドン”な私にも何となく
伝わってきました。旨い物の味をしっかりと味わっていただけば
また、より一層美味しいものに巡り会える。そんな事を教わった様な気がしました
早食いを直さねば到底無理な話かな・・・。(>_ URLのスペル間違っていました(m_m)

おはようございます。
幻の魚キジハダ、初めて見ました(たぶん;)
美味しそうですね~(^ー^)
上越にも幻の魚、幻魚(げんぎょ)があります。
その土地ならではの魚、出かけたら食したいものですね
(^^)

おはようございます
同じ魚でも違う事ってあるんですね
>どんなに美味しい魚でも、水槽で飼われていては、味が落ちてしまいます
中国のスーパーでは水槽で魚を販売してますけど、これってやっぱり・・・
(^^;

鮮度は大切ですが・・・私も時々経験します。あの味が忘れられなくて・・と思い買ったり、いったり・・でも一番最初の感動とはちょっと違う・・・。

昆布巻きのうおぬま屋店長さん、こんばんは~

キジハタの刺身・・・、良いですねぇ~♪
持ちあげの写真もいいですねぇ~~(*^_^*)

こんばんは〜

伯爵様の言う通り、
海原雄山に対抗できそうな味覚ですね〜(*^^)v

食べたことのない魚です!
いったいどこに行けば食べられるんでしょう?(^^;

こんにちは
うんちくの部分が、美味しんぼうの山岡士朗
解説と似たものがありますね

なるほど、納得です。
次は!
ですね

コメントする

         

2012年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このブログ記事について

このページは、昆布巻きのうおぬま屋店長が2011年9月 4日 17:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「キジハタが」です。

次のブログ記事は「復活川口花火」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。