2021.01.17


心配していた昨晩の降雪。



奇跡が起きた。



殆ど積もらず、10cmに満たない降雪だった。

もっとも奇跡といっても、ひとシーズンに一回位は起こる奇跡だったりする。
それだけ降雪量の予想は、難しいという事なのだろう。



奇跡的に少量の降雪だった朝

今朝、間隔を開けて、ゆっくりと舞い落ちる雪を見ていると、
プレッシャーを感じる事なく眺められていた。

しかもお昼前には、そんな小雪も降り止んだ。



なんだろう、この感じ。
2月下旬の雪の終わり、春の兆しに似た感じがする。
「もしかしたら、冬が終わったのかもしれない」
と何かが囁いてくれている気がする。
大寒前だけれど。



いや、流石に終わった訳では無いかな。
でも、少なくとピークは過ぎた事は間違い無いだろう。
冬の終わりの始まり。
そんなところだろうか。

1ヶ月前倒し?



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.16


ヤバい、雨だ。



雨なので、今日予定していた会社の雪下ろしは、延期する事にした。
雨の中の雪下ろしは、かなり大変。
今晩から降り出す雪は、大雪の予想ではないので、無理はしない事にしたのだ。
大雪でなければ、おそらく建物は、耐えられるだろう。



大雪でない予報が当たればだけれど・・・。
大雪の場合は、明日、降る中の雪下ろしになる。
そうならないで欲しいものだ。



雪下ろしをしなかったので、ぽっかり空いた一日となった。
あれ?
もしかしたら雪の降り始めから以来の一ヶ月ぶりのお休みかも。
お正月も何も無かったからな~・・・。



よ~し!
たまりにたまった事務仕事をするぞ~、と思っていたのですが、気が付けば、あらら夜になっていました。

ははは、・・・。



今現在、心配している雪は小降り。
予報も多い所で20cmと言う予報だった。
これはどうやら大した事にならないかもしれない。
良い感じ。
枕を高くして眠れそうだ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.15


人参の入っていない牡蠣のチャウダー

朝ご飯に作った牡蠣のチャウダー。



生憎ニンジンを切らしていたので、今回はニンジン無しで作ったのだが、味わいは兎も角、見た目が全然違うのでビックリ。
なんだろう、何だか妙にのっぺりした感じで、あまり美味しそうに見えない。
いかに食べ物に、赤が重要なのか、再認識した。



何故食べ物に赤が重要なのか?



それは、果物などの木の実が、熟すと赤くなるモノが多いから。
果物は、熟すと甘味が増したり栄養価が増す。
なので、それを食べる人間を含めた生き物達は、赤に反応し、赤い食べ物を見ると美味しそうと思うのだ。



赤を認識出来る生き物は、総じて昼行性の生き物達。
多くのほ乳類は、夜行性なので、赤が認識できない。
ほ乳類の中で、昼行性で赤の認識出来る猿の仲間は、かなり異例な存在であったりする。
後、赤が認識出来るは、恐竜の生き残りである鳥類。
猿と鳥類は、自然界において、果物を食べて、その種を運ぶ役割を担っている。
なので、人間が食べ物が赤いと「美味しそう」と思うのは「植物の種を運ぶ役割が有るから」とも言えるのだ。



人参の力、赤の力。



「恐竜の生き残りである鳥類」と書いたが、赤を認識出来て昼行性である事に恐竜が関係しているのも面白い。
あ、そうだ、については以前も書いていた。
5000以上も投稿していると、話題がダブってしまう。
なにせ引出はそんなに多くないので。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.14


雪庇が落ち始めたので、窓にコンパネを当てた。



すでに積雪が2mを越え、一階の窓の高さを上回っているので、そこに屋根の雪庇が落ちると、窓ガラスが割れてしまう恐れがある。
その防止の為に合板を予め当てて養生して置くのだ。



雪庇は1m以上出っ張って育っている。
全く困った雪の性質。
それがボチボチ落ちてくれれば問題ないが、間違って一気に落ちられると非常に不味い事になる。



窓に合板を立てかけるだけなので、夏場なら5分もあれば終わる作業。
しかし、冬はそうはいかない。



窓に近付くだけでも容易では無いのだ。
2m以上積もった雪に梯子を掛けてよじ登り、ぬかるむ雪の上を輪カンジキを履いて、重い合板を窓の数だけ運ばなければならない。
雪が締まって来ているので、多少は作業しやすかったが、それでも、なんだかんだで小一時間掛かった。



しかも雪庇が何時落ちるのか分からないので、かなり危険が伴う作業。
暖気して雪庇が落ちる時は、軒下に近付かないのがセオリーだが、そんな事言っていたら窓ガラスが危ない。
なので一か八かやるしかないのだ。



雪は、1立方メートルあたり300kgの重さが有るらしい。
そんなのが2階の屋根から落ちて来たのをモロに喰らったら、もちろん無事では済まない。
作業中、除雪作業に付き物の、お腹の中の氷の塊が育っていた。



大雪対策、どれもこれも危険な事だらけ。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.13


緊急事態宣言が11都道府県に拡大された。



緊急事態宣言と言ったって、今回は飲食業に絞った対策。
今回の感染者の急増は、年末年始の宴会に起因するからが理由らしい。
結局、油断していた人がかなり居た、という事のようだ。



地方へ感染の拡大も、帰省が大きな原因であるようだ。
一回目の時は、あれほど必要以上に自粛していたのに、国が指示しないからと、今回は平気で県を跨ぐ移動をしている。

結局、こちらも油断している人が多いという事のようだ。、



何なんだろう?
この都会と田舎の感染者数の違い。
都市部の人の方が油断しやすい、という事なのだろうか?

いやいや、そんな事がある訳が無い。
人口密度が高いので、3密が避けられないから?
どうなんだろう?



コロナへの対策は、個人の資質に拠るところが大きい。
個人が油断すれば感染が拡大する。

当たり前だと思うのだが、そう考えない人が多いのも間違いなさそうだ。



コロナ慣れ。
やや信じられないが、それが主な原因?
なのかもしれない。



我が町でも感染者が一人見付かった。
感染経路不明の市中感染では無く、感染者の濃厚接触者であるらしいのは、少しはマシだが、いよいよ身近に迫って来た感が強い。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.12


どうやら今週末の雪は、大雪にはならない予報。
嬉しい!!



しかも今週は、それまで比較的暖かいらしい。
しかも、しかも、来週も気温が高い傾向なのだそうだ。



嬉しい予報。
これならば、少し余裕を持って次の雪に備えられる。



しかし、これで雪が終わった訳では無い。
大寒までは大丈夫だとしても、その先、立春を過ぎても約一ヶ月間、大雪の可能性がある。
流石にもう一発喰らうと、準備をていたとしても、ちょっと不味い事になりそうだ。



大寒は、一年中で一番寒い時期。
立春を過ぎた余寒の時期も、寒さが厳しい時期。
もう一発、二発喰らっても何の不思議も無い。



ははは・・・、折角、嬉しい予報を聞いたのに・・・。



今現在、雨が降っている。
今日は、あまり深く考えない事にしましょう。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.11


昨晩の降雪も30cm程。

どうやら今度こそ一連の大雪が終わったようだ。



自宅裏の竹林。雪のお化け

この三日で新たに1m50cmぐらい積もり、自宅周辺でも優に2mを超えている。



今日も終日、除雪&雪下ろし。
だが怖くなるほど屋根に積もっている肝心の雪下ろしが、ほとんど進まなかった。



何故なら、前回、前々回と違って、雪を下す場所が無い為。
まず雪を下す場所(雪捨て場)を作ってからでなければ、屋根雪に取り掛かる事が出来ないのだ。
なんとか下準備が出来たけれど、何時屋根の雪を下ろしましょうか・・・。


どうやら今週の日曜には、また降雪の予報。
この度の大雪対応で通常業務を休んだので、これ以上仕事を休みにするのは、はばかられる。
なので休日でないと難しいが、自宅と会社で最低でも二日が必要。
どうしたものか・・・。



しかも工場の雪下ろしも検討しなければならなくなって来た。
こちらは自力では不可能なので、業者に委託するしかない。
費用が高額になるのは必定。



頭が痛いぞ、これは。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.10


昨晩の降雪は30cm。

しかも、夜間に降ったのは10cm程で、夜が明けてから20cm降ったようだ。

夜間の降雪が少ないのは非常に有り難い。



しかも今日日中、朝、強く降ってからは、小雪がチラつく程度。

やっと今回の大雪の出口が見えて来たかも。



大量の雪が乗った自宅の屋根

自宅の屋根の雪。
もうすでに2回雪下ろししたので、ほぼゼロからのスタートだったにもかかわらず、150cm以上ありそうだ。
見ていると怖くなる。
しかし、おそらく屋根に掛かる雪の重さは、前回や前々回とあまり変わらないかもしれない。



何故そんな事が分かるのかと言うと、
お座敷の引き戸が、まだ普段通りに開け閉め出来るから。
お家の加重限界を知る目安に、引き戸の開け閉めで判断するのは、雪国の古いお家有る有る。
まだ少しの間、余裕があると思う。
が、引き戸に影響が有る程に雪を溜めるのは、流石にギリギリだけれども・・・。



更にもう一つ問題なのが、この屋根雪を下す場所が、既に無い事。
裏側は、空き地なので大丈夫だが、玄関側は道路に面しているので、落とした雪がほとんど道路に落ちてしまう。

道路を埋めてしまう訳にもいかないし。
この大量の雪、どうしましょう・・・。



救いは、来週、かなり暖かくなる予報な事と、少なくとも一週間は寒波が来ない事。
その間に何とかしなくては・・・。



魚沼に夜間の降雪が少なかった分、どうやら普段雪があまり降らない平野部や海岸部に大量に雪が降ったらしい。
いわゆる里雪だが、海岸にこれ程大量に雪が降るのを、今まであまり見た事がない。
どうしてそうなるのか分からないが、それがこの3夜の今回の寒波の特徴のようだ。

いや、山地にも充分大量に雪が降ったのだから、里雪と言う訳でもないか。



などと書いていたら、夕方から強烈に降って来た。
あらら、終わったんじゃなかったのか・・・。
ライブカメラで確認したところ、海岸部は降っていない。
山雪に変わったか・・・。
雨雲レーダーを見ると、いつも魚沼に大雪をもたらす線状降水帯らしきものも出来ているようだ。
冬型の緩む時に大量降雪がある事が良く有るのが魚沼。
前3夜のような訳にはいかなさそう。



どうも嫌な予感がする。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021.01.09


昨晩の降雪は30cm。
前の日より10cm少ないが、既に雪の捨て場所が限られてきているので、会社の敷地の除雪に、朝から午前中いっぱいかかった。



白一色の視界不良

細かい雪が密に降っていると、回りが全く見えなくなるので、非常に危険。
回りが白一色なので、除雪した場所と吹き溜まりの判別が難しいのだ。
過去、何度か無理をして大変な目にあっているので、この状態になると胃の辺りがキューと縮む感じがする。



昨日は、午後から小康状態になったので、午後の除雪は楽っだった。
が、今日はそうは問屋が卸さないみたいだ。



危険なので夜間の除雪は控えている。
昨日、一昨日と夜間の降雪が限定的だったので助かったが、今晩がそうなるとは限らない。
と言うか、そうそう都合が良くはならないだろう。
明日の朝の状態が、かなり気掛かり。



さて、そろそろ午後の除雪に向かいましょうか。
緊張する。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋




2021.01.08


昨晩の降雪は40cm。
1m級雪を降らせる寒さだったので、助かった感があった。



しかし、日中も降り続き、さらに40cm程追加。
なんだかんだで一日で80cm降った勘定だ。



前回までは湿った重い雪だったが、今回の雪は乾いた軽い雪。
降ったばかりは80cmでも、暖気すると嵩は半分になるだろう。
当たるかどうか分からないが、一週間後、暖かくなる予報らしい。
期待。



今日は通常業務を休みにして、除雪に専念。
午後から、降雪が弱まり、小康状態になっている。
有り難い。
なので、午後の除雪は楽だった。
雨雲レーダーを見ると、海岸部では強く降っているらしい。
どうやら前回、海岸部に大雪をもたらした時と同じようだ。



夜間、降り止む予想をネットで見た。
こちらも当たって欲しい。
まあ、それにしても、このまま終わる訳が無いけれど。



崩落した雪庇

作で分断された雪庇

自宅向かいの石垣の雪庇が崩落した。
小学生の登校路なので、非常に危険。
原因は、見てわかる様に、敷地ギリギリに設置されている杭と、それに張られたワイヤー。
柵に因って雪が丁度雪庇の部分で分断されている。
雪庇は、意外と一度に崩落する事は少なく、暖かくなると少しづつ端から落ちる事が多い。
それなのに、考え無しに敷地ギリギリに柵なんぞ設置するから、一度に崩落する無用の危険を作り出している。



向かいの空き地は、国有地。
何十年も放置されていた土地なのだが、数年前、突然柵が設置された。
あの柵に何の意味があるのか不思議。
あの柵が設置されるまで、雪庇の崩落なんぞ起こらなかった。
危険だけを増やしている柵。
いったい何を考えているのやら。



お取り寄せ、通販、魚沼の美味しい物ご紹介 うおぬま屋





2021年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別 アーカイブ

 

ウェブページ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 4.25

最近のコメント

アイテム

  • 奇跡的に少量の降雪だった朝
  • 人参の入っていない牡蠣のチャウダー
  • 自宅裏の竹林。雪のお化け
  • 大量の雪が乗った自宅の屋根
  • 白一色の視界不良
  • 作で分断された雪庇
  • 崩落した雪庇
  • 暴風中の夕陽
  • 穏やかな午前の晴れ
  • クリアな初太陽

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。