脱走

2009.05.26

先日、ちょこっとご紹介した、我家の鰻君。
一昨日、水槽から脱走いたしました。


妻が、お昼過ぎに見に行くと、床の上で干からびていたそうです。

ご臨終?

いえ、いえ、半日近く外に居たにもかかわらず、水槽に戻すと、程なく復活。
さすがに少し苦しそうだったそうですが、なんとか無事でした。


そうなんです、鰻は、水から出ても、粘膜を鎧のように厚くして、かなりの時間生きていられるんです。
もちろん鰓では呼吸できないので、皮膚呼吸のみ。
強いものです。
その能力を彼(彼女?)自信、良く知っていて、鰻は脱走の名人。
ガラス蓋をして、2キロの重しを置いていたにもかかわらず、5ミリほどの隙間を見つけ、無理矢理こじ開け、まんまと脱走。
パワーも相当なものです。
まあ、その強靭さが、地震の時、生き延びた要因なのですが・・・。


鰻君
さすがに心配だったので、淡水魚飼育の魔法の薬「荒塩」を投入。
それが効いたのか、今日にはもう元通り、餌をパクついています。
やれやれ。
しかし、60cmの体長に、60cmの水槽では、さすがに窮屈です
脱走もその辺りが原因でしょう。
早く新居を準備してあげなくてはなりません。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

Calendar
<< July 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap