また、コゲラのドラミング

2008.09.18

台風13号は相変わらず足が遅く、現在、屋久島付近に在り、どうやら、太平洋沿岸を舐めるように北上する模様です。
魚沼は曇り空。
雨は降っていません。
湿度の高めな、生暖か暑い風が、フゥワ、フゥワ吹いています。
フェーン現象の風は、いつもの事ながら、気分の良いものではありません。


ここ数日、また始まったコゲラのドラミングキジバトの囀りで目が覚めます。
もう、他の小鳥達は、子育てを終え、南への帰路に就きつつありますが、キジバトとコゲラは、まだ子育ての真っ最中。
啄木鳥の仲間のドラミングや小鳥達の囀りは、子育て中の縄張り宣言なのですから。
秋なのにコゲラのドラミング
キジバトは、秘密兵器を使って、遅くまでヒナを育てられる事は知っていましたが、啄木鳥の仲間も、遅い時期まで子育てが出来るようです。
小鳥は、雛の餌に昆虫が欠かせない為、昆虫の発生時期に合わせてしか子育てが出来ません。
しかし、啄木鳥の仲間は、木の中に潜り込んでいる虫を常食としているので、年中、餌の昆虫の調達が可能です。
その為、遅い時期まで子育てが出来るのでしょう。

すっかり静かになってしまた秋の朝。
元気の良いこの目覚ましは、一日の始めの良いカンフル剤になります。

Calendar
<< June 2019 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
search this site.
tags
archives
recent comment
recent trackback
link
sitemap