ツバメとシジュウカラ

2009.05.30

先日ポヨポヨの禿げ頭だったツバメの雛達。
幾日も経っていないのに、オールバック風の黒頭になっています。
黒頭
成長が早い事は、分っている心算。
しかし、何度見ても、鮮やかに変化します。
まだ幼さが残るものの、立派な若ツバメ。
来週には巣立ちかな。


裏庭では、今朝もシジュウカラのご家族が、お食事。
若鳥
若鳥です。
多分、先日と同じ家族。
給餌
やっと給餌している所が撮れました。
雛達は、自分でも餌を取れるようになっていますが、まだまだ甘っタレのようです。
親から時々餌を貰っています。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

国道352号線(樹海ライン)通行止め解除

2009.05.29

朝の内こそ小雨がパラつきましたが、日中は晴れました。
風が吹き、フェーン現象で気温が上昇。
最高気温は27℃でした。
乾いた暑さです。


越後三山
越後三山。
フェーンで乾燥し、空気中の水蒸気がなくなったので、いつもよりくっきり、近くに見えます。


今日、尾瀬への新潟県側からの入り口、国道352号線、通称樹海ラインの冬季通行止めが解除されました。
駒ケ岳と荒沢岳
越後駒ケ岳と荒沢岳。
画像左奥に見えるのが荒沢岳。
その奥に尾瀬が在ります。
樹海ラインは、この両岳の裾に広がる奥只見ダム銀山湖の縁を回り、尾瀬登山口を経て、福島県に抜ける、風光明媚な林道です。
途中、人家は在りません。
うおぬま屋一押しのドライブコース。
大好きな場所です。
しかし、ここ数年、忙しさにかまけて、訪れる事が叶わず、かなり欲求不満気味。
尾瀬までは、一寸難しいでしょうが、樹海ライン位訪れないと、ゼンマイ切れが起こりそうです。
今年こそ、なんとか行かねばなりません。

ちなみに、画像↓の所まで車で登れます。
運が良いと、雲海がみられるとか。
樹海ラインの入り口、枝折峠。
入り口からして魅力的。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

ツツジの蜜

2009.05.28

オレンジ色のツツジ。
近所のお稲荷さんで見付けました。
お稲荷さん
ヤマツツジでしょうか?
子供の頃、蜜を吸って遊んだツツジは、このオレンジ色のツツジでした。
しかし、そのツツジは、今は跡形も無くなっていて、ガッカリしていました。


凄い花の量
凄い花の量です。
これなら、蜜を吸い放題。


蜜の吸い方
吸ってみました。
花を採り、ガクを除き、付け根を吸います。
仄かな甘味、すっと広がって、消えていきます。
おそらく、一滴にも満たない蜜なのでしょうが、それでも思った以上の甘さがあります。
一輪で、これだけの甘さなのですから、全体の糖の量たるや、凄い量になるでしょう。


子供の頃は、次から次へと、日がな一日、飽きるまで吸っていたものです。
が、この度は、数輪で満足。
少し大人になったようです。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

ペットショップで新居探し

2009.05.27

脱走事件を受けて、鰻の新居探し(水槽探し)に、ペットショップに行って来ました。


生き物好きの店長、ペットショップはワンダーランドです。

陸ガメ

トカゲ
このペットショップは、大手量販店の経営で、犬や猫はもとより、小動物や昆虫、魚や鳥等、取り扱う種類が豊富で、まるで小さな動物園のようです。
久しぶりに訪れました。
ワクワク。


フェレット
フェレット。
日本流で言うと、イタチ。
ネズミにとっては、悪魔のような存在でも、人にとっては、可愛いだけ。
気持ち良さそうに寝ています。
子ウサギ
ウサギの子供。
一昨年、身まかった「コハク」を思い出して、ちと辛い。
マンファリ
別名マンファリ。
人喰いという意味だそうです。
大きくなると2メートルを超える大魚。
本当は、人を食べたりしませんが、ワニに似た姿から、そう呼ばれているようです。
アリゲーター・ガーが正式名だったと思います。
「カッコイイな~。」


水槽探しに行ったの筈なのに、一体何しに行ったのか。
ああ、楽しかった。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

脱走

2009.05.26

先日、ちょこっとご紹介した、我家の鰻君。
一昨日、水槽から脱走いたしました。


妻が、お昼過ぎに見に行くと、床の上で干からびていたそうです。

ご臨終?

いえ、いえ、半日近く外に居たにもかかわらず、水槽に戻すと、程なく復活。
さすがに少し苦しそうだったそうですが、なんとか無事でした。


そうなんです、鰻は、水から出ても、粘膜を鎧のように厚くして、かなりの時間生きていられるんです。
もちろん鰓では呼吸できないので、皮膚呼吸のみ。
強いものです。
その能力を彼(彼女?)自信、良く知っていて、鰻は脱走の名人。
ガラス蓋をして、2キロの重しを置いていたにもかかわらず、5ミリほどの隙間を見つけ、無理矢理こじ開け、まんまと脱走。
パワーも相当なものです。
まあ、その強靭さが、地震の時、生き延びた要因なのですが・・・。


鰻君
さすがに心配だったので、淡水魚飼育の魔法の薬「荒塩」を投入。
それが効いたのか、今日にはもう元通り、餌をパクついています。
やれやれ。
しかし、60cmの体長に、60cmの水槽では、さすがに窮屈です
脱走もその辺りが原因でしょう。
早く新居を準備してあげなくてはなりません。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193