2009年6月アーカイブ

2009.06.30


夜間、久しぶりに雨が降りました。
雨のアジサイ
アジサイも一息付いた事でしょう。
しかし、それも朝の内に上り、昼間は、どんよりとした空ながら、雨は降りませんでした。



25回目の結婚記念日から育て始めた、ワイルドストロベリー。
今も元気に、次々と赤い実を生らせています。

ハート型のワイルドストロベリー
ハート形の実を見付けました。
恋の女神のワイルドストロベリー。
その実がハート型なんて、なんて縁起が良いのでしょう。
これは、良い!
ナイフで真ん中からカットして、妻と半分づつ食べました。

え、ハート型に見えない。
いいんです、本人がそう見えているのですから。



こちらは、先日見つけた木苺、ナワシロイチゴです。
ナワシロイチゴ、未熟
まだ未熟。
食べられるまでは、まだ間があります。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.29


今売り出し中の新潟B級グルメ、新潟タレカツ丼。

新潟タレカツ丼

お昼ご飯に作ってみました。
揚げ立ての一口カツをアツアツの丼のタレに潜らせて、ご飯の上に乗せた丼。
要するに、天丼の要領。
新潟県でも新潟市周辺、下越地域の地域限定カツ丼です。



カツの下に錦糸卵を

基本的には、ご飯の上に直接カツを乗せるらしいのですが、我家の場合、カツの下に錦糸卵を敷きます。
絶対こうした方が旨いはず。



カツ丼と言えば、卵とじが定番ですが、それとは全く違った味わいで、これはこれで、とっても美味しいんです。
結構、さっぱりしています。
カツを噛んだ時、トンカツの旨味と共に、丼タレの甘辛い味が味わえるのが特徴。
旨いっすよ。
一度お試しを。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋


2009.06.28


今日も晴れ。
朝の内は、気温も20℃代前半。
とても爽やかです。



車庫の天井にお住まいのツバメのご夫婦。
今年二度目のヒナが孵ったようです。

卵の殻

今回は、落ちていた殻は一つだけ。
でも、これが落ちていたと言う事は、ご誕生は確実です。

まだ巣に

親鳥が、まだ巣にこもっています。
おそらく、まだ孵っていない卵があるのでしょう。
去年は2度目の孵化を確認出来ず、気を揉みましたが、今年は大丈夫。
順調です。
良かった、良かった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.27


今日も真夏日。
でも、昨日より少しすごし易い気がします。



娘の友達のご実家から、サクランボをいただきました。
サクランボのメッカ、山形県は天童市より。

サクランボ

届いたサクランボの蓋を開けてみると、宝石のような、瑞々しい赤。
そして一粒一粒が、とっても、とても、大きいんです。

スモモの大きさ

もう、サクランボのスケールを超え、まるでスモモの大きさ。
種の大きさは、普通のサクランボの大きさなので、相対的に果肉がタップリ。
口に含むと、一粒で、口の中が、もうこれでもかって位サクランボになります。
甘さも特上。
木成り完熟の甘さです。
酸味のバランスもすばらしく、濃い、濃い、果汁。
美味しいな~。
おそらく粒選りなのでしょう。
地元の方ならではの特別品だと思います。
こんなに大きく、美味しいサクランボ、初めてです。
生産者の誇らしい顔が見えるようです。
凄いな~。
驚きのサクランボでした。



大きいと言えば、

大きな玉ねぎ

巨大玉ねぎ。
今日、小千谷市塩殿地区の野菜の直売所で購入したものです。
4個100円。
安い、新鮮・・・こちらも、デカ!!



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋


2009.06.26


今日も気温が、30℃を軽く超えたようです。
かなり暑い。
この週末は、良いお天気で暑いようです。



裏庭の花達。

青いアジサイ

アジサイ達が盛りです。

青いガクアジサイ

白いガクアジサイ

赤いアジサイ

少し盛りは過ぎましたが、真赤なアジサイです。
アジサイにこの色は珍しいと思いました。



石榴の花

こちらは石榴の花。
実、同様、真赤です。



ホタルブクロ

ホタルブクロ。

我家の裏庭は、自然豊かな為(←草ボウボウ)、この時期、ヤブ蚊が沢山お住まいです。
故に、ヤブ蚊に攻められながらの撮影。
あっと言う間に10箇所ばかり刺されました。
ク~、痒!



オカトラノオ

毎年一輪だけ咲く、オカトラノオ。



何の花

何の花でしょう?
数株咲いています。



母子草

母子草。
春の七草のオギョウだと思うのですが・・・。



相変わらず、藪=宝箱。
楽しめます。
蚊、さえいなければ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.25


晴れました。
空が青く、夏の強い陽射し。
最高気温は30℃を超えたようです。
しかし、まだ朝晩涼しく、昨晩は、布団一枚では寒くて、夜中に毛布を引っ張りだしました。



見切り品のエンダイブを買ってきました。

エンダイブ

比較的新顔の野菜。
爽やかな苦味と軟らかな歯ざわりが特徴の、サラダに使う野菜です。



アンディーブ?

この野菜、少し問題を抱えています。
私は、最初、20年位前に、この野菜の名前を「エンダイブ」と聞きました。
でも袋には、「アンディーブ」と書いてあります。
まあ、それ位は、発音の違いみたいな気もするので、仕方ないかもしれないのですが、良く見て下さい、値札には、「チコリ」と印刷されています。

そうなんです、この野菜は、「エンダイブ」と「チコリ」と言う、二つの名前が有るんです。

どうやら、近縁の「チコリ」と混同されているようです。
さらにややこしい事に、「チコリ」を「エンダイブ」として売っている事が有ったりもします。

調べてみたら、客国々によって呼び名が入れ替わるらしいと知りました。
と言う事は、どちでも正しく、どちらも間違っていると言う事みたいです。
食べ物、特に、野菜の名前がいい加減なのは、日本の専売特許と思っていましたが、どうやら、どこも似たようなもののようです。

ああ、ややこしい。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.24


人数が多い朝食には、うおぬま屋店長宅の場合、サンドイッチが登場する事が多いんです。



妹夫婦が遊びに来た日曜の朝、エビフライのサンドイッチにする事に。
今回は、うおぬま屋店長が担当です。
朝からフライ?
コッテリし過ぎ?
いえ、いえ、大丈夫。
揚げ立てを野菜と挟めば、サッパリします。

トマト

トーストしたパンにレタスとトマトをオン。
トマトに甘味が足りない時は、ほんの少し、グラニュー糖を降るのが、裏技です。
でも今回は、良いトマトが手に入ったので、塩だけ。

エビフライ

キュウリと揚げ立てのエビフライを乗せます。
このサンドイッチには、揚げ立てが重要。
冷めたフライでは、魅力が半減してしまいます。

エビフライサンド

完成、エビフライサンド。
昨日の内に作って置いた、タルタルソースを塗って出来上がり。

作って直ぐ、かぶり付けば、揚げ立てのフライの香ばしさと海老の香りが、

旨い!!

ちょいと崩れて食べ難いのが難ですが、お気に入りのサンドイッチです。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.23


一昨日の日曜は、地元商店主催、月一恒例の「よってげて~!ふれあい市」の日。
東京から遊びに来ていた、妹夫婦、姪と甥。
妹夫婦に便乗して帰省した、長男。
年長さんの甥っ子と、総勢8名のご一行様で繰り出します。



熱心な、うおぬま屋ブログの読者である長男。よってげて~!ふれあい市にご執心です。
記事を読んでは、ヨダレを垂らしていたそうで、漸く思いが叶いました。

鮎の塩焼き

鮎の塩焼き。

久しぶりに食べた鮎

久しぶりに食べた鮎は格別だったとの事。



揚げ立てコロッケ

うおぬま屋店長は、いつもの様に、揚げ立てコロッケをパクつきます。



旨かった~

これが、とっても旨かった~。

パッタイ

タイ風焼きそば「パッタイ」
町外からお越しの、アジア料理「アロイ」さん製。
酸味が爽やかな焼きそば。
仄かなシャン菜の香りが食欲をそそります。



シェイク

ヨーグルトシェイク。
「アロイ」さんのシェークが、これまたバカ旨!
香料を使わない、本物の味。
自然な甘味でサッパリしています。

マンゴーシェイク

マンゴーシェイクを飲んで、ご満悦の甥っ子。
中一で、身長180cm。
身長は越されましたが、シェイクを飲む横顔は、まだまだ中坊。
可愛いものです。



綿飴

こちらは綿飴を持つ、年長さんの甥っ子。

かき氷

さらにカキ氷を食べて、こちらもご満悦。
暑かったので、冷たい物が美味しかった。



八海山の梅酒

以前から気になっていた。銘酒、八海山で仕込んだ梅酒を試飲。
旨!!
思った通り、サッパリしているのにコク深い味わい。
よっぽど購入しようと思いましたが、下戸では飲みきれないので、泣く泣く断念。



海老のバーベキュー

長男、食べ歩きの〆は、海老のバーベキュー。



よってげて~!ふれあい市

食べ過ぎ?
確かに・・・。
多勢をかって、いつもより、なおいっそうの食べまくりの「よってげて~!ふれあい市」でした。
美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.22


夏至の夜は、100万人のキャンドルナイト。
8時から10時までの2時間、ロウソクを灯し、電気を消す催し。
スタイルは自由なのだそうで、兎も角、2時間灯りを消して、ロウソクを灯せば参加した事に。
しかし、昨日の夏至には実行出来ず、一日遅れの今日、一人で100万人のキャンドルナイトを開催です。



キャンドル
キャンドルの灯り、いいもんです。
最近、漸く元に戻って来たようです。



この素敵なキャンドルは、最近小千谷市にオープンした、「エルドナックス」さんで購入。
このキャンドルなら、震災時、ロウソクを灯した緊張感を思い出さずに済みます。
エルドナックス
エルドナックス小千谷店の前に飾られたキャンドル達。
エルドナックスさんは、キャンドルや雑貨販売のお店。
カフェでもあって、お店の中の囲炉裏で、チャイも飲めるのだとか。



困ったことが、判明です。
ロウソクの灯りだけでは、手元が良く見えません。
ブラインドタッチなどという神業の使えないうおぬま屋は、かなり四苦八苦。
今日は、ブログを書くのに、異常に時間がかかります。
う~ん、思わぬ伏兵です。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.6.21

自宅近くの蛍の発生地。
昨日の夜は、蛍まつりでした。
蛍再生に尽力してこられた有志の方々が、企画したお祭です。



乱舞
乱舞していました。
先日の倍以上、飛んでいます。
見応え充分。
しかし、それを画像にするとなると、はなはだ心もとないようです。

さすが、蛍に詳しい人達の予想。
正にピークの日を、ピッタリとお祭の日に選んだようです。
蒸し暑く、風の無いお天気。
蛍復活に長年の努力を惜しまなかった人達に、天候までも見方してくれたようです。



展示された蛍
今年から、発生地の小川には、立ち入れないように決めたので、蛍を水槽に入れて、展示もしています。
ちょっとズルしてそれも撮影。



沢山の人が訪れていて、静けさの中での蛍観賞と言う訳にはいきませんでしたが、久しぶりの蛍の乱舞、感動でした。
露店も出ていたのですが、そちらには、行って見ませんでした。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.20


昨日から突然始まった蒸し暑さが、今日も続いています。



東京から、妹夫婦が遊びに来ました。
では、という事で、お昼に小千谷名物へぎ蕎麦を食べに行く事に。
義弟お気に入りの「須坂屋」さんをチョイスです。
須坂屋さんは、小千谷のお蕎麦屋さんの中でも老舗中の老舗。
美味しいと評判のお店です。



須坂屋のへぎ蕎麦

薬味

家族は時々食べに来ていましたが、うおぬま屋店長は、随分久しぶり。
十数年ぶりかもしれません。

へぎ蕎麦

旨い!
へぎ蕎麦としては、蕎麦の香りが強め。
出汁はあっさりしています。
蒸し暑い日には、丁度良かったです。



蕎麦湯
もう一つのお楽しみ、蕎麦湯をいただいて、〆。
蕎麦湯を飲まなければ、何の為のお蕎麦って感じです。
美味しかった~。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.19

急に暑くなりました。
最高気温は、29℃。
昨日までの爽やかなお天気は何処へやら、同じ晴れでも湿度が高く、ムシムシしています。
どうやら北の空気と南の空気が入れ替わったみたいです。
梅雨らしい暑さ。
夏の空気です。



魚沼コシヒカリの田んぼを見に行ってきました。

魚沼コシヒカリの田

田植えから一ヶ月。
田んぼは、緑のカーペットに変わっています。

魚沼コシヒカリの苗

すっかり逞しくなった稲。
田植え直後の弱々しかった面影は、もうありません。

田んぼの水が切られていました。
梅雨の雨に備えてでしょうか?
根張りを良くするためでしょうか?
後で聞いてみなければなりません。



ピンクの花

黄色の花

田んぼの近くに咲いていた花達。
どちらも名前が分りません。
分る方、教えていただけるとありがたいです。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.18

ネコのチビは、おばあさんと、とっても仲良し。
どこに行くにも一緒です。

チビとおばあちゃん

おばあさんが歩けば歩き、おばあさんが止まれば、静かに座って待っています。
着かず離れず、いつも寄り添う一人と一匹。
二人の間の微妙な距離に、見えない絆が見えるようです。
良く躾けられた犬でも、こうはいきません。
いえ、ワンコは躾けられたのであって、チビは自分からそうしたいのです。
畑にも付き添います。
おばあさんが近所のお家でお茶飲みをする時などは、留守番を命じても、後から付いて来て、戸を開けて入ってくるのだそうです。
野外で人に付き従う猫、これまで見た事がありません。



不思議の猫、チビ

珍しく、チビが一人で居るところに出会いました。
大人になって、一人で過ごす事が出来るようになったのかな。
おそらく、チビには、他の猫達が見ている世界とは別の世界が見えている気がします。
人に対する反応が、他の猫とは少し違うような。
不思議の猫、チビ。
お友達になりたいのですが、怪しげなうおぬま屋店長、残念ながら敬遠されています。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.17


クリア21で車検を受けてきました。
クリア21は、格安かつ明朗会計、立会い、スピードが特徴の車検です。
去年、良かったので、今年もお願いしました。



排ガス検査

排ガス検査。

下回りの検査

下回りの検査。

タイヤの着脱

タイヤの着脱。



所要時間、一時間強。
専用の検査場で、複数の検査を一気に行なうので、とても素早く終わります。
おまけに、行程毎に車の状態を説明してくれるので、安心。
追加整備がなかったので、基本料金で終わりました。
ファンベルトの交換を勧められましたが、タイミングベルトの交換が間近なので、その時一緒にと言う事に。



嬉しかったのが、ブレーキパットが去年から、ほとんど減っていなかった事。
省エネ運転で、ブレーキを使わない運転を心掛けているお陰です。
ふっふっふ、かなり自慢です。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.16

車庫の天井の同居人、ツバメのご夫婦は、只今、今年二度目の抱卵中です。

抱卵中

先日、戻って来ていた一回目の雛達は、2~3日車庫を寝ぐらにしていましたが、それ以降は、やって来ません。
やはり、両親の二度目の繁殖に、邪魔なのでしょう。



梅雨の割りに、日中、爽やかな晴れでした。

ドクダミの花

ドクダミの花が盛りです。
草達の間に点々と咲いている様は、緑の空に白い星が輝いているようで、とても奇麗です。
匂いはキツイですが、見た目はとても可愛らしい。
日本では雑草ですが、欧米では園芸の対象なのだとか。
納得です。
梅雨の晴れ間に映えています。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.15

昨日の日曜、川口町道の駅「あぐりの里」、月一恒例の催し物の日でした。
「夏だ!あぐりだ!全員集合祭」。
無料サービスのあぐり汁と地元農産物加工品の販売です。

カレーあぐり汁

今回あぐり汁は、何時もの豚汁に代わり、スープカレーでした。
ゴロッとした野菜がタップリ入っています。
ご飯は、持参との事。
事前に情報を得ていました。
お買い物に行くのに、ご飯を持って行くのも、妙な気もしましたが、やっぱりカレーにご飯は付き物。
持って行って良かった~。
旨かったです。



地物野菜のお惣菜

地物野菜のお惣菜販売。

アスパラの味噌炒め

アスパラの味噌炒め。

ゼンマイと車麩の煮物

ゼンマイと車麩の煮物。

アスパラ寿司

アスパラ寿司。
サラダ感覚のお寿司です。
サッパリして美味しかった。
欲を言えば、もう一寸アスパラを沢山入れた方が美味しかったかな。



お昼前だったので、ちょっとツマミ食いの心算だったのですが、結局、たんまり食べてしまいました。
美味しいと、止まりません。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.14

うおぬま屋の前を流れる魚野川。
その魚野川に新しい橋が架かりました。
この11日の事です。
川口橋
川口町念願の新しい橋。
先代の橋は、齢50歳あまり。
老化と幅員不足の為の架け替えです。
なにせ、大雨が降ると通行止めになりますし、大型車がすれ違えない狭さでした。
新しい橋、訳もなく嬉しいのが不思議です。



総工費、42億円。
50年もつとして、一年8400万円。
労働者の生涯収入が一億だとすると、42人の働き手が、生涯を掛けると完成する訳です。
気の遠くなるような金額です。



喜んでばかりもいられない事があります。
工事中の農道橋
工事中の橋。
新しく完成した川口橋から下流に下る事、数百メートル。
もう一本、橋が工事されています。
農業用の橋なのだそうです。
立派な橋です。
でも、橋の両側に幹線道路は繋がりません。
片方は小さな部落、片方は人家の無い農道。
完成しても、いったい誰が渡るのでしょう?
????です。
母子家庭への補助を削っても、こちらの予算は削れない・・・。
やるせないです。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.13

玄関先に飛んで来た蛍に誘われて、昨晩、蛍撮影に行って来ました。
自宅から、100m程離れた所に、蛍の飛ぶ場所があるんです。
自宅まで飛んで来ると言う事は、かなりの数が発生している模様。
風、無し。
気温も丁度良く、曇り空で、湿度も高め。
これは、絶好の条件です。



案の定、かなりの数が飛んでいます。
とても奇麗。
蛍
しかし、それを画像に残すとなると、これがメチャメチャ難しい。
光った後に、次にどこで光るのか、予測がつかないので、アングルやピントの合わせようがありません。
「難しい~~!!」
下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるで、数十回シャッターを切ったものの、結局、一枚も成功しませんんでした。



今、蛍は、全国的に激減しているのだそうです。
酷い所では、生息数が十分の一になっているとか。
原因は、蛍の餌「カワニナ」にそっくりな、外来種の貝、「コモチカワツボ」らしいです。
なんでも、蛍は、コモチカワツボを食べて育つと、成虫になっても、発光出来なくなるのだそうです。
発光出来なければ、交尾が出来ず、子孫を残す事が出来ません。
数が激減する訳です。
コモチカワツボは、カワニナにあまりにそっくりなので、見た目で区別が難しく、見た目での駆除は不可能。
静な存亡の危機らしいです。



コモチカワツボは、最初、蛍の餌として、誰かが放流した可能性があるそうです。
どうも、観光の為、手っ取り早く蛍を増やそうとしたらしいのです。
噂ですので、真偽の程は分りません。
分りませんが、有りそうな話。

う~ん・・・。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.12

越後丘陵公園、香りのバラまつり、バラ達のご紹介、最終回です。


クレプスキュル
クレプスキュル。
花の大きさ、色合い。
丘陵公園のバラ園の中で、一番のお気に入りは、これのようです。
いわゆる、オールドローズと言われるバラの一種。
原種に近いのだそうです。
どうやら、うおぬま屋は、黄色のバラが好みのようです。



ドラフトゴールド
ドラフト・ゴールド。
トゥールーズ・ロートレック
トゥールーズ・ロートレック。



伊豆の踊り子
伊豆の踊り子。
作出国が、イギリスなのに、名前が「伊豆の踊り子」?
何故でしょう。
気になるので、後で調べてみようと思います。
伊豆にお住まいの、ブログ仲間のクニさんならご存知かな~。



第2回国際香りのバラ新品種コンテストも行なわれていました。
越後2007-36
出品作の一つ、越後2007-36。
まだ、名前がありません。
白から淡いクリーム色への変化が、良い感じです。
気に入ったバラに投票も出来るのですが、この辺りでタイムアップ。
じっくり観る事が出来なかったので、投票はしませんでした。
後日分ったことですが、優勝は、ドイツの方の作った「エモーションブルー」だったそうです。



ふと気が付くと、喉がカラカラに乾いていました。
アイスコーヒー
帰る前に、バラ園の中に在るカフェで一服。
「ふ~、美味い。」
以前は、派手なバラが、イマイチ好きではなかったのですが、人との係わりの深さ、特に、果物の多くがバラ科の植物と知ってから、バラに対する見方が変わったように思えます。
ああ、楽しかった。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.11

引き続き、香りのバラまつりのバラ達をご紹介。


クイーンエリザベス
クイーンエリザベス。
詳しくないうおぬま屋でも、名前を聞いた事があるバラ。
バラを代表する品種だそうです。
「へー、これがクィーン・エリザビスか・・・。」


ラバグルート
ラバグルート。
真紅。
こんな花弁、見た事がありません。
まるで布、ベルベットで出来ているようです。
触って、感触を確かめたかったですが、何とか堪えました。



ローゼンドルフシュパリースホップ
フラウ・カール・ドルシュキ
群生が見事です。
しばし見とれます。



ヴァレリーナ
これもバラ。
バレリーナと言う名前。
正にピッタリな名前だと思います。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.10

入梅。
魚沼も梅雨入りしたそうです。
もっとも、越後の梅雨は、前半はあまり雨が降りません。
今日も、どんよりとした曇り空ですが、雨は降っていません。

アレ!?です。
車庫にお住まいのツバメのご家族。
昨晩、巣立った子ツバメ達が戻ってきていました。 若ツバメ こんな事は、初めて。 一度巣立ったら、もう会う事は叶いませんでした。
どうやら、一夜のねぐらにする模様です。

巣立った5羽、全員無事。
尻尾はまだ短いですが、しっかり大きくなっていて、もう立派な若ツバメです。 少し早い巣立ちを心配しましたが、無事でなにより。。
よかった、よかった。

しかし、戻って来ちゃって、本当に喜んで良いのやら、どうやら。
両親の新居は、略完成しているようです。
二度目の繁殖の準備は万端。
邪魔にならなければ良いのですが・・・。

「巣立ったのに、戻って来ては駄目じゃないか」
と、一応、訓戒もたれておきました。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

2009.06.09

香りのバラ園へ。
香りの良い品種が主役のバラ園。
凄いバラの量です。
種類ごとに香りを確かめながら見て回ります。


「ダマスク・クラシック」
香りの種類ごとに、系統があるみたいで、典型的なバラの香りをダマス・クラシックと言うのだそうです。
「へ~・・・。」


ダマス・クラシック系の香りのバラ達。

マーガレットメリル

マーガレットメリル。
イギリス製。

アレックスレッド

アレックスレッド。
イギリス製。

ラ・フランス

ラ・フランス。
フランス製。


一面にバラの香りが漂っています。
甘い香り。
しかし、品種毎に微妙に違う香りを嗅ぎ分けるには、辺りにバラの香りが充満し過ぎています。
微妙な香りの違いを確かめるには、一品種だけを植えた方が良いみたいな気がします。


パパ・メイアン

パパ・メイアン。
フランス製。

プリンセス・ミチコ


プリンセス・ミチコ。
イギリス製。
日本製かと思いきや、イギリス製でした。

プリンセス・モナコ


プリンセス・モナコ。
こちらは、モナコのお姫様。

グラナダ

グラナダ。
アメリカ製。

香久山

香久山。
日本製。

この辺りまで観た所で、品種毎に匂いを嗅ぎ、モデル(奇麗に咲いている花)を探し、 ゆっくり撮影していると、全く時間が足りない事に気が付きました。
なにせ広くて、品種が多いんです。
じっくり楽しんでいたら、一日居ても、足りなそう。
少し足を早めなければなりません。
と、思いつつ、また直ぐ足が止まります。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋


2009.06.08

国営越後丘陵公園に行って来ました。

ウエルカムゲート
ウエルカムゲート。

6月21日まで、香りのバラまつりが開催中。

500品種の薔薇が目当てです。


ロコモコとガーリックライス

ロモモコとガーリックライス。

お昼に着いたので、初夏の陽射しを浴びながら、なにはともあれ腹ごしらえです。


国営越後丘陵公園は、長岡市の丘陵地域に在る、敷地400haの広大な公園。

丘陵公園

向こう側の山も公園の一部です。

丘

丘に囲まれたすり鉢状。

久しぶりの訪問なので、「緑の千畳敷」と言われている、すり鉢の底の部分を一周してみました。


音楽噴水

音楽噴水。

トランポリン

トランポリン。

「はは~、これが、いづみ屋旅館さんのご子息、一号君、二号君、お気に入りのトランポリンだな。」

他にも楽しそうな、木製の遊具が沢山有りました。

階段

この階段を登った丘の上から、尾根づたいの遊歩道があります。


樹木

ぐるっと回って来たら、なにせ広いので、また小腹が減ってきました。

うどん

うどんでチャージ。

さて、「香りのバラ園」に向かいます。

香りのバラ園


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋


梅雨のはしりを思わせる、どんよりとしたお天気。
昨晩から、シトシト雨が降ってきました。

雫
雫。
霧雨が降ったり止んだりしています。
上空に寒気があるそうで、雨と一緒に気温が下がっています。

アジサイ
アジサイが咲き始めました。
こちらもはしり。
盛りまでには、まだ、間がありそうです。

藻屑蟹 一匹だけ生き残った藻屑蟹
元気を回復しました。
一安心です。

夕方にお天気が回復。
陽射しがよみ返りました。
やっぱり梅雨には、まだ早いようです。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋

雨が降りそうな、ねずみ色の空ですが、時々陽射しもあります。
梅雨の前半を思わせるお天気が続きます。

野いちご、シロバナヘビイチゴです。
シロバナヘビイチゴの花
去年から育てている、我家の野苺。
季節をむかえ、次々と花を咲かせ、実を付けています。
野苺の実 小さい実ながら、甘味は充分。
強い香りは、栽培された苺の比ではありません。
美味しいです。
ただ、このところ、甥っ子との競争に敗れ続け、うおぬま屋店長の口に、中々入らないのが悩みです。

昨日作った、地物の苺のイチゴジャム。
ここまでは順調です。
パンに 早速、朝食にパンに付けて食べてみました。
トロみが無いので、ジャムと言うより、イチゴのソースといった感じ。
良い味です。
後は、瓶に詰めて、熱殺菌。
瓶だと、殺菌後、急激に冷やす訳にはいかないですが(色が悪くなりがち)、まあ、なんとかなるでしょう。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

2009.06.05

地物の苺が盛りを迎えています。
この時期は、色々な苺達が旬を迎え、苺好きな店長にとっては、嬉しい季節です。
地物、露地物の苺
地物、露地物の苺。
酸味と甘味のバランスが絶妙です。
濃い、濃い、味。
強い香り。
太陽と大地の恵。
遊びに来ていた年長さんの甥っ子は、一パックをあっと言う間にたいらげました。
一粒としてハズレが無いのが驚きです。
やっぱり旬の苺は別物。
これに味をしめると、他の季節の苺を、食べられなくなります。

食べるだけ食べて、残りはジャムに。
砂糖をまぶして一晩置いた苺
砂糖をまぶして一晩置いた苺。
砂糖が苺の水分を吸い出すので、水は加えません。
今年は、加熱を最低限にして、香りと色を逃がさないようにする予定。
一気に加熱して、火を止めるタイミングが大切です。
余熱も大敵。
加減が難しいので、さて、上手くいくと良いですが。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

2009.06.04
セミナーの帰り道、信濃川の土手を走行中、桑イチゴを見付けました。

桑の実

桑の実。
まだ少し早いのか、黒い実は、数が少ないようです。。
が、赤い実の中に、黒い実が有るのは、とっても美味しそうに見えます。
子供の頃、鳥達と競争して食べていたものでした。。
子供の頃を思い出して、一粒試食。。
甘さは仄か。。
酸味が強い訳でもなく、香りも僅か。。
それでも、自然な味がとっても美味しい。

うおぬま屋店長は、可能な限り、幹線道路を通らず、このように、土手道を通るようにしています。
信号が無いのもありがたいのですが、なんといっても、こういうおまけが狙いです。。
この日は、桑イチゴの他に、この時期この辺りでは珍しいモズの姿や、チョウゲンボウのホバリングからの狩りが見られました。。
撮影出来たのは、動かない桑イチゴだけで、どちらも撮影不可で、へな猪口ぶりは相変わらずですが、目にはしっかり焼き付けました。。
土手道、良いです。

お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋


MTでブログを始めます。
記念すべき第一回目の記事を、何にしようか、迷っていたのですが、今日、大好きな木苺を見付けたので、その画像を第一回目とします。


ナワシロイチゴ


ナワシロイチゴだと思います。
かなり沢山生えていて、実が成るのが楽しみです。
と思ったのですが、ネットで調べた所、食用にはなりますが、あまり美味しくないとの事だそうです。
ガッカリ。

2013年8月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。