2020.06.06


気温が上がって来ると冷たい物が食べたくなる。



トマトの冷製パスタ

お昼に食べたトマトの冷製パスタ。



トマトを刻んで塩を振っただけのソースが何でこんなに美味しいのだろう。
なんだかいつも以上に美味しい気がする。
トマトとガーリックオイル、モッツアレラ、青紫蘇の取り合わせは絶妙。
トマトも良かった。
お尻の部分に星印の入った完熟トマト。
爽やかな甘さ。
美味しかった。



外は陽射しが強烈。
それはそうだ、もう直ぐ夏至。
しかし、日陰に入ると結構涼しい。
風の底に涼感が潜んでいる。
湿度も低く快適。
高原リゾートってこんな感じなんだろうと思う。



なんでも上空に寒気が入って来ているのだそうだ。
一昨日からの不安定なお天気はその為らしい。
今朝、数分であったけれど強烈な通り雨があった。



日向は暑いが屋内は涼しい。
こういう時は、食欲が増す。
お料理の味わいには、気候の味付けが欠かせないもののようだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.05


出産数が過去最低だったとニュースが告げていた。



一人っ子政策などで、人口増加を抑えようとしていた国があった。
世界では人口爆発が懸念されている。
なのに、そんな政策を取らずとも自然に人口減少が起こっているのに、それを問題とする料簡が分からない。
どう考えたって、今の人間の数は多過ぎる。
そう思わないのだろうか?



出産数が増えない最大の原因も、相変わらず経済的要因だとされているようだ。
要するに子育てにお金が掛かるからだと。



変わらぬお寝ぼけご意見。



比較的経済的に苦しい沖縄県の出生率が一位で、経済的に潤っているとされる東京都が最下位なのを、どう思っているのだろう?
ひと昔前、今と比べて経済的には貧しかったとされているが、兄弟が5人も10人も居た子沢山だった。
現在においても、富裕層だからと言って子沢山では無い。
そういう事をいったいどう考えているのだろう?



少子化の原因は、多岐に渡る。
経済的要因もその一つではあるとは思うが、枝葉に過ぎない。
そんな枝葉の対策を講じたとしても効果は薄い。



少子化の原因を一言で言うなら
「日本人が幸せで無いから」
日本人が幸せで無いから少子化が問題だ、と言うのなら話は分かる。



ちょっと前に国会議員が
「子供を産まない夫婦は生産性がない」
などと人間を家畜並みに扱った発言をして、大ヒンシュクを買った事があったが、これなどが、その象徴的な考え方、出来事なのだと思う。



子供頃の外遊び不足。
知識詰め込みの間違っている学校教育。
受験戦争。
SEXのタブー視と、その対極の軽視。
男性の女性化、女性の男性化。
核家族。
間違った個人主義。
一極集中。
格差、拝金思想など、
あげ出したら原因は枚挙に暇が無い。
それらが絡まり合って、人は子供を育まなくなっているのだ。



それにしても、そういった事が全く語られないのはどうした事だろう?
自分の考え方が変なのだろうか?と訝しく思ってしまう。
他にそう考える人は居ないのだろうか?
自分は思考の迷路にはまっていて、回りが見えなくなっているのだろうか?

スミレ

あんまり違うので一寸心配になる。
間違ってはいないと思うのだが・・・。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.04


こんな風に考えた事はないだろうか。



現在の世界の穀物の収穫量は、今の人口の2倍の人口を養える量が採れているらしい。
なので
「農業従事者以外の人達は、働かずに遊んで暮らせるのではないだろうか」と。



もちろんそんなに単純では無いが、農業の余剰生産物が経済の大本である事は間違いない。



農業従事者以外は遊んで暮らせる。
が、その余暇を何か有効な、暮らしを豊かにする事に使えば、より便利で豊かな生活が送れる。

それが職業、働くという事なのだと思う。



その職業=働き方が有効かどうかの判定は、需要によって決定される。
誰かが必要とする仕事であれば、それは有効なのだ。
需要と供給とは、そういう事なのだろう。



実に単純な仕組みだが、何だろう、その事をちゃんと理解している人が、意外と少ない様だと最近気が付いた。



そう言えば、そんな単純な仕組みだが、学校の授業で習った覚えが無い。
自他共に認める劣等生であったとはいえ、授業を聞き逃していた、とかではないと思う。
需要と供給、自由経済等の単語は習った覚えはある。
あんまり当たり前過ぎるので、自分で考えろ、という事なのだろうか?



ミニトマト

どうなんだろう?
大学ででも学ぶのだろうか?
それにしては小学校低学年の内容の様な気もするけれど。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.06.03


アメリカの抗議デモとそれに伴う暴動。



おそらくデモ参加者が暴徒化するように煽っている者がいる。
まあ、いつもの事だと思うが。



その目的。
一つは正当なデモを貶める為。
もう一つは、暴徒逮捕を装った抗議デモのリーダーの逮捕、もしくは殺害なのだろう。



古い手だと思う。



支配者層が対抗勢力の中にスパイを送り込み、暴動を扇動するのは昔から使われてきた策略。
それが今でも使われていて、未だに有効に作用しているのが、つくづく情けない。



荒れた冬日本海

子供の頃に「カムイ伝」を読んで歯痒い思いをした。
それから50年も経っているのに。

しかも漫画では無く、現実でそれが起こっている。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.02


昨晩、今年の梅雨を予感させるような雨が降った。



結構まとまった雨。
強い雨脚が屋根を叩く音で目が覚めた。
暖かく湿った空気が流れ込んだ所為らしい。



夜が明ければ晴れ。



手すりに生えたコケを食べているカタツムリ

カタツムリ。
手すりに生えたコケを食べているらしい。
暖かく湿度が高いので、デンデンムシを沢山見掛けた。



どうやら今晩も雨の可能性があるらしい。
日中晴れていたのに、なんとも不安定。
昨晩の梅雨のはしりの様な強い雨。
今晩もあるのだろうか?
嫌な感じがする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.06.01


お出掛けの際のお昼ご飯。
やっぱりまだ、お店で食べるのは避ける事にしている。



車内食したテイクアウトの親子丼

なので某親子丼のチェーン店のテイクアウトを利用してみた。
ファストフードの牛丼は食べた事があるが、親子丼は初体験。



例によって車内食。



しかし、その必要は無かったかもしれない。
親子丼を購入しに店内に入った時、お昼時にもかかわらず、先客は一人だけ。
その人も、持ち帰り親子丼を待つ間に食べ終えて帰ってしまったので、結局、店内に居るのは自分だけとなったのでした。
3密を警戒する必要の無い貸し切り状態。



自分の様に3密を警戒するあまり、外食を避けがちな人が、まだ多数居る影響なのだろうと思う。
対感染症としては恐らく、それ位で丁度良いのだとは思うが・・・。
自社とてコロナの影響がない訳では無いが、これ程ではない。



さわさわと背筋が寒くなる。
大変だと思う。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.05.31


いよいよ朝ご飯にもカレーが登場した。



昨晩のカレーの残りを翌朝に食べたのではなく、朝食用に作ったカレー。



スパイスの研究で度々カレーを作っているのだが、そうそう晩御飯にカレーと言う訳にもいかず、家族に閉口されないよう、ならばという事で朝食に持って来た次第だ。



朝食のシーフードカレー

シーフードのカレー。



最近、スパイスの研究というよりも、なんだか美味しいカレーを作るという事に、目的が変わってきている気がする。
というか、そうなっている。

ハハハハ・・・。



それにしても、不味い訳では無いが、どうも思った通りのカレーにならない。
作る回数を重ね、それなりに分かって来た事もあるのだが、それ以上に分からない事が増えてくる。
流石カレー、奥が深い。



試行錯誤が楽しい。
無手勝流?
いやドロ縄流。
まあ、その内、何か見えてくるでしょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.05.30


どうした事だろう?
裏の空き地にウスバシロチョウが全く現れない。



数が少ないとかではない。
全くと言って良い程姿を見る事が無い。
5月の末になって姿が見られないのは、遅れているとかではないだろう。



ウラナミジャノメ

同じ時期に飛ぶウラナミジャノメも、かろうじて居た程度。



突然沢山咲いたジキタリス

去年まで全く見られなかったジギタリスが多数咲いている。
去年まで一本も咲いていなかったのに・・・。



裏の空き地の生態系に何か変化が起きたのかもしれない。
春先に食草のムラサキケマンは咲いていたので、幼虫の食べ物が無くなった訳ではなさそうだ。



いや、待てよ、そう言えば他所でもウスバシロチョウを今年は全く見ていない。
一頭も・・・。



異変?



気が付いてみると、なんだか嫌な感じがしてきた。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020.05.29


見切り品のパプリカを購入したので、朝食にスペイン風オムレツを作った。



スペイン風オムレツ

パプリカが入ると入らないとでは、全く別の味わいになる。
トマトなんかも良いのだが、トマトは一寸水分が多いので、やっぱりパプリカの方が勝ると思う。



ジャガイモと玉ねぎを炒めた後、オーブンでじっくり火を通すのが我が家流。
ジャガイモと玉ねぎの甘味が倍化するのだ。



ボリューム満点のスペイン風オムレツ。
朝食にピッタリ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2020.05.28


昨日の午後のNHKラジオで、今度は会社の部下の育て方を取り上げていた。



部下育ての要点は、自主性であるらしい。
いかに部下に自分の頭で考えさせるかが、部下育ての要点であり、上司の役目であるのだそうだ。



「エッ、何それ・・・。」



WHOが
「日本はコロナの抑え込みに成功した」と評価してくれている。
が、外国のメディアは、「日本は同調圧力が強いから強制力を使わずに抑え込めた。」
と、やや冷ややかに報道している。
まあ、その通りなのだが。



同調圧力が強いという事は、日本人は自主性が低いという事。
自分の頭で考えられ無い。
言われた事に良く考えずに従う。
指示待ち。
判断を他人に任せる。
それらが、この度のコロナウィルスに対しては功を奏したのだけれど、自主性の低さは、日本人の長所であると共に最大の短所でもある。



自分の頭で考えるのが苦手。
長年、それが日本人の問題だと思っていた。
だからこそ教育にアクティブラーニングが取り入れられたのだ。



一昨日のシェアハウスと言い、もうこうなって来ると、自分と同じ様な問題意識を持った人が、NHKの中に居ると思えてならない。
そうそう、先日の学校給食の指導法もこの番組だったのでした。
どうしましょう・・・。
聞いてみたい気もするけれど、そんな事どう聞けばよいのやら・・・。
全くの思い違いかもしれないし。



その放送に招かれたゲストの篠原信氏に由ると、自主性を育てるのは心がけ次第で、そう難しい事ではないようだ。
とは言え、ノルマを課さない等、今までのやり方を一変させるのは、そう容易いことではないとは思うけれど。



また、自主性が高い人が多いと「船頭多くして船進まず」という事態も懸念される。
今の欧米の様にウィルスを抑え込むのに、強制力を使わなければ抑え込めない、という事になってしまうのかもしれない。
自主性と協調性の両立は難しい。



「みな個々が各々自分で正しく判断し、それがたまたま、みな同じ方向を向いている」というのが理想なのだと思う。
果たしてそんな事が可能なのかどうか。



やはりそれらを統合出来るのは教育しかない。
物理の法則が誰にでも共通であるように。


そんな世界が見てみたい。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2020年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

最近のコメント

  • 昆布巻きのうおぬま屋店長: こんばんは、保険屋あ 続きを読む
  • 昆布巻きのうおぬま屋店長: こんばんは、保険屋あ 続きを読む
  • 保険屋あい: こんにちは。 本格的 続きを読む
  • 保険屋あい: こんにちは。 これは 続きを読む
  • 昆布巻きのうおぬま屋店長: こんばんは、ユウスケ 続きを読む
  • ユウスケ: 「みんなあなたの大切 続きを読む
  • 昆布巻きのうおぬま屋店長: こんばんは、保険屋あ 続きを読む
  • 保険屋あい: こんにちは。 雪の新 続きを読む
  • 昆布巻きのうおぬま屋店長: こんにちは、保険屋あ 続きを読む
  • 昆布巻きのうおぬま屋店長: こんにちは、保険屋あ 続きを読む

アイテム

  • トマトの冷製パスタ
  • スミレ
  • ミニトマト
  • 荒れた冬日本海
  • 手すりに生えたコケを食べているカタツムリ
  • 車内食したテイクアウトの親子丼
  • 朝食のシーフードカレー
  • 突然沢山咲いたジキタリス
  • ウラナミジャノメ
  • スペイン風オムレツ

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。