チョウゲンボウとノスリ

2008.10.09

晴れ。
昨日よりさらに気温が上って、27℃もありました。
暖かを通り越して、暑い。

寒いのは嫌ですが、あまり気温が高いのも、温暖化の影響が心配で、気味が悪いです。


信濃川沿いの土手を車で走行中、大豆畑の電線にチョウゲンボウが止まって居るのを見つけました。
土手の高さが有る分、チョウゲンボウとの距離が近く、絶好の撮影チャンスです。
おまけに車に乗っているので、人間の体が露出しているより、警戒心を緩めてくれます。
猛禽好きのうおぬま屋店長は、猛禽の撮影に幾度となくトライしてきました。
ところが彼らは、恐ろしい程に目が良く、近づく事さえ難しく、ましてやカメラを構えるような、怪しげな行動をすると、とっとと逃げていってしまうのが常でした。
これは、正に千載一遇のチャンスです。


チョウゲンボウ
チョウゲンボウはハヤブサの仲間。
丸い頭に大きな目。
頬の黒い線が凛々しい。
ハヤブサの仲間は、猛禽類の中でも比較的可愛らしい顔をしています。
大きさは鳩程。
ここの所数を増やし、割と良く見かける里の鷹です。

順光。
朝の横からの光。
これ以上の望めない絶好の条件にもかかわらず、ちゃんと撮れたのは数枚しかありませんでした。
腕とカメラの性能に問題ありなんです。


さらに土手道を進むと、今度は道路脇のポールにノスリが止まっています。
どうした事でしょう、こちらも近づかせてくれます。
ノスリ
ノスリも里の鷹。
こちらも良く見かけるとは言え、撮影のチャンスは滅多にあるものではありません。
大きさはトンビより一回り小さい位。
それでも、翼を広げれば1mを超えるでしょう。
鋭い眼光。
いつもの様に、撮影しているのに気が付くと、さっさと逃げてしまい、撮れたのは数枚でしたが、超ラッキー!
今日は良い日です。


用事を済ませ、帰り道。
また大豆畑を通ると、先ほどのチョウゲンボウがまだ居ます。
ネズミを食べるチョウゲンボウ
しかも今度は、捉えたネズミを食べているところでした。
今日は、何という日でしょう。
盆と正月が一度に来たようです。
今日は、本当に良い日でした。


お取り寄せ、通販、魚沼の美味しいものご紹介 うおぬま屋

Calendar
<< December 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap